カップルの距離感で結婚ができるか決まる!?

Pocket

カップルの距離感で結婚ができるか決まる!?

 

恋愛がうまく進展すれば、ふつう「婚約」の段階に進む。

とはいうものの、「結婚」までたどり着かなかったというカップルも、さほど珍しくはありません。

結婚したカップルには、どのような要因があり、婚約解消の憂き目を見たカップルには、どのような要因があったのかというテーマで研究がおこなわれています。

 

調査の結果、婚約後のカップルの居住地の距離に、大きな影響力があることがわかったのです。

居住地が近ければ近いほど結婚率は高く、遠げれば遠いほど婚約解消のケースが増えているのです。

適齢期の男性が仕事で地方に赴任するとき、交際中の女性と急いで結婚し、夫婦で赴任するという形をとるケースがあります。

スポンサードリンク

 

調査の結果をみれば、この決断は正しいのです。

二、三年後、本社に戻ってから結婚をなどと構えていては、その間に破局が訪れる可能性は非常に高いのです。

厚生省がおこなった配偶者の居住地に関する調査があります。

 

これによると、配偶者のそれぞれの結婚前の居住地は、大都市では25.1パーセントが同一区町村であり、64.3パーセントが同一市郡の居住者同士でした。

近くに住む人同士の結婚率は非常に高いことが、この調査でわかります。

心理学者ボサードは、アメリカでこうした調査結果の裏付けとなるような研究をおこなっています。

 

その結果、婚約したカップルの互いの居住地の物理的距離が離れていればいるほど結婚に到達する確率は低いというデータを得て、次のような法則を提唱しています。

「結婚をする確率は、婚約を結ぶ両者の距離が増大するほど、着実に驚異的に減少する」破談になったケースは、二人の居住地の物理的距離が離れていたことです。

さらに、この居住地の物理的距離に応じて、二人の心理的距離も離れていたのです。

 

実際には、離れて住んでいれば、自然に二人が顔を合わす頻度は少なくなります。

二人とも東京に住んでいるならば、電話一本ですぐに会うこともできます。

毎日のように顔を合わすことは可能です。


スポンサードリンク


 

しかし、東京と北海道というぐあいに離れて住んでいれば、毎日顔を合わすことはできない。

会うにしても、大変な労力と時間を費して移動することになります。

デートのための代償が大きく、お互いに次第に負担になる。

 

愛情が冷めやすい環境です。

近くに住んでいれば、よく顔を合わせ、お互いの気持ちの確認もでき、親密度も増す。

出会いから結婚までが、スムーズに展開する環境です。

 

これは「会えば会うほど好きになる」法則にも通じるものです。

居住地の距離は、二人の心理に大きな負担をかけるものです。

好きな男性ができたら、彼の住んでいる町に引っ越すことは、とても展望の開ける方法です。

 

お互いに負担なく顔を合わせることができ、愛情が深まる環境です。

恋愛の環境づくりは引っ越しから始まるのです。

また、ボサードの法則は、デート中の二人についても通ずるもので、親密な恋人同士ほど、相手に密着する。

 

初めてのデートで、まだ親しみが湧いていないカップルは、相手とは少し離れているものです。

 

関連記事

→将来お似合いのカップルになる方法って?

→馬が合うカップルは結婚にたどり着く!?

 


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る