スタイルが良いジゼル・ブンチェンの引退理由や私生活が話題に!

Pocket

どうも、芸能情報ゆうタロウです♪

ジゼル・ブンチェンを知っている人は少ないかもしれませんね。

14歳でデビューし、約20年間のショーで終止符打ったジゼル。

 

実は、あの有名な「ヴィクトリアズ・シークレット」での活躍したこともあるのです!!

では、ジゼルが引退を決意した理由は何か。

そして、私生活がスゴイと話題になっていましたので、そのことについても触れていきたいと思います。

スポンサードリンク

 

ジゼル・ブンチェンの引退理由

 

世界一稼ぐスーパーモデルとして長く君臨し続けていたジゼルだったが、彼女の引退に誰もが驚きました。

ジゼルの健康的な美しさとスタイルはブラジル人モデルの流行りを作った。

2000年~2006年までは「ヴィクトリアズ・シークレット」のエンジェルとしても活躍していました。

 

34歳という若さだというのに、引退…。

「自分で最後のランウェイの舞台を選べたことは誇りだわ」と、女王の貫禄を見せつけたジゼルが引退の舞台として選んだのは、とても思い出がある場所でした。

ジゼルが14歳のときにモデルとしてのスタートをきった母国であるブラジル。

 

2016年春夏サンパウロ・ファッションウィークで、ブラジルのハイブランド「コルチ」のショーです。

NFL選手である夫のトムやジゼルの両親も最後のランウェイを見に来ていたようです。

トムや両親が見守る中、計3スタイルを披露したジゼル。

 

フィナーレでは、同時代にキャリアをスタートさせたブラジル人モデルたちに囲まれ、涙のキャットウォークになった。

その涙に観客ももらい泣き!!

では、ジゼルの引退理由はなんなのか。

 

引退理由は主に2つだった。

1つ目は、20年というキャリアの節目にジゼルの体はこう自分に訴えたそう。

 

「もうやめて。

私のやっていることにその価値があるの?」と。

ジゼルの体は悲鳴を上げていたそうなのです。

 

無意識のうちに体が勝手にやめてほしいと頼んできたそうなのです。

そしてもう1つ。

 

「今の私に母親であること以上の重要なことはない。

子供を産み育てるより大きな仕事を私は知らない」と思ったそうです。

家族をなによりも大事にするジゼルが、モデルを続けるために過酷な食事制限やトレーニングを続けていました。

 

そのことは夫のトムも知っており、とても不安だったそうです。

体系を維持するための食事制限やトレーニングと子育ての両立は無理とジゼルは判断したのです。

とにかく、20年間お疲れ様でしたと言いたいですね。

 

ただ、引退とはいえモデル業は広告や雑誌中心に続くそうです。

仕事が減るとはいえ、これからもセレブではあり続けることでしょう。


スポンサードリンク


 

ジゼルの私生活が凄すぎると話題に!!

 

総資産は約380億円!!

あのパリス・ヒルトンやレディー・ガガよりもあるのです!!

なんとモデルの長者番付リストで過去8年間も首位をキープしているんですよ(笑)

 

そんなジゼルは、年収を単純計算すると、日給なんと驚きの約1500万円!!!!

H&Mやシャネルとの広告契約以外に、自身のビーチサンダル・ブランドの売り上げも好調みたいなので、夏は日給3000万を超えることも(笑)

ジゼル一家はLAやNYなど、各地に数十億円する物件を数件保有しており、気分によって家族で移動することもあるそうです。

 

また、子供の生活ぶりもゴージャス!!

海に面したプールで遊んだり、夫と子供たちが夕日を浴びながら黄昏ることも(笑)

ヘアメイクスタッフも3人がかり!

 

ジゼルはこの3人を美容部隊と呼んでいるそうです(笑)

末っ子の授乳をしながらセットとヘアメイクを行うことも多々。

引退しても、この先明るい未来しかありませんね♪

 

他の人気ページはこちらです!

→ローラマラノとロスリンチの発言から2人の性格がわかる!

→ヴィクトリアズシークレットの「新モデル10人」が可愛いと話題に!


スポンサードリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る