しぐさや恋愛に表れる女性の心理!

Pocket

しぐさに現れる恋愛心理の秘密

 

女はなぜ化粧なんでするの?

スッピンでも十分キレイなのに化粧をしている女性を見ると、残念に思う男性もいるかもしれない。

化粧をした女性が嫌いだとまでいう男性もいる。

 

しかし、女性が化粧をするのは「キレイになりたい」という理由だけではないのです。

ある女性が魅力的に見える化粧をしたときと、そうでない化粧をしたときで、その人の言葉などの影響力がどう変わるかという実験があります。

女子大生が魅力的な化粧とそうでない化粧をして、男子学生に対して、ある主張を述べる。

スポンサードリンク

 

その結果、魅力的な化粧をしたときのほうが、多くの男子学生の賛同を得ることができたのです。

もちろん、魅力的な化粧をしたときのほうが、男子学生が抱く好感度は高かった。

男というのは化粧によって、ここまでごまかされやすい生き物なのです。

 

ただし、この実験結果が示しているのは、「男は見た目が魅力的な女の言うことを信じやすい」ということだけではない。

化粧をしているという事実によって、女性は自分のルックスに自信をもつことができるようになる。

自分の主張をアピールするときにも自信に満ちた態度でのぞむことができたのです。

 

化粧が女性本人に及ぼす影響については、こんな実験がありました。

女子大生に大学校内でアンケートをとる作業をやってもらう。

このとき、ふだんのままの姿の場合と、メイクの専門家に化粧をほどこしてもらったときの場合の彼女たちの態度を観察するというもの。

 

すると、専門家によるメイクをしたときのほうが、アンケートをとっている間に相手に近づく傾向が見られた。

プロによってきれいな化粧をしているという事実が、自分の容姿・魅力への自信となり、無意識のうちに積極的に相手に近づいていたのだと解釈できる。

化粧は「変身」と言える。

 

化粧をすると、外見だ砂ではなく態度までも別人になれるという人もいる。

女性はお化粧によって常日頃から「変身願望」を満たして楽しんでいるのです。


スポンサードリンク

 

やたらとハデ好きな女性の心理は?

 

「身体境界」という考え方があります。

自分自身と外の世界との境界のことであり、この境界がハッキリしていないと、外の世界が自分の内面に侵入して内面が傷つげられるような恐怖を感じて不安になる。

女性のまとう衣服は第二の皮膚ともいえるのです。

 

身体境界を強化して、自分が傷つくことから守ろうという、心理的なはたらきがあるのです。

化粧も身体境界を強めるものの一つ。

身体境界に不安を感じている女性ほど、化粧が濃くなる傾向があります。

 

お化粧をしないと何となく不安で外に出られないという女性もいるほどです。

一般に、身体境界に不安を感じている女性は、ハデな衣服、装身具、これみよがしなブランド品を身につける傾向があります。

きらびやかな見た目によって、自分の境界を強化しようとするのです。

 

自分の服装が人目を引いていることを確認することで、境界がハッキリしていることを実感できるという心理だと考えられるのです。

 

★女はなぜ口紅なんてする?

 

口紅をしているのとしていないのとでは女性の印象はかなり変わるというのはご存じのとおり。

また、その色もその人なりの個性を表していて、女性は時と場合によって使い分けているようです。

口紅についての心理実験として次のようなものがあります。

 

口紅をつけた女子学生と、つけていない女子学生に男子学生と話をさせる。

そして、男子学生に女子学生の印象をたずねる。

その結果、口紅をつげている女性は全体的に好意を抱かれる傾向があった。

 

印象としては「落ち着いている」「誠実である」などと感じた男子学生が多かったのです。

理由についてははっきりしないが、口紅は一般にオトナになってから使う化粧品です。

したがって、口紅=「オトナ」というイメージがあり、それが「落ち着いている」「誠実である」というイメージに結びついたのではないかと推論でさる。

 

関連記事

→恋愛心理から読み解く男女の行動!

→距離を置く女性心理は駆け引き?

 


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る