ドログバは筋肉が衰えているのか?性格とプレースタイルについて。

Pocket

どうもこんちわ。芸能情報ゆうタロウです♪

コートジボワールで最も有名なサッカー選手の一人にあげられるドログバ。

そのドログバですが、もう30代後半。

 

近年では、能力の衰えというのをよく耳に聞きます。

その中でも、筋肉がとっても衰えている。

という話題がネットで今話題に。

 

絶頂期と比べて本当に衰えているのか?

そこをしっかりとご紹介していこうと思います。

また、性格とプレースタイルについて。

 

こちらもしっかりとご紹介していきましょう。

スポンサードリンク

ドログバの筋肉の衰えはガチなのか?

 

2014年ブラジルWカップで日本と初戦を戦うコートジボワール。

そのコートジボワールで最も脅威となる選手といえば、ドログバだろう。

そんなドログバですが、2014年で36歳。

 

年齢的にも最後と思われるWカップだが、衰えがネットで話題になっている。

やはり、日本代表の脅威となる選手だけに、彼の能力が気になる方が多いようです。

そのドログバの能力は衰えているのか?

 

それは、彼の筋肉面を見ても分かるだろう。

実際に、海外ユーザーのドログバに関して、こんな意見が多かった。


スポンサードリンク


 

・ドログバは若い頃より体負けが多くなった、これは筋肉の衰えの証だ

・クリスティアーノロナウドのような体つきだったドログバも、やはり歳には勝てない

・能力と筋肉が衰えるのは、人間の宿命だ

・若いころとの違いは、スタミナがやはり全く違う

・身体能力の高さはアフリカならではだが、運動量の低下が分かる

 

このように、運動能力の低下や、体負けに関しての事がよく書かれています。

人間なので、いつまでも完璧な体というわけにはいきません。

やはり、ドログバは歳とともに、少し筋肉や運動力が落ちているのでしょう。

 

 

ドログバの性格やプレースタイル

 

ドログバの性格といえば、サッカーファンの方なら一度は聞いたことがあるでしょう。

彼は、とてつもない王様キャラだ。

間違いなくこの答えを返す人が多いでしょう。

 

ですが、一部ではこの性格に関しては嘘ではないのか?

という声もあり、はっきりとして性格は分かりません。

ですが、日本にも似たケースの選手がいます。

 

それは、日本のエースとも言われる本田圭佑です。

彼もドログバと同じで、口調は強く常に厳しい意見。

これは、珍しいことではありません。

 

サッカーのエースストライカーと呼ばれる選手は、「俺が決める。」

この気持ちがどうしても必要となります。

やはり、自分に最も厳しく、積極的な性格面が必要なのです。

 

そんなドログバですが、彼のプレースタイルとは、どのようなプレーをするのでしょうか?

 

ドログバのプレースタイルとしては、やはりまず体の超人的な強さです。

日本代表では、長友佑都がとても体が強いというのは分かりますよね?

ですが、ドログバの体の強さはイメージ的に言えば、もっと強いです。

 

身長も189cmあり、ヘディングシュートがとても強い選手。

これは、日本の吉田麻也でも止めるのはとても困難です。

アフリカの選手なので、やはり足が早いのでは?

 

と思う人もいることでしょうが、ドログバの場合は、完全にパワープレーを得意とする選手です。

キック力と決定力についても好評価されていて、相手チームは彼をフリーにさせると必ず失点に繋がります。

 

ドログバを止めるためには、1人ではなく、常に2人以上の人数をかけること。

そして、DFのマンマークも必要となってくるでしょう。


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る