ももクロメンバーが激やせや激太りをする理由はあかり脱退と関係が?

Pocket

どうもこんちわ。芸能情報ゆうタロウです♪

今やAKBをも抜くほどの勢いがあるアイドルのももクロ。

そんなももクロといえば、常に何かで話題を集めています。

 

新曲のPVがおもしろいや、ライブでの盛り上がりなどなど。

そんな話題集めが上手なグループのももクロですが、個人での話題といえば、やはりあの話題でしょう。

ももクロメンバーの激痩せや激太り。

 

そこで今回は、ももクロメンバーの激やせと激太りに関して。

しっかりと情報をお届けしていきましょう。

また、タイトルの青のあかりについて。

 

こちらについては、楽しみにしておいて下さい。

スポンサードリンク

ももクロメンバーの激痩せと激太りについて

 

若い世代やアイドル好きの人だけでなく、サラリーマンなどにも実は人気のあるももクロ。

その理由の裏側には、やはりカラオケでも盛り上がりが関係するでしょう。

ココナツや行くぜ!怪盗少女など、踊りやすくて笑いをとれる曲が人気です。

 

現在5人で活動をしているももクロですが、メンバーの体型の変化。

これが近年では変動が激しく、中でも2人のメンバーが話題を集めています。

1人は緑の有安杏果、2人目はピンクの佐々木彩夏。

 

珍しく、2人も激痩せと激太りをしてしまったももクロ。

この激痩せと激太りの背景の裏には、なにか原因があるのではないか?

そこで、激痩せと激太りの原因を探してみることにしました。


スポンサードリンク


 

緑の有安杏果について

 

有安杏果といえば、ももクロでもぽっちゃり好きな男性が、ファンになる人が多い傾向があります。

そんあ個性でもある体型ですが、最近激痩せをしてしまいました。

そんな有安杏果が痩せてしまった理由は、どこにあるのでしょうか?

 

たくさんのテレビの情報やネットの情報+ファンからの情報をまとめてみました。

すると、以下の様な事が分かったのです。

 

有安杏果が激痩せをした原因は、自身の美意識から。

スタイルが細身の女性が多いアイドル。

そんな中、有安杏果の体型がアイドルらしくない!!

 

そんな書き込みをする方などが、少しではありますが、存在しました。

やはり女性に生まれた以上は綺麗でありたい。

そんな思いから、ダイエットを開始したみたいです。

 

今ではすっかりと細身の体型になりましたが、ファンからはこんな声も。

以前の体型の方が良かった。

やはり個性的である体型を、細くしてしまったので、がっかりされたファンも多くいたみたいです。

 

関連記事

→ももクロ緑有安杏果の仲間はずれ説に激太りと劇痩せは関係する?

 

 

ピンクの佐々木彩夏について

 

あーりんという可愛いアダ名と、セクシーな声が人気の佐々木彩夏。

そんな佐々木彩夏は、以前に激太りをしてしまいました。

こちらについても、原因を詳しく調べてみることに。

 

すると、以下の様なことが判明したのです。

 

佐々木彩夏が激太りをしたのは、アイドル業界という大きな壁から。

そして、今後の活躍を心配するストレスなどから。

 

アイドルだけでなく、女優などでも、ストレスから激太りをする人は珍しくはありません。

ストレスと、人気であり続けるプレッシャーから。

そうファンの方も考えているみたいです。

 

人気が出たということは、必ずどこかで誰かの人気が無くなっています。

そんないつ消えるてもおかしくない、芸能界にプレッシャーを感じるのでしょう。

 

関連記事

→ももクロ佐々木彩夏(あーりん)の太った、激太り、劣化の言葉にファン激怒

 

 

激痩せと激太りは青あかり脱退に関係ないの?

 

激痩せや激太りを繰り返すということは…

もしかすると、ももクロ事態に何か原因があるのでは!?

そう考える人が近年増えている傾向にあるのだとか。

 

そこで、元ももクロメンバーの青あかりの脱退と関係があるのか?

これを調べていけば、関係性が分かりそうです。

そこで、調べてみました。

 

青あかりの脱退理由といえば、もう皆さんご存知でしょう。

今では女優として、すっかり馴染んでしまいました。

そんな青だったあかりが、ももクロについて何か黒い発言をしていないか?

 

調べてみることに。

すると、ももクロについては、いい発言ばかり。

むしろ、ももクロ愛を今でも感じれるほどでした。

 

ここから見ても、メンバー同士の不仲などは、考えにくいです。

よって、あかりの脱退と激痩せや激太りの関連性は、薄いと考えられるでしょう。


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る