イケメンのロバートパティンソン彼女と結婚?

Pocket

どうも、芸能情報ゆうタロウです!!

イケメンと言われているロバート・パティンソン。

もちろん、モテモテで4人の女性が奪い合い!!

その勝者と結婚するみたいですよ!

スポンサードリンク

 

ロバート・パティンソンを取り合った4人たち!!

 

※ロブステン=ロバートとクリステンをかけたもの。

※元サヤ=復縁

という意味です。

 

4人の女性とは。

まず一人目が、クリステン・スチュワート

クリステン

 

2人目は、ケイティ・ペリー

ケイティ

 

3人目は、リアーナ

リアーナ1

 

4人目は、エフケーエー・ツイッグス

FKA

 

「トワイライト」以来、いまいちヒット作に恵まれないロバート・パティンソン。

ですが、プライベートでは本人の知らないところで女同士の戦いが繰り広げられていました。

ロブステンが健在だったころから、ロブともクリステンとも親しい関係にあったケイティ

 

ところが、あの忌まわしい屋外不倫キスが報じられると、ケイティの態度は一変。

クリステンとの交流を断ち、深く傷ついたロブを励ますために何度もディナーをともにした。

ときには黙って横に座ってあげるなど、ケイティはロブに思いやりの限り尽くしたそうです。

 

その一部始終が報じられると、ロブとヨリを戻したいクリステンは、ケイティに嫉妬。

さらに、クリステンに元サヤを懇願されているロブに対してケイティが「やり直すのもいいけど、長くは続かないわよ」とアドバイスしたことも明らかになり、クリステンケイティを敵対視するようになった。

結局、ケイティの言った通り、ロブステンは元サヤ後、短期間で破局。

 

その後もケイティクリステンの確執は続いている模様。

未だ2人のツーショットは目撃されていないそうです。

ロブステンカップルの崩壊後、ようやくロブに本命が現れた!!

 

そのお相手こそが、ロブと同郷のイギリスシンガー、FKAツイッグスです。

ロブは彼女に惚れこんでいるばかりか、かなり影響を受けていて、個性的な彼女に合わせて変な刈り上げヘアにチェンジするなど、俳優の仕事に支障が出そうなことまでやらかしたとか。

そんな中、ツイッグスと一緒にいたロブは、仲良しのリアーナと遭遇。

 

セクシーなリアーナがロブに近づいてハグしたところ、それを至近距離で見ていたツイッグスがありえないほど恐ろしい顔でリアーナを睨みつけていたそうです。

それに気づいたのか、リアーナはそそくさとその場を去ったとか。

ちなみに、ロブはそのとき、かなり酔っ払っていたそうで、女同士のバトルには気づいてなかったそうです(笑)

 

そんなツイッグスには、もう一人宿敵がいるそうです。

それは、ロブの元カノ、クリステン!!

まだ、ロブを引きずっているのか、クリステンは「あのブスな女とロブが一緒にい続けられるとは思えない」なんて周囲に話しているみたい…。


スポンサードリンク

 

結局ロバートの本命とはどうなった!?

 

2人の交際は、2014年の夏からスタート。

そして、現在交際しているツイッグスと婚約したことが明らかになりました。

きっかけは、FKAツイッグスの音楽仲間でラッパーのT-ペインが、4月1日のインタビューで口を滑らせてしまったこと。

 

次のアルバムにFKAツイッグスが参加するかを聞かれた彼が「彼女は婚約したから、難しいんじゃないかな」と笑いを交えてコメントしたところ、インタビュアーがすかさず。

 

「待って!

彼女婚約したの?

知らなかったよ!」と反応。

 

その食いつきぶりを見た彼は「彼女がみんなに知ってもらいたいかどうかはわからないけど」とその場をやり過ごし、後からツイッターで。

「エイプリルフールのジョークだよ」とフォローしたけれど、すぐに「関係者がふたりの婚約を認めた」と報道。

婚約は本当だと報じた。

 

このスピード婚約のニュースに、ツイッター上では熱狂的なロブファンたちの「信じられない」、「泣ける」といった嘆きのツイートで溢れた。

しかも、二人は今年の夏の終わりには、結婚したがっているそうだけど、ロブの家族が教会で挙式を希望しているのに対し、FKAツイッグスはカジュアルなパブ・ウエディングを望んでいるそうです。

このすれ違いに少しモメそうな感じですが…。

 

そのセンスの違いを乗り越えて、無事に二人は結婚式を挙げることができるのか。

今後の2人に注目です!!

 

他の人気ページはコチラです!

→コーディーシンプソンに彼女が発覚で結婚間近!?


スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る