デートでバーやレストランの席に座る位置は隣?奥?向かい?

Pocket

彼とたちまち親しくなる、席の座り方

 

あなたはそこまでしないほうがいいでしょうが、自分の部屋の窓を開けっぱなしにして、彼としてごらんなさい。

これも彼にしがみつかないではいられないほど、恥ずかしいものです。

イヤがるときは大ゲサに…

 

それだけで男は興奮するのです。

水中を泳ぐイルカを見ると、男は女体を想像するといいます。

それは体をくねらせながら泳ぐさまが、女性と似ているからでしょう。

スポンサードリンク

 

男であるかぎり、女体がくねる様子を見てよろこばない人はいません。

ストリップショーは踊りの一種ですが、わざと男を挑発するために、セクシーなくねらせ方をします。

しかし、最近の女性は、からだをくねらせるのが下手になったといわれます。

 

ジャズダンスなどは、筋肉を誇示するダンスであって、むしろ体を強調するダンス。

デートでレストランに行く場合、レストランでは隅に席をとってもらうとよい。

真ん中は四方から見られてしまうので注意しましょう。

 

それから、男の席からはほかの席があまり見えないように。

ほかに美人がいると、彼は落ち着かないので。

操といっていいくらいです。

 

どんなに足を上げても、開脚しても、男を変な気分にさせるわけにはいきません。

それはなぜでしょうか?

セクシーな踊りには、むしろ単純なポーズの繰り返しが必要だからです。

 

それもゆっくりとした繰り返しでなければ、興奮はしません。

セクシーな腰の動かし方を思い出すから、男は興奮するのです。(馬鹿ですよね笑)

たとえば、「イヤよ」という場合でも、ただ言葉だけで拒まれたら、男はムッとします。

 

ところが、「イヤよ、イヤイヤ」といいながら、からだをくねらせたらどうでしょう。

これは媚びを含んでいるので、男は断られながらでも、うれしくなります。

かわいい女とは、そういうタイプをいうのです。

 

うれしいときでも、声だけで「うれしい」というよりもっと大ゲサに「うれしい!!」といってみましょう。

不思議なことに、それだけでからだと腰が自然と動いてしまいます。

それも彼が勘違いをするようなセクシーな腰がくねるでしょう。

 

こんな彼女であれば、男が放っておくわけがありません。


スポンサードリンク

 

飲み屋では?

 

飲み屋ではカウンターがいい。

ともかく触れ合えるからだ。

テーブルをはさむときは、日本酒で。

 

互いに酌をしやすいからだ。

飲み屋では、あまりべたべたしない。

ほかに酔っぱらいがいて危険だから。

 

バーでは、カウンターにかざる。

彼の左側に座って、顔が向かい合うようにして話そう。

カクテルを注文すれば、彼は簡単に女性を抱けるなんて思います。

 

このように一部しか見せないようにすれば、二人の仲はうまくいくのです。

全部見せてしまつたら、あとはあきられるだけ。

男は、全部見たらあきてしまいます。

 

この鉄則を忘れてはなりません。

きびしくいうと、結婚していようがしていまいが、できるだけあなたから少しずつ、セクシーな部分を見せていきましょう。

 

関連記事

→気になる彼に近づくためのアプローチ法!

→彼に甘える場面を3つで考える!彼を落とすテクニック!

 


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る