出会い系サイトの落とし穴と注意点!

Pocket

座席の位置とアイ・コンタクトであなたも合コン一人勝ち!

 

「合コンでお目当ての人がいる場合は、まずその斜め前の席を押さえること」とは、自称合コンの女王のお言葉。

右斜めか左斜めかは、自分の横顔、どちらがイケているか考えて。

たかが座る場所と思うかも知れませんが、相手との会話が最もはずむのは斜め前の席であることが、心理学的に実証されています。

 

お目当てだからといっていきなり隣に押しかけるのはダメ、相手はその「慣れ慣れしさ」に引いてしまうこともあります。

「でも、席替えのときや二次会でさりげなく隣を確保するのがコツ」とは、再び女王からのお言葉。

相手の正面はお互いに面接風な「あらたまった感じ」に陥りぎとちなくなってしまうこともあるので、とりあえずは避けたほうが賢明でしょう。

 

合コンでは、外見、話し方、ボディランゲージなどの印象も大事。

外見は最大限気合いを入れることでしょうが、あなたは、話し方やボディランゲージにまで気を配っていますか。

腕組みしたり額づえをついたりしては、相手に警戒心や不快感を与えてしまいます。

スポンサードリンク

 

腕組みは基本的に「拒否」のポーズ。

心理学的には、内面の自信のなさや不安を隠しているノンパーパル(非言語)メッセージとされていますから、「なんかとつつきにくい」と思われでもしようがありません。

腕を広げるような大きめのアクションを適度に使うことは、相手にオープンな印象を与えるので、話もはずみます。

 

でも、お笑いタレントのように派手にやると墓穴を掘ることに。

「 さんま的アクション」は、単に目立ちがり屋と思われますから、もともとテンション高めの人は、自重してください。

アイ・コンタクトを意識して使うこともお忘れなく。

 

ただし、たとえ強烈な一目惚れでも、一人ばかりに注目するのは大ひんしゅく。

相手がこちらの話題に乗ってきたときなど、タイミングをはずさずに2~3秒熱い視線を送ることです。

また、そろそろ二次会行く?という話題になったとき、すかさず相手の目を見るのもよいでしょう。

 

ばっちり目が合うか、あわててそらされたかで、相手の気持ちがわかります。

最後に忘れてならないのは、これらのテクニックをモノにしたからといって、下心や野心を相手に悟られたらアウトということ。おわかりですね。

 

 

恋愛共依存症!携帯・メール恋愛の落とし穴

 

インターネットやSNSで人気の出会い系サイト。

以前は「モテないオタクの巣窟」というイメージでしたが、事情は大きく変わっています。

出会い系サイトで知り合って結婚したという「パソ婚」カップルも珍しくなくなってきました。

 

最近の出会い系サイトは、イイ男の流入率が高いのだとか。「忙し過ぎて出会いがないエリート男」「周りに女の子が少ない高学歴理系男」なんてタイプが増えているそうです。

通信技術の普及は、男女の出会いに新時代をもたらしましたが、一方で、メールなどで知り合った男女のトラブルも増えています。

IT時代ならではのマナーや、トラブルに巻き込まれない方法を知っておくことも大切です。


スポンサードリンク

 

まず、サイトに自分のプロフィールを登録するときは、無料アドレスやサブスクリーンネームなどを使って、本当のアドレスや携帯の番号は絶対に教えないこと。

これは、ネット・ストーカーやいたずらメールなどのトラブルから身を守る大原則です。

無料のサブ・アドレスが六つまでもらえるようなサイトもあるので、活用するといいでしょう。

 

メールが届いたら、職業や文面で相手をしぼりこみましょう。

自慢話が多いとか、妙に慣れ慣れしい書き込みには注意のこと。

また、あやしいハンドルネームはパスしたほうが身のためかもしれません。

 

「カサノパ」氏と実際に会ってみたら、まともに目も合わせられないオドオドした男だったという例もあります。

実際のデートは日中、衆人監視のもとで会うことが鉄則です。

メールと実像は別人なんてケースはザラです。

 

また、たとえ実際に会ったとしても、軽率に本当のメールアドレスや住所、携帯電話の番号は教えないほうがよいでしょう。

また、最近「恋愛共依存症」によるトラブルが増えています。

「共依存症」とは1970年代後半に登場した心理学の概念で、定義は研究者により微妙に異なりますが、メロディ・ビーティという心理学者はこう述べています。

 

「共依存症者とは特定の他者の行動に左右されていて、かつ、自分は相手の行動をコントロールしなければならないという脅迫観念にとらわれている人のことである」

SNSなどの普及でいつでも誰とでも気軽にメールをやりとりできる現代、相手へしょっちゅうメールを送りつけ、返答がないと落ち込んだり、イライラして仕事が手につかなくなってしまうという人が増えていますが、こういった症状が病的に高じたケースも一種の「恋愛共依存症」です。

共依存症に特徴的な傾向は、「自分が必要とされる」ことを病的にまで要求すること。

 

相手が自分を必要としているという手ごたえが得られないと、自分の存在価値を証明するために執劫にメールを送り続けたり、果てはストーカー行為を働くようになることさえあります。

併帯メールが最強の恋愛ツールとなった今こそ、影の部分にも注意を向けてください。

相手が「へン」だと感じたら、早めに子を打つように。

 

ところで今日、新しいメールは届いていましたか?

 

関連記事

→マンネリを打破し、恋愛を長続きさせる方法!

→憧れの女性を振り向かせる方法!初デートは寿司屋がベスト!?

 


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る