人魚やイルカなどの夢は未来がよくなる予兆!?

Pocket

魚の夢はどんな意味?

 

【イルカ】

イルカは優れた能力をもっ動物であり、あなたの未知の可能性を表わしている。

また、新しい世界が開かれることの暗示でもある。

 

イルカのことばや行動は、あなたを導く知恵や指針を意味する。

 

【ウナギ】

精力、エネルギー源の象徴。

ウナギをつかもうとしてもつかめないのは、自分の思い通りにならない人物がいてイライラしていることを表す。

スポンサードリンク

 

【ウロコ】

魚のウロコを見て気持ち悪いと思うのは、あなたが見かけだけで人を判断している証拠。

物事の表面しかみていないことを表わす。

 

【エビ】

老成していること。

また、若年寄り的な態度を意味する。

 

ひっそりと暮らすことを意味する。

岩陰に身を潜めて暮らしているエビは、隠居生活を意味し、あなた自身が俗世間から離れてひっそりと暮らしたいと思っていることの表われ。

 

【貝】

自分の殻に閉じこもっていることを示しており、閉ざされた心を象徴する。

また、貝は女性器の象徴でもある。

 

貝が聞いているのは、誰かを誘惑したい、また誘惑されたいという願望の現われ。

 

【かに】

人を寄せつけないこと、拒否的態度を表わす。

あなたが問題を避けていること、はぐらかそうとしていることを暗示している。

 

カニのはさみにはさまれる夢は、あなたが誰かにちょっかいを出して思わぬ反発にあった証拠。

相手を甘く見すぎていたことを意味する。

 

【金魚】

住んでいる世界が狭く、発展性に乏しいこと。

井の中の蛙になっていること。

 

金魚すくいをするのは、誰かをものにしたいという願望を表わす。

 

【クジラ】

大きな可能性。

無意識的な感情や欲望の激しさを表わしている。

 

クジラを発見する夢は、希望が見えてきたこと、また無意識的感情の意識化を意味する。

 

【クラゲ】

身近な人物の隠れた敵意を表わす。

思わぬ人から、憎しみを買っていることを意味する。

 

【コイ】

立身出世や栄達のシンボルであり、成功への執念や逆境に立ち向かっていく強い意志を表わす。


スポンサードリンク

 

【魚】

魚の夢は、潜在意識に関係した事柄を表わしている。

なぜならば、魚は潜在意識を象徴する水のなかの生物だからである。

 

魚は、あなたの潜在意識がもっ知恵やアイデア、あるいは隠れた能力を表わすものである。

魚を釣り上げる夢は、チャンスをつかんだり、潜在能力を引きだすことを表わしている。

水のなかから魚がおどり上がるのは、よいアイデアが浮かんだり、勘がひらめくことを暗示している。

 

魚を料理するのは、知恵や英知を自分のものにするための工夫を意味する。

また、誰かを自分の思い通りにしたいという願望の表われ。

魚を放流する夢は、自分の才能や可能性を育てていくことを表わしている。

 

死んだ魚は、知恵や潜在意識が眠ったままの状態で、宝の持ちぐされになっていることを表わしている。

 

【サケ】

サケは大きくなると故郷の川に戻って産卵し、そこで息絶える魚である。

そのことから、揮身の力をふり絞って物事にあたったり、自分のルーツを求めることを意味する。

 

【サメ】

破壊的衝動や、激しい怒りや憎悪を表わす。

危険が差し迫っていること、突然襲ってくる不幸を暗示する。

 

サメに襲われる夢は、抑圧してきた怒りや憎悪の念が抑えきれなくなっていることを示している。

 

【タコ】

しぶとさや、執着心の強いことを表わす。

あなたにまとわりつく人を象徴している。

 

【人魚】

男性が人魚の夢を見るのは、女性に対する理想が高くなり過ぎていて、現実の女性には満足できなくなっていることを表わす。

あるいは、身の破滅を招きかねないような幻惑的な女性に魅かれていることを意味する。

 

自分が人魚になった夢は、叶わぬ恋に身をこがしているしるし。

また、未知の可能性を求めていること、あるいは現実から逃避したいという願望の表われ。

 

【熱帯魚】

多面性をもっていること。

また、いろいろな可能性があることを暗示している。

 

見栄や虚飾、自己顕示欲の強さを表わす。

 

【マグロ】

マグロは回遊魚で、周期的に移動を繰り返していくが、そこから一生のサイクルや人生の長い旅を象徴している。

また、群れをなすことを意味する。

 

関連記事

→道に迷うのは方向性がわかっていない?未来に行く夢や変身する夢の意味は?

→人に刺される内面が傷つけられた証拠!自分の行動でわかる夢の意味!

 


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る