メール恋愛している女性へ!悩みは返信、心理?

Pocket

メール恋愛をしている女性へ

 

フェードアウト。

恋愛の相談に来る女性たちが、一番苦しんでいるのはその現象です。

男女が付き合って、数か月経つと起こりうる現象。

 

最初は、お互い頻繁に連絡をとり合っていたのに、しばらく経つと回数が減り、連絡も遅れがちとなります。

「彼から連絡がない……音信不通……」

事務的でも無愛想でも冷徹でも、連絡があればまだよいのです。

スポンサードリンク

 

まったくの無視は、どこに気持ちのやり場を持っていけばいいのでしょう。

人間関係で人がもっとも傷つくのは「無視・シカト」だと思います。

いじめられっ子はクラスのみんなからシカトをされ、精神的に傷ついたという話はよく聞きます。

 

そして女性は、コミュニケーションを大事にしています。

相手からの無視や拒絶は、耐え難い精神的苦痛なのです。

フエードアウトされた側は、本当に苦しくて、どうしたらいいかわからない。

 

恋愛だけでなく、あらゆる人間関係すべてにおいてそのように私は感じます。

これまでうまく恋愛できていたと思っていた相手からフェードアウトされると、トラウマになることもあり、精神的なダメージから抜け出すまで、本当に時間がかかってしまいます。

次の恋愛に進むことが怖くなってしまう場合もあるかもしれません。

 

人の心は、誰もが違います。

感じ方も、繊細な部分も、そのときの強さも。

本当に十人十色です。

 

では、フェードアウトした側の考えはどうなのでしょうか。

それも十人十色であり、それぞれに理由があると思います。

もしかしたら、単純に面倒に感じてしまった場合もあるかもしれませんし、向こうはそこまでの付き合いの深さではなかったと考えていたのかもしれません。

 

また、もしかしたらフェードアウトされた側に問題かおり、彼を追い詰めてしまったことが原因である場合もあるでしょう。

彼とのペースの違いや、距離的な問題で、溝ができてしまった場合もあるでしょう。

理由はそれぞれであるにしても、フェードアウトした側で、立場は違えどフェードアウトされた側と同じように苦しんでいる人もいるかもしれません。

 

「打った手も痛い」それと同じように。

そうではなくて、単に理由もなく何も感じない人もいるかもしれません。

勇気がなくて彼女の苦しむ姿を見たくないと思い、関わらずに終わりにすることが優しさと考えての場合もあります。

 

個人の考えはそれぞれで、心は形がないから、どんなふうに痛むのかもわかりません。

そんな中でも、最後に答えを出すのは自分自身でしかないのです。

自分自身がしっかり立ち上がらなければなりません。

 

愛の終わりは、悲しいものです。

別れを告げる側も、別れを告げられた側も。

そう思うと、大切なのは二人で築き上げた絆であり、それを振り返り、自分の姿がどうであったかを考えることも必要なのかな?

 

と思います。

フェードアウトの原因は、二人が過ごした時間の中に答えかおるのかもしれません。

好きなものをお腹いっぱい食べる時期。

 

楽しく毎日メールを何通も送り、恋しくて毎日会いたいと思っています。

まるで童心に戻ったようにロマンチックに女性を誘ってきます。

ここでのキーワードは「テンション」です。

 

テンションが高ければ、男性は女性のことが好きで気に入っている証拠です。

逆にテンションが低いと、様子見かあまり気に入っていないと言えます。

相手のテンションが低いと感じたら、それを高めるために、女性がどう努力するかを考える必要かおるでしょう。


スポンサードリンク

 

そしてテンションが高いのも、実は要注意です。

テンションが高すぎると、飽きるのも早いから。

「妙にテンションが高いな」とあなたが感じたら、それに乗っからないで、あなたは冷静にテンションを下げることも必要です。

 

そのテンションがずっと続くと期待をしてはいけません。

 

・ステップ2 連絡頻度が低くなるらくして連絡頻度が低くなるのも、男性心理の本能の計画通りです。

男性自身が頭で考えて計画しているのではなく、本能がそうさせているのです。

 

テンションが高ければ当然テンションは下がるそういう仕組みになっています。

それを女性たちが理解すればいいのです。

それを理解できないから、「あれ? どうしたのだろう……?」と悩むのです。

 

恋愛の失敗例では、この頃から女性にスイッチが入り、おかしな方向に進むケースが多いです。

その失敗をなくすため、ここでスイッチを入れてはダメ。

もっと男の心理を読んで行動するようにしましょう。

 

「彼はハンバーグを食べすぎて、お腹を壊したのだわ、しばらく主食は中止」くらいに考えておけばよいのです。

 

・ステップ3 ペースをつかむ

成功している男女は、お互いのペースをつかんでいます。

 

これが「法則」です。

ここで、男性のペースについて解説しましょう。

男性との付き合いを長く続けるには、ステップ2の状況になってからが肝心です。

 

そこで彼のペースをつかむことです。

「あれ? どうしたのだろう……?」と悩むのではなく、「今こそ彼のペースをつかんでやるぞ」とココロに決めるのです。

男性のテンションの高い時期は、人によってまちまちです。

 

数日、数週間でテンションが下がる人もいれば、何年も持つ人もいます。

おそらく平均すると3か月くらいだと思います。

ペースはそのテンションの高い時期につかむのではなく、テンションが下がったときにつかむようにしましょう。

 

テンションが下がったときの姿が、本来の彼の姿なのです。

 

・ステップ4 好きというスイッチを最後に持っていく

ここで重要なことを書きます。

ステップ3でペースをつかむまで、あなたは彼を「好き」にならないことです。

 

いいですか?

ペースをつかむまで、彼を本気で好きにならない!

そう決めてください。

 

好きから始まる女性の恋愛に、警告を発します。ここでの教訓は、ペースをつかんでから好きになること。

好きというスイッチは最後でいいのです。

本来の彼の性格を知り、彼のペースをつかむ。これが50年持つ愛の極意です。

 

関連記事

→気になる男性や恋愛初期のLINEやメールで気をつけることはこれ!

→メールよりも電話を選ぶ男性心理

 


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る