にしおかすみこの27時間テレビネプリーグでの失言とは?

Pocket

どうもこんちわ。芸能情報ゆうタロウです♪

現在ではあまり見なくなったにしおかすみこ。

2008年に放送された27時間テレビ。

 

そこでにしおかすみこがとても話題になった。

一体にしおかすみこが何をしたというのでしょうか。

今回は今年の27時間を兼ねて、2008年に起こった27時間テレビのことをご紹介しま2008す。

 

その27時間テレビでにしおかすみこが号泣したのです。

なぜ生放送で号泣したのでしょうか。

これらの理由をご紹介します。

スポンサードリンク

27時間テレビでのハプニング!

 

2008年の27時間テレビ起こったハプニング。

それは、生放送中なのににしおかすみこが号泣したということです。

ではなぜ、にしおかすみこが号泣したのでしょうか。

 

それは、にしおかすおみこが自分のネタをするときでした。

生放送ということもあって、かなりの緊張からネタを途中で中断し号泣したのである。

ネタを披露し、自分の悩みを相談するという番組であった。

 

先輩芸人たちはお客さんの笑いをかなり取っていった。

そして、若手の芸人がその後にネタをすることになったのである。

しかし、そのプレッシャーからにしおかすみこは全くと言って笑いをとることができなかった。

 

若手芸人がやりずらい中でもコーナーは進んでいった。

それまでに若手芸人たちも笑いをとることができなかった。

元々にしおかすみこが登場してきた時から、ネタをするのに不安そうな表情をしていた。

 

自分のネタをする前ににしおかすみこはこんな発言をしていた。

「ネタで笑いをとる自信がない」

しかし、そのコメントに対してはほとんどノーコメント。

 

そのままにしおかすみこがネタをする。

しかし、ネタが進んでも全く反応がなかった。

そのことが辛くなり、急に泣き出したのである。


スポンサードリンク

 

泣いてしまったにしおかすみこの頭の中は真っ白になり。

ネタを続けることあができなくなった。

その後にしおかすみこは「ネプリーグ」に出演。

 

しかし、ベテランたちとうまく絡めなかったにしおかすみこ。

問題が解けないことをアナウンサーのせいにしたり。

完全に空回りしていた。

 

関連記事

→2014年の27時間テレビがジャニーズだらけの理由とは?

→ジャニーズ2014年の年収グループと人気ランキング投票結果まとめ

 

こうした出来事がネット上でも噂になり批判の声が飛び交ったのだ。

そのネット上での声はこうだ。

 

・泣けば許されると思っているのか!

泣く前にしっかりネタやれよ。

 

・にしおかすみこは生放送出したらダメだね。

これからの出演はないかもね。

 

・先輩になんて口してんだよ。

最低だな。

 

・そもそもにしおかすみこの芸って何?

あー、あー叫ぶだけ?

 

・小綺麗なドレスとか着てるし。

普通、笑いとるなら女王様の格好してくるだろ。

 

このように批判の声は多数だった。

逆にモバゲーでにしおかすみこをフォローする人もいた。

 

・生放送じゃ緊張するのは仕方ないよ。

頑張って!

 

・ドレス可愛かったよ!

女王様の格好じゃなくても可愛い!

 

・批判の声なんて気にしないで!

すみちゃんファイト!

 

このように応援する人もたくさんいました。

今回も27時間テレビでこのようなハプニングがあるかもしれません。

それは生放送だからです。

 

にしおかすみこみたいなハプニングを起こせば、その人もこのように批判を受けるかもしれませんね。

ジャニーズが見所でもありますが、生放送ならハプニングを期待している人もたくさんいることでしょう。

それが生放送でのメリットでもありデメリットでもありますから。

 

芸人としては、ハプニングをできるだけ起こさないようにはしているのですが。

今回の27時間テレビに注目ですね!


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る