ローラマラノとロスリンチの発言から2人の性格がわかる!

Pocket

どうも、芸能情報ゆうタロウです!

日本では知名度は高くありませんが、欧米では今注目されている2人!

2人は交際をしているわけではないのに、もう夫婦みたい仲だという!

 

そこで今回はこの2人の発言をご紹介します。

また、この発言で2人の性格が丸裸に!

スポンサードリンク

 

ロス・リンチとローラ・マラノの仲良し発言!!

 

2人はTVドラマ上ではカップルなのですが、本当のカップルではありません。

しかし、2人は関係者たちから「付き合ってもらいたい」と思われているみたいなのです。

交際を求めるファンが2人につけたあだ名は、Raura(RossとLouraの掛け合わせ)。

 

ファンはどんな時もRauraをくっつけたいようで、エンタメ際キッズ・チョイス・アワードでも、ファンの投票のおかげでロスとローラが主演TV俳優&女優賞をダブル受賞しました。

ディズニーチャンネルで活躍中の2人。

2人はSNSでも仲良くしている画像などを投稿しており、もうカップルにしかみえない!!

 

ファンが2人の交際を期待するにも理由があり、それが、2人の相性の良さ。

劇中でのお似合いぶりだけでなく、舞台裏での仲の良さも有名で、ローラはこんなコメントを残していました。

 

「夫婦のような喧嘩をよくしてるわ。

お互いに呆れた表情をしたり、小言を言い合ったりしてね(笑)」と。

こういったことが理由で、2人のファンたちがどうにかして、本当に2人をつき合わそうとしているみたいなのです。

 

ローラはロスに対してはこんなコメントを残していました。

 

「ロスとは本当にただの友達なの。

でもすごく仲が良いわ。

自分でも笑えるくらいよ(笑)

 

友達以上に喧嘩もするけど、これまでにここまで仲良くなれたのはロスくらいね。

ロスはかなりイタズラ好きで、よく私にもイタズラするのよ(笑)

だからちょっと行き過ぎたイタズラをされたときは私も怒るのよ。

 

でもね、それもロスの計画通りでそこからまた変わったイタズラをされるの。

それがきっかけで怒りがなくなって笑いに変わるのよ。

パターンは大体一緒なんだけど、緻密に計算されてイタズラされるからどのタイミングでされるのかって未だにわからないわ(笑)

ロスに対しては恋愛感情はないけど、これからもずっと仲の良い友達関係でいたいわ。」と。

 

一方のロスはローラについてこう語っていました。

 

「ここ4年、ファンのみんなは僕たちをくっつけようとしているよ。

なかなか諦めてくれないんだ(笑)

ローラは女性としても素敵だし、明るくていつも元気をもらってるよ。

 

ただお喋り好きだからほんとに口が閉じることはないね(笑)

あまりにも口が閉じないもんだから、一回食べ物を口に突っ込んだことがあるよ(笑)

それでもローラが必死に喋ろうとしてきてとても面白かったよ。

 

ローラは暇さえあれば、作詞作曲しているんだよ?

僕も音楽が大好きで兄や姉とバンド活動しているから作詞作曲してもらおうかとまで思ったほどだよ。

だから音楽の話題になるお互いに真剣にもなるし、喧嘩になることもあるね。

 

でもそれはいい意味で刺激をもらえるからよき喧嘩相手ともいえるかなぁ。

ローラに対しては恋とか芽生えることはないと思うよ?

だって僕の好きなタイプは、スポーティで、活動的で、よく笑う子だからね。

 

ローラの好きなタイプは、あのハリーポッターに出演してた、ダニエル・ラドクリフのような人だからね。

僕は正反対だよ。

付き合うことはないかもしれないけど、友達としてこれからも大事にしていくつもり」と。


スポンサードリンク


 

2人の発言からわかる性格

 

まず、ローラから。

ローラはどちらかというとMな方。

何するにも明るくて基本的にポジティブに考えている。

 

そして、お喋りが超が付くほど大好きで周りから「うるさい」とまで言われるほど(笑)

それでも、空気は読める方らしい。

仕事でも趣味にしても努力家。

 

つぎはロスの性格について。

なんでも思ったことを口にする性格でとても素直。

人が笑うようなことが大好きで、とてもイタズラ好き。

 

2人は、TV内と舞台裏での性格はほとんど変わらない模様。

その変わらない性格が人気の一つかもしれませんね♪

 

他の人気ページはこちらです!

→セレーナゴメスの体系スタイルが可愛いと話題に!!

→コーディーシンプソンに彼女が発覚で結婚間近!?


スポンサードリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る