人に刺される内面が傷つけられた証拠!自分の行動でわかる夢の意味!

Pocket

自分が夢でどんな行動をしている?

 

【曲芸・アクロパット】

人生の綱渡りをしていること、危険な賭けをしていることを象徴している。

また、命取りになるような火遊びに夢中になっていることを示している。

 

曲芸やアクロバットを見てハラハラするのは、現在自分自身が関わっていることについて、ヒヤヒヤしながらやっていることを表わしている。

 

【下る・降りる】

下ることや降りることは、上がることや登ることと同様に、進路や意識の方向性に関係している。

階段を降りるのは、自分の過去を振り返ったり、心のなかを探究しようとしていることを表わしている。

 

坂道を下るのは、頂点を極めた人が第一線から退くことを暗示している。

山から降りるのは、日常性や現実の生活に立ち返ることを示している。

スポンサードリンク

 

【口笛を吹く】

挑発や誘惑を意味する。

異性の前で口笛を吹くのは、相手を刺激して欲情を誘いだそうとしていることを表わす。

 

向性の前で口笛を吹くのは、気にくわない相手を挑発して一悶着起こしたいと思っていることを表わす。

また、相手を見下した態度を表わす。

ひとりで口笛を吹くのは、何か刺激を求めていることの表われ。

 

【ゲームをする】

相手との心理ゲームを表わしている。

あなたが現実のなかで策略をめぐらしたり、誰かと知恵くらべやだまし合いをしていることの反映である。
【計算する】

現在取り組んでいることの結果が、気になっていることを象徴している。

たとえば、現実の営業成績や売り上げを、あるいは計画が達成されるまでの期間や資金、労力などを無意識のうちに計算しているのである。

 

また、新しい計画を浮かべようとしていること、将来の見込みを立てようとしていることの表われでもある。

計算間違いをするのは、自分の立てた計画に見込み違いがあることを示している。

実際の計画に何か不備な点がないかどうか、よく考えてみる必要がある。

 

【化粧をする】

表向きの顔をすること、体面を保とうとすることを表わしている。

感情を表に出さないようにしていること。

 

ありのままの自分に自信がもてないこと、また逆に、自己顕示欲の表われでもある。

 

【蹴る】

何かをやりたくて、うずうずしていることを表わす。

気がはやっていること。

 

ボールを蹴るのは、一気に目標を達成しようとしていることを意味する。

小石を蹴るのは、意欲はあるのにやりたいことが見つからずにイライラしていることを表わしている。

蹴った拍子にほかのものに足をぶつけてしまうのは、やり方がずさんなためにせっかくのやる気がから回りしてしまっていることを示している。


スポンサードリンク

 

【行進する】

隊列に加わって行進している夢は、精神の高揚を意味する。

気が大きくなりすぎていたり、自信過剰になっていることを表わしている。

 

たぶんに自己陶酔している傾向がある。

また、大きな時代の流れのなかに身を置いていることを象徴している。

世の中の変化についていこうとしていることの表われ。

 

【転ぶ】

仕事や恋愛などで失敗することへの警告。

危険な賭けや人生の綱渡りをしているときに、転ぶ夢を見ることが多い。
【壊す】

自分自身に嫌気がさし、自己破壊的な感情にとらわれていることを象徴している。

また、自分を束縛するものや、がんじがらめの現実に耐えられなくなっていることを示している。

 

【捜す・探す】

あなたの人生の目標や生きがい、また精神的な拠り所や支えとなるものを探し求めていることを表わしている。

あるいは、自分自身の本当の気持ちを知ろうとしていること、真の自分を見つけようとしていることを表わしている。

 

また、あなたにとって重要な人物の、あなたに対する気持ちがつかみきれないでいることを反映している。

 

【作成する】

何かを作成するのは、自分の世界をもつことであり、独自の価値観や考え方を生みだしていくことを表わしている。

また、目標や理想に近づいていくこと、自己実現を図っていくことを象徴している。

 

社会的基盤を築いていくための努力の表われでもある。

 

【刺す】

敵意や憎しみを象徴している。刺す相手は自分自身を表わしていることが多く、嫌いな自分を破壊してしまいたいという気持ちの表われである。

刺されて血が出る夢は、心をえぐられるくらいに深く傷つけられてしまったことを意味している。

 

関連記事

→過去に戻る夢は今と比例する!?駆け落ちや隠すのは後押しが必要?

→浮気する夢は彼氏や彼女が浮気する意味じゃない!

 


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る