カラオケで男ウケするのは宇多田ヒカル?男性には色っぽい女性を見せる!

Pocket

宇多田ヒカルやあややなど男ウケする曲はどっちか

 

「カラオケボックスでは、誰が何をしてても眼中にナイから、彼の隣にさえ座れれば、周りの目を気にせずやりたい放題よ。

まあ、彼の曲選びを手伝うって名目で、デンモクを二人で見ながら、イチャイチャするとか。

彼の歌をホメまくっていい気分にさせるとか。

 

これは、女性なら誰でもできるすばらしいテクニックで女性の見せ場じゃない」

ところが、カラオケではさっぱりウケないんです。

歌にはひそかに自信もってるし、デュエットだって完壁なんだけどな。

スポンサードリンク

 

そんな悩みがある女性はたくさんいます。

私の友人でこんな女性がいました。

男性をヨイショしていい気分にさせるテクニックもないのに、カラオケではいつも「OO歌って!」「カワイー」とか言われてチヤホヤされてる。

 

正直、悔しい!

でも、カラオケでウケの悪い原因、自分でもわかってはいるはずです。

ここ、歌の上手な人(自分のように、自分で歌がウマイと思い込んでる人も含めて)はよく聞いてください!

 

男の人って、女の子っぽい歌をうたう子に、無条件に好感を抱くみたい。

たとえば、Every Little ThingとかZARDあややとか、可愛い&従順系の曲が人気ですよね。

歌い方としては、もちろん音痴はまずいけど、ウマすぎもマイナス。

 

宇多田ヒカルとかMISIAをビブラートきかせながら歌い上げても、可愛くないっていうかナルシストと勘違いされてしまうんでしょうね。

これ、男性の歌のチョイスを考えるとしっくりくる。

B’zの稲葉さんの歌マネして、高音部で声をわざとひっくり返す人とか、いくら上手でも引きますよね。

 

引かないにしても、そそられはしない。

それと同じ理屈です。

「カラオケぐらい、好きな曲を好きに歌わせて!」って、私も思うのだけれど、お目当ての男性がいるときぐらいは、ウソでもいいから可愛子ぶった曲を選び(もちろん、男性アーテ
ィストの曲はNG)、過剰に感情を込めて歌わないこと。

 

それだけ注意していれば、ハズすことはありません。

余談になりますが、自称・男ウケしない私の友人も、歌がとってもお上手。

まるで歌手みたい。

 

そんな彼女は悲しい過去をこう振り返ってくれました。

「十八番の『天城越え』を思いきり気持ち込めて歌ったら、ひそかにイイなと思ってる人に、怨念こもってそうで怖いって言われたの。松田聖子でも歌っときゃよかった」って。

天城越えは若者には受けないけど、おじさまたちには受けるみたいですよ(笑)


スポンサードリンク

 

カラオケで色っぽい一面をみせておく!

 

次に「カラオケで、男性をドキドキさせちゃうテクニック」を伝授しちゃいましょう。

以前つきあってた人とカラオケに行った帰り、こんなことを言われたんです。

「〇〇ちゃんが高い声出して歌ってるときの顔、色っぽいよね」って。

 

そのときは意味がわからなかったんだけど、あとあと考えてみたら「ははあ、そういうことだったのか」と謎が解けました。

なんでも、高音を無理に出すときの苦しげな表情って、性行為で「イク」ときの顔に近いらしいのです。

私は地声が低いから、高い音を出すのに苦労するんだけど、その顔がそそるんだそうで…。

 

声の出し方ひとつにそんな効果があるなら、ムリめな高音もバンバン出しちゃいましょう。

私が編み出した「高音ムリ出しお色気作戦」のポイントは、素で苦しんでいる顔は見せないということ。

人の目も意識せずに、本当に苦しんでいるのでは、見苦しいし、相手を引かせてしまいます。

 

ポイントは、意識的に苦しげな表情を「つくる」ことです。

たとえば、高音部にさしかかったら、胸に可愛く手を当て、ちょっと眉をひそめて、不自然にならないように苦しげに歌う。

それも、アピールしたい相手がよく見えるように。

 

「そんなわざとらしいことできるわけないでしょ」と思ったあなた!

「恋愛なんて、ふとした瞬間に、オンナを感じさせたモノ勝ち」。

早い話が、彼にとって色っぽい対象になればいいのです。

 

だったら、こんな私のちょいテクでも試してみる価値はあると思います。

それに、「今、色っぽいと思われてるかもしれないアタシ」になりきることも、自分を恋愛モードに導くスパイスになるんじゃないかな。

 

関連記事

→同調行動で気になる女になり、ラインのIDやアドレスを聞き出す方法!

→デートする店は安定の場所が成功させる秘訣!

 


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る