モテる女性が男にとる行動や態度!

Pocket

ミステリアスな私演出「秘密を作る」ということ

 

モテる女はきちんと「相手を見る」

秘密の部分を作るという話を1度は耳にしたことがあるかと思います。

あなたは、このお話をどう思いますか?

 

突然ですが、僕は「気持ちは伝えてナンボ」だと、よくお話します。

思っている、考えているだけで、それが相手に伝わらなければ、相手にとっては、あなたが何もしていないのと同じだからです。

「がんばっているつもりだけど、実らない」のはこういう事例が多いです。

スポンサードリンク

 

そして、気持ちは伝えてナンボだけれど、

相手が受け止めやすいように伝えることが、もっと大事だと、すごく思うのです。

たとえば、キャッチボールをするときには、必ず相手を見ますよね。

 

そして、相手が「受け止める準備をしているか」を見て、投げるのです。

また、このとき相手が10m先にいるのか、50m先にいるのかで投げる力を変えますよね。

これが、「相手が受け止めやすいようにボールを投げる=気持ちを伝える」の話になるのです。

 

コミュニケーションがうまくいかない例として、「好き! 好き! 好き!」

「私とどうしたいと思ってるの?」と言ってしまうのは、相手が10m先にいても50m先にいても、同じように全力でボールを投げる。

相手が構えていようが、後ろを向いていようが、お構いなしに投げる。

 

こういうことをしているのと同じなのです。

だから、相手は逃げてしまうし、もう1度キャッチボールをしようとも、思ってくれなくなるのです。

 

 

①ミステリアスな女を演出する方法

 

「キャッチボールは相手を見て投げる」の話は、ピンときて頂けると思います。

これを、会話でも「しないといけない」と思うのです。

ちょっと厳しい言い方ですが、「したほうがいい」ではありません。

 

僕は、ステキな大人になりたいなら、「しないといけない」と思います。

「この人に、この話をして、聞いてもらえるだろうか?」

ミステリアスな私演出「秘密を作る」ということ。

 

この判断ができるようになると、つまらない会話や盛り下がる会話が減り、盛り上がる、わかり合える会話が増えます。

「今、この話をして、聞いてもらえるだろうか?」

この判断ができるようになると、場違いな告白をすることはなくなります。

 

また、いくら「聞いて欲しいから」といっても、相手の状況を見て「話すべきか話さないべきか」を判断できるようになるのです。

ここで…いいですか?

こういったことができるようになると、「相手に言わない話」が出てくるのが、わかりますでしょうか?


スポンサードリンク

 

相手を見て「話さない自分のこと」ができてきます。

これは、相手によって、話す内容が変わるということです。

相手の今の状況を見て「今、伝えないこと」ができてきます。

 

これは、いつか機会があったら伝えるだろうということです。

どちらも、今は伝えていません。

これが自然と、「相手の知らない部分」=「あなたの秘密」となるのです。

 

たとえば、あなたがテニススクールに通っているけれど、相手にそれを話していないとします。

すると、あなたがテニスをしている時間帯のことは、自然に相手にとってあなたの秘密の時間帯になるのです。

それに相手が気がつけば、「そういえば、いつも水曜の夜っていないよね? 何かしてるの?」と、興味を持って聞いてもらえるようになるのです。

 

「秘密の部分を作るとよい」というテクニックの話。

それはこのような過程があって成り立つものだったのです。

「連絡が取れないなら距離をおこう」というテクニックも、「相手を見る」ようになれば、当然のことといえるのです。

 

相手から連絡がない、返事がない、コミュニケーションが取れないというのは、キャッチボールでいう、「相手が構えていない状態で投げ続けている」ようなものなのです。

ということは、こちらを向いてくれるまで待つべきですよね。

これが、連絡をしない時間を作ることになり、「距離をおく」になるのです。

 

ほら、とてもカケヒキと呼べるものではなく、当然のことをしているでしょう?

「相手を見てコミュニケーションをする」ということは、本当に、とても大切なことなのです。

 

関連記事

→モテる髪型はロング!?好きな彼を射止めるにはギャップ作戦!

→本命恋愛の男心理と脈ありの行動

 


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る