カップルあるある!|彼氏が「仕事が忙しくて」と言い出したら!?

Pocket

どうも、芸能情報ゆうタロウです!

今回は恋愛しているカップルたちにご紹介します!

カップルにはよくあるかと思いますが、彼氏が「仕事が忙しくてちょっと会えないかも…」。

 

こんな言葉を耳にしたことはありませんか?

普通の女性なら「あ、そうなんだ」となりますよね?

では、この言葉を彼が言い出したす理由ってなにか気になりませんか?

 

この言葉をいう彼の心理を探っていきましょう!

スポンサードリンク

 

「仕事が忙しくて…」は忙しいフリ!?

 

付き合い始めたころはそうでもなさそうだったのに、しばらくたつと彼の仕事が忙しくなる法則。

これ、かなりのカップルで起こりがちな法則だと私は思っています。

1回ならまだしも、2度、3度と、繰り返し聞くこの言葉。

 

女性からしたら「はぁ?」ってなりますよね?

そんな忙しいわけないだろ!って言いたくもなります。

「最近仕事が忙しくて」とか、「仕事なんだからしょうがないだろ」とか、「新しいプロジェクト始まってから休日出勤の連続だよ!」とか。

 

もう、二言目には「仕事、仕事、仕事」。

「これから会えない?」という急な彼女の呼び出しを拒否するときも、次のデートのドタキャンだとか、休日デートのお断りだとかのときも。

なんで彼女ができると仕事が忙しくなるのか。

 

明らかにおかしい。

でも、プラスに考えると、彼女との将来のためにがんばって稼ごうと仕事に気合を入れるようになるから。

って思います。

 

正確に言うと、付き合い始めと比べて「仕事」という言葉を聞く回数が多いのは、少し一緒にいることに飽きている。

なので、彼の仕事がホントに忙しくなったかどうかは定かではなく、「忙しいフリ」をするようになる、ということなのです。

 

★飲みにいくのにイチイチ彼女に相談するのが面倒くさい!

 

え、あたしのこと嫌いになったの?

と不安になるのはちょっと待ってもらいたいです。

そこまで大層なことではありません。

 

では、時系列に沿って説明していきましょう。

交際初期というのは、男だってがんばるのが当たり前。

ときには仕事を犠牲にしてまで彼女に会おうとしていたはずです。

 

残業しなくちゃなんないところをとりやめてデートを優先し、そのかわり朝早く出社して仕事を片づけるとかね。

彼女には内緒で時間を捻出してたりする。

交際もちょっと落ち着いてくると、さすがにそこまでのムチャはしなくなるのです。

 

というよりできなくなると言ったほうがいいかもしれません。

しょっちゅうそんなことをやっていたら、ホントに仕事に支障をきたすからです。

当然、「悪い今日、残業でムリなんだ」と彼女との約束を断ることも出てくるはずです。

 

彼女であるあなたは「仕事じゃしょうがないか」とここは素直にあきらめますよね?

彼はあなたと知り合う前の時期から、ずっとやっていた生活リズムに戻ろうとしているだけのことなのです。

しかしです。


スポンサードリンク

 

問題はここから。

その生活リズムのなかには、仕事以外にもいろいろあったはずで、男友達と遊ぶ時間だってあるだろうし、趣味に費やす時間だってあることでしょう。

しかし、プライベートタイムには「彼女」という新たな柱ができているわけです。

 

しかも何ごとにも最優先しないといけないものらしい(という常識は男にもあるのです)。

それは男にとって喜ばしいことなのですが、反面、友達と遊びにいくにも同僚と飲みにいくのにも、彼女に連絡を取るという作業がひとつ増えたことに気づくのです。

 

「明日会える?」

「ごめん、学生時代の友達と飲みにいくんだ」

「そっか…。」

 

なんてことはないやりとりです。

ですが、彼女がいないときは、必要なかったやりとりです。

そして、何てことないやりとりがたまたま連続したりすると、男は複雑な心境になることがあるのです。

 

「今日は友達と」、「今週末、学生時代の仲間と」、「明日の金曜日なんだけど送別会でさ」…。

なんていちいち俺はこうやってイチイチ連絡を取らないといけないのだろうか。

彼女を立てなきゃいけないんだろうか。

 

悪いことしてるわけじゃないのに。

彼女が「またなの?」と不満を示すことがあるかもしれないし、言葉でなくとも態度で表すこともあるかもしれない。

いや、不満など一切示さずとも、男は勝手に追い込まれていったりするのです。

 

なんだか非難されているような気分になる。

悪いことしてないのに。

そこで、男性は気づくのです、「仕事だ」と言えばいいんだと。

 

★ささやかな自由を謳歌するためのウソ

 

彼女と会うことも友達と遊ぶことも、どちらも自分のプライベートな時間帯の行動。

プライベート同士を比べて「彼女じゃないほう」を選んでしまうから、彼女に不満を抱かせたり自分も後ろめたかったりする。

だけど仕事は別格です。

 

こういうとき男は実に短絡的に考えるのです。

「男は仕事ができてナンボ」なのです。

仕事が忙しくて会えないのだったら、仕方がないこと。

 

彼女だって納得しやすいし、責められているかのような息苦しさを感じずにすむじゃないか!

何しろ「仕事一筋で家庭のことはほったらかしで」というのがいまだ美談として通用しなくはないのが日本社会です。

仕事はすべてに優先する、という感覚は今どきの日本男児のDNAにもしっかりと息づいています。

 

というわけで、「仕事が忙しくて」を連発しながら、友達と会ったり飲みにいったりするようになるわけなのです。

これを女性側から見ると、こうなります。

 

「あまり仕事が忙しそうに見えない期」(交際初期)→「少し仕事が忙しくなってきた期」(通常の状態)→「やたらと仕事が忙しくなってきた期」(仕事だとウソついて遊びにいっている)というふうに見えているはず。

ほら、彼の仕事がどんどん忙しくなっているかのように見えるでしょ?

すると心配性のあなたは、仕事を理由に浮気したりするんじゃないかと心配になるかもしれません。

 

たしかにこの言葉があまりにも便利(と男は勝手に信じている)なので、ふとした拍子に浮気をしたりすることもないとは言い切れません。

ただ、浮気の場合はそれ以外に兆候がいっぱいあると思うので、仕事を理由に1ヶ月も会ってくれなかったというような場合でない限り、あまり疑いすぎるのはよくありません。

たいていは、ささやかな自由を謳歌するために忙しがって見せてるだけなのです。

 

たまに「ホントに仕事なの?」くらいの探りを入れてギクッとさせる程度にとどめ、まったりと見守ってはいかがですか?

 

関連記事

→彼氏が「結婚願望がない」と言ってくる真意!

→彼氏に尽くされる女性の特徴!

 


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る