刑務所や教会の夢は罪悪感の現われ!?夢から教わる改善すべき点!

Pocket

【ガソリンスタンド】

何かが欠けていることを意味する。

また、現在のあなたが、物足りない思いを抱いていることを示している。

 

ガソリンスタンドに寄って給油するのは、その物足りない何か(愛情、性的満足、経済力など)を満たして、欲求不満を解消しようとしていることの表われ。

 

【学校】

学校の夢は、あなたが学校に対して抱いているイメージを表わすことが多い。

それは学生時代につくられたイメージであり、友達がいっぱいいて楽しかったとか、管理主義的であるとか、自分だけ差別されるとか個人によって違ってくる。

 

マイナスイメージを表わしている場合、現在も同じような事態が繰り返されていることを示している。

また、先生やクラスメートとの関係は、今も続いている人間関係のパターンを表わしている。

授業中に指されて答えられないのは、現在のあなたが関わっている仕事や課題に対し、力不足であったり、準備が足りないことを示している。

 

先生に怒られる夢は、反省しなければならないことや、改善すべき点が存在することを暗示している。

先生が何を怒っているのかを考える必要がある。

スポンサードリンク

 

あなたに罪悪感はある?

 

【看板・ネオンサイン】

自分を表現したいという気持ちの表われである。

あなたが周囲の人々に伝えたいと思っていることが、看板やネオンサインの広告として表わされるのである。

 

また、潜在意識があなた自身に知らせようとしている重要なメッセージが、宣伝文句となって表現されることもある。

 

【キッチン】

新しい知識や体験を活用していくこと。

また、問題をうまく処理することを意味する。

 

【教会】

精神的に自分を高めようとしていることの表われ。

崇高な精神、宗教心、道徳心を象徴する。

 

救われたい、いやされたいという気持ちの表われでもあり、安らぎを求めていることを示している。

また、罪悪感や、自らを悔い改めようとしていることを意味している。


スポンサードリンク

 

【銀行】

あなた自身の努力の成果を表わす。

自分が蓄えた知識、技術、能力の象徴である。

 

行動力や精神的エネルギーの源。

銀行に貯金しにいく夢は、努力の成果が着実に上がっていることを示している。

貯金をおろすのは、習得した知識や能力を使う機会がやってきたことや、行動力を強化する必要があることを表わしている。

 

銀行から融資を受けるのは、現在関わっていることが、自分ひとりの手には負いきれなくなったこと、他人の協力や援助が必要になってきたことを示している。

 

【空港】

成長や発展のステップボードであり、大きな理想や目標に向かっていくことを示している。

新しい人生の旅立ちを意味する。

 

外国へ出発する夢は、今までとはかなり異質な世界へ飛び込んでいくことを表わしている。

 

 

【警察署】

支配と服従の象徴であり、命令や強制、秩序や管理、威信などを意味する。

また、安全や保護を求める気持ちを表わす。

 

警察に駆け込む夢は、誰かに苦境や困難から救ってもらいたいという願望を表わしている。

取り調べを受ける夢は、失敗や責任を追求されることへの不安や、何か後ろめたきを隠しもっていることを示している。

また、取り調べをする警察官は、あなたにとって苦手な人や支配的人物を象徴していることがある。

 

【刑務所】

精神的な抑圧を象徴し、あなたが現実に自由を剥奪されていることを意味する。

刑務所に入っている夢は、自分が組織や何者かに縛りつけられていることを表わし、どうすることもできないがんじがらめの現実を象徴している。

 

また、自分を罰したいという無意識的な願望の表われでもある。

刑務所に入れられている人に面会に行く場合、その人物は自分自身が抑圧してきた影を表わしている。

 

関連記事

→夢での階段は人生を象徴する!建造物の家や屋上はどんな意味?

→嵐や風、火山噴火などの気象の夢に隠された意味とは?

 


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る