「渇き」で有名の小松奈々の性格はかわいいのか?


どうも、芸能情報ゆうタロウです♪

今人気上昇中、パッツン前髪さらさらロングヘアの若手女優小松奈々さん。

変幻自在に変わる演技力で様々な役柄に起用されていますね。

 

名前は知らなかった方も、話題の映画に続々出演し、携帯片手に踊るCMや、コミカルなチャイナ服での車のCMでも可愛いと話題になっています。

大和撫子のような顔立ちの中にも、個性的かつ神秘的な雰囲気も漂い気になる存在です。

真顔だとパッと見は近寄りがたい「クール美少女」と言った感じですが、実際の彼女はどんな性格なんでしょうか?

スポンサードリンク

 

 

変幻自在!小松奈々の性格は?

 

東京都出身の小松さんは、NTTドコモのCMで脚光を浴びた元々モデル出身。

スタイル抜群なのも納得ですね。

映画デビューは、「渇き」でオーディションで勝ち取ったのだとか。

 

中島哲也監督も「大物になる」と演技力に太鼓判を押しています。

いきなりバイオレンスな問題作「渇き」で映画デビューなんて根性座ってます。

「愛する娘は、バケモノでした。」のキャッチフレーズ通り内容がハード。

 

出演者の大半とのキスシーンや過激なベットシーン、狂気的で魔性な役柄もハマッていました。

「デビュー作で6人とキスするんだとビックリした。でも撮影が始まると意外と緊張しなくてサラッとできちゃう自分にも驚いた。撮られていると楽しくて、違う自分になる。恥とかがなくなる。」と大物感漂うコメント。

ですが、監督から「最初のワンシーンから「へたくそ」と言われたんです」と本人が語っているように監督は相当な手強い相手。

 

負けず嫌いな性格で「何カットも撮り直したシーンがあって悔しくて家で泣いていた」と言って照れながら語っていました。

演技力に定評がある小松さんですが、もともと演技には自信がなかったんだそう。

「しゃべるのが苦手。以前受けた映画のオーディションで、渡された台本のセリフを10分で覚えて芝居するのが未知の世界すぎて、緊張で頭が真っ白になった。それ以来トラウマで芝居を避けてモデルをしていました」と過去のトラウマを明かしています。


スポンサードリンク



数々の出演作を経験した今では、「でもモデルから女優になってよかった。表情づくりや「変顔」も抵抗なくできるから」とやりがいを感じているようです。

元々はモデルの小松さんですが、映画のオーディションを受けるきっかけとなったのが、根本的な負けず嫌いの性格からのようで…

「モデルの仕事をしていると、学校を休んだり、途中で授業を抜けたりする日もあって。学校の男の子たちから「ほんとにモデルやってるのかよ?」っていう感じに言われていたんですね。男の子は女性誌を見ないから伝わらないのは分かるんですけど、なんか悔しくて(笑)。だから、映画に出たら気づいてもらえるし、きっと「すごい!」って思ってもらえるだろうなと。」

 

「演技って楽しそう」て気持ちももちろん芽生え始めていたからだそうですが、活躍を周囲に分からせてやる!と言った負けん気の強さが伝わってきます。

実際の素顔は、クールビューティーではなく「おしゃべりが大好きで明るい性格」だそうで長所は「友達を信じれること」と友人を大事に考える人。

ですが、「友達から「何を考えているか分からない」と言われます。結構いろいろ考えているんだけど、そう見えないとこがあるみたい」とコメント。

 

そして、かなりの負けず嫌いな性格。

芸能界において負けず嫌いは武器になりますし、そうでなければ生き残っていけません。

そのことからも、これから益々活躍する女優になっていかれるのではないかと思います。

 

ハリウッド映画も公開予定の小松さんなので「大物になる」予言は実現していくのかもしれません。

これからの作品、活躍に期待です★

 

他の人気ページはこちらです!

→可愛いで話題の清水富美加の彼氏や大学について

→結婚した大沢ケイミと藤井リナの関係や性格について!


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る