俺のこと好き?と聞いてくる男性心理はこれ!!

Pocket

彼の「好き?」は「もっと本気で好きだと言ってほしい」の合図

 

「私のこと好き?」は女性のセリフと信じているなら、この瞬間から考えを改めてほしいと思います。

これからは、本命の彼から「僕のこと好き?」と尋ねられるようにならなければなりません。

21世紀は、「好き?」と尋ねてくるのは男性。

 

女性が彼に聞く言葉ではなくなるのではないでしょうか。

こう言うと、彼に愛されたい気持ちの強い女性ほど、「好き?と聞かなかったら、彼が自分をどう思っているかわからないじゃないですか」

「彼が私に『好き?』などと聞くわけがないでしょう」

 

と反発したくなるかもしれませんが、そんなことはありません。

あなたのことが本当に好きであれば、彼のほうから「好き?」と聞いてきます。

20代、30代の男性は、女性と協調したり協力したりして、お互い仲よく暮らしていきたいと強く思っています。

スポンサードリンク

 

そうした傾向が、恋愛の顕著に表れてきていると感じているからです。

今、50代、60代の男性が、すべてにおいて主導権を握り、リードしていく役回りが担えたのは、成長期の社会だったからです。

しかし、成熟した社会では、個人個人が充実した暮らしを求めるようになり、男女ともお互いの協力関係が大切になってきています。

 

そんな世の中で、男性に強いリーダーシップを期待するほうが無理というもの。

彼らはひたすら、充実した日々をともに暮らしていける女性はいないか、静かに探している状態です。

ちょっと見方を変えてみてください。

 

あなたの周りにいる男性たちは、昭和30年代、40年代前半のドラマや映画で目にする女性たちに似ていませんか。

あなたの母親たちは、充実した日々を暮らしていける男性を望み、静かに探していました。

社会の中で粘力的に動いていたのは父親たちです。

 

こういう時代は、女性が「好き?」と聞きました。

現代は、男性と女性が逆転しつつあります。

現代の女性が背の父親役であり、「好き?」と聞くのも男性側の役回りに変わってきたのです。

 

これからは男女の恋の言葉さえも、逆転していく傾向です。

昔は、男性が女性を好きになり、自分を好きにさせて結婚したわけです。

今は逆。

 

あなたは彼を好きだから、彼を好きにさせていくのです。

もちろん、好きにさせると言っても気持ちの問題ですから、強制するわけではありません。

あなたが好かれる工夫をしたり、好きにさせるノウハウを磨くことで、あなたが好きな彼が、あなたを好きになる、そういう展開になってきたとい
うことです。

 

現代では女性が動かなければ、本命の彼を射止め、彼と充実した日々を共に暮らしていくこと難しいです。

「好き?」は女性が聞く言葉ではなく、男性が女性に尋ねる言葉へと変化してきています。

現代の男性は、一緒にいて心地よい人を求めている。


スポンサードリンク


 

Aさんは、彼によく「好き?」と尋ねるのですが、その答えに不満でしかたがありません。

それが引き金で、二人の仲がいつもギクシヤクしてしまいます。

そこである日、彼には「好き?」と聞かないことにしました。

 

その代わり、折りに触れて、「彼の運転、好きだよ」「彼、荷物持ってくれるから好きなんだよね」と言うようにしたのです。

初めは、自分ばかり彼を好きなようで、彼に優位に立たれている気もしました。

でも、深く考えずに感じたままを囗にしているので、そんなに気負いはありません。

 

彼に軽いタッチで「好き」と言いつづけていると、彼もご機嫌で二人ともよく笑うようになってきました。                   ’

ベンチに座っておしゃべりしていたときのことです。

彼がAさんを見つめながら、「好き?」と聞くのです。

 

それが始まりでした。

その後もちょっとした時に、好きかどうかを聞いてきます。

Aさんは、内心うれしくてしかたありません。

 

現代の男性は、一緒にいて心地よい人を求めているので、「当たり前だ。君が好きなんだ」と、女性より優位に立った言い方はしません。

ですから、「私のこと好き?」という、いかにもどこかの女性が言うような、問いかけには、ピンとこないのです。

好きという言葉を使うなら、彼が何かうれしいことをしてくれたときに、「ありがとう」のあとに「好き」とつけるだけにしましょう。

 

気負っていう必要などありません。

彼への挨拶の一つとして頭に入れてしまうのです。

慣れてくると、難なく出るようになります。

 

車に乗るとき、傘を持って濡れないようにしてくれたら、「ありがとう。だから○○のこと好き!」

荷物を持ってくれたら、「力持ち!○○のこと好き」というようにです。

軽く言われるので、男性もちょっとうれしい気持ちになります。

 

そして、この「ちょっとうれしい」を何度も繰り返されると、彼のほうがあなたを好きになるのです。

時問とともに事態は急変していきます。

あなたの言葉の真意を、彼は知りたくなってくるのです。

 

こうなると、Aさんと同じ現象。

彼のほうからあなたに「好き?」と聞いてくるようになります。

あなたが軽く言う「好き」では物足りなくなっている証拠です。

 

「もっと本気で好きだと言ってくれ」という状態なのです。

こんなときこそ、あなたは彼にはっきり「好き」と言わず、ニッコリ微笑むだけにとどめます。

彼はますます「好き?」を連発するはず。

 

あなたも、ときどき「好きだよ」と返しながら、彼をあなたに夢中にさせていくことができるのです。

これが賢い女性の恋愛手法です。

 

関連記事

→彼氏を追いかけさせる方法と彼氏に尽くされる方法

→前の彼女の話をする男性心理


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る