キュンとなる邦画恋愛映画はこれ!

Pocket

恋愛映画ならキュンとなるものがいい!

そう思う女性はたくさんいらっしゃるかと思います。

でも、邦画にはたくさんの恋愛映画があって、どれがキュンとするものかがわからない。

 

それに、1人でもカップルでも一緒にキュンとなれるものが見たいものでしょう。

そこで今回は邦画映画の中でもキュンとするものをランキング形式でご紹介します。

スポンサードリンク

キュンとする邦画映画ベスト10

 

第10位

・恋空

→女子高生、美嘉(新垣結衣)と同じ高校に通うヒロ(三浦春馬)の恋愛ストーリー。

 

学生にはとても人気のある映画であり、1人で見てもキュンとするし、カップルでも見れるオススメの映画となっています。

大人の人からすれば、懐かしい初恋などを思い出す。

あの初々しい頃を思い出したりして気持ちが和むことでしょう。

 

第9位

・僕の初恋をキミに捧ぐ

→幼い頃から心臓病にかかっていたたくま(岡田将生)。

 

病院の主治医の娘の繭(井上真央)。

この2人を元に恋愛ストーリーが始まる。

たくまは20歳まで生きれるかどうかわからないと言われていた。

 

そのことを知った繭がたくまの病気をなんとか治せないかと悩む日々。

ライバルの出現、病状の悪化、そして家族の反対が繭を襲う。

その結末はいかに!

 

第8位

・僕らがいた

→前編と後編に別れている映画。

 

前編では七美(吉高由里子)と元晴(生田斗真)との高校生活が始まる!

七美が元晴に好意を寄せ、恋愛ストーリーが始まる。

しかし、2人の恋愛も4角関係になる。

 

さらに、元晴が東京に転校することとなり、七美の恋は遠距離恋愛となる。

2人の恋愛ストーリーは後編に続く。

 

第7位

・タイヨウのうた

→薫(YUI)がストリートミュージシャンで太陽の光を浴びたら死んでしまう病気を患っており、夜でしか行動ができない。

 

そして、ストリートミュージシャンである薫と孝治(塚本高史)が出会う。

歌うことを生きがいにしていた薫は孝治との出会いで運命が変わっていく。

 

第6位

・花より男子ファイナル

→つくし(井上真央)と司(松本潤)との恋愛ストーリー。

 

前世代から人気のある恋愛映画となっている。

2人の恋愛にはいざこざはあり、なかなか上手くいかない。

苦難を乗り越え2人はゴールインすることができるのでしょうか!

 

第5位

・ハナミズキ

→格差恋愛から始まった紗枝(新垣結衣)と康平(生田斗真)。

 

2人は遠距離恋愛になり、しばらく頑張る2人だったが別れを決意してしまう。

2人はもう2度会うことはないと思っていたが…。


スポンサードリンク


 

第4位

・君に届け

→学年1の地味女あだ名が貞子と言われる爽子(多部未華子)と学年1モテる翔太(三浦春馬)との恋愛ストーリーである。

 

ライバルが現れ、爽子が翔太を遠ざける。

色んな苦難が2人の恋の邪魔をする。

2人の恋の行方は!?

 

第3位

・カノジョは嘘を愛しすぎている

→秋(佐藤健)は人気バンドの一員だったが、ある理由で脱退する。

 

そして、その人気バンドのファンだった理子(大原櫻子)。

秋がバンドを抜けた後、理子にナンパをかける。

秋は自分の名前を偽名で自己紹介をする。

 

これが2人の出会いであった。

2人は付き合うことになるのだが…。

 

第2位

・砂時計

→杏(神田朱未)と大悟(鳥海浩輔)は学生時代に出会う。

 

2人は田舎暮らしだったが杏は高校3年間は東京に住むことになる。

そこで2人の遠距離恋愛が始まる。

しかし、ある事件をきっかけに別れることになるのだが…。

 

第1位

・ただ君を愛してる

→ある日、誠人(玉木宏)と静流(宮崎あおい)が出会う。

 

2人は毎日のように森へ写真撮影しに出かける。

しかし、誠人は静流のことを異性としてはみておらず、違う女性に恋をしていた。

すれ違いがおき、2人の結末はどうなるのか!

 

ランク外

・サヨナライツカ

・好きだ

・パラダイスキス

 

・キミにしか聞こえない

・天使の恋

・未来予想図

・余命1ヶ月の花嫁

 

関連記事

→おすすめ恋愛ドラマベスト20

→当たる恋愛相性無料診断

 


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る