可愛いで話題の清水富美加の彼氏や大学について

Pocket

どうも、こんにちは芸能情報ゆうタロウです♪

2008年オーディションで「グッドキャラクター賞」を受賞しデビュー。

仮面ライダーフォーゼでは、福士蒼太さんのヒロイン役に抜擢。

 

朝ドラにも出演し、知名度急上昇中のモデル兼女優さん。

ポジティブで明るく、飾らないキャラクターでバラエティにも進出されています。

自身のブログも、共演者によく「見ているよ~」と言われるくらいおもしろいと好評。

今後活躍間違いなしの、清水富美加さんについて調査しました!

スポンサードリンク

 

彼氏、熱愛情報について

 

可愛らしい容姿から男性からの人気は確実ですが、気さくなキャラクターで女性人気も高いんです。

そこで気になるのは、彼氏の実態。

今までは、週刊誌などでスクープされたことはないようです。

 

人気急上昇の大事な時期なので恋愛面は控えているのかも。

23歳までに、ガッキー並みに売れる!!と宣言していましたもんね。

ですが、健全な女の子なので恋することも多々あるかと思うのですが、どうなんでしょうか。

 

テレビでは、昔から相当モテてきたと堂々発言されてますし、気になるところです。

ラジオ番組では、以前こんな話をされています。

中学2年生の時、自分から告白し高校生の彼と交際がスタート。

 

その彼とは、お家デートをよくしていたそうです。

ですが、なかなか自分にかまってくれない彼氏に対してイライラMAX、テスト直前に理科のノートを隠し気を引こうと策略。

結果彼氏には、赤点を取らせてしまった。

それが原因で「お前もうムリ!!!」とふられ、3か月で破局(笑)

 

自分から告白するあたり、恋愛に関して結構積極的な方なのかも。

赤点は結構将来に響いたりするので、彼は結構なショックだったでしょうね…まさに悪女。

可愛らしいと言われれば、まだ可愛らしい範疇かもしれませんが、この先何しでかすかわからない恐怖があります(笑)

 

女優さんにしては、結構赤裸々に喋ってくれます。

バライティーでもおもしろ発言が多々ありますもんね。

そして以前は、高校球児との恋の噂もありました!

 

日大三高と早稲田実業高校の対戦を、日大三高の応援席で観戦している様子が中継。

以前から野球が好きだと公言されていたので、そこまではただの野球観戦かな~と思いきや。

その時に、左の薬指に指輪をしている写真を発見!!

 

日大三高の選手の中に彼氏がいて、その彼の応援をしているのではないか?と話題になりました。

特に目撃情報もなく、ただ単に薬指に指輪つけてみただけ♪写真だったようですが。

清水さんは元々、中学校は日大三中(私立日本大学三中学校)に通っていたそうなので、それで日大三高を応援していただけのようです。

 

理想のタイプは、「見た目は特になし」←見た目より中身重視派。

「硬派でしっかりと仕事をするが、仲良くなったら自分だけにおちゃらけた一面を見せてくれる」

「一途で「好きだ!」「守りたい!」というまっすぐ直球で向かってくる人」

 

「荷物をもったときに浮き出る血管が大好物」と男らしい人がタイプのよう。

この理想のタイプ像から、仮面ライダーフォーゼの「吉沢亮」と交際しているのではないか?とファンの間で話題に。

ですが、ただタイプが一致すると言うだけで何の信憑性もない噂のようでした。

 

清水さんは、「今まで生きてきて一度もムカついたことがない女優」と言うなんとも信じがたい異名をお持ちです。

スラスラと受け応えるボキャブラリー豊富なところや、いつも笑顔での対応。

可愛いファッションセンスに、意表をつく考え、変顔も対応可。

そんな清水さんと付き合ったら、喧嘩しようにも、清水さんがその気にならないでしょうし、笑いが絶えない楽しい関係かもしれませんね♪


スポンサードリンク


 

大学について

 

清水さんの出身校は、中学校が「私立日本大第三中学」

高校は芸能人御用達の学校「堀越高校」です。

自身のブログでも、高校を卒業したら社会人になる事を伝えていらっしゃったとおり、芸能界に専念していくため、大学には進学せず。

なので現在は大学生ではなく、芸能界を生きる社会人となります。

 

これからもモデル兼女優だけではなく、バラエティーでも活躍すること間違いなしの清水さん♪

新情報を得たら、またお伝えいたしますね♪

 

他の人気ページはこちらです!

→中条あやみに彼氏はいる?|彼氏の噂に佐藤勝利が浮上した理由!

→西内まりやの彼氏は城田優?|歌手より歌がうまいと絶賛の声!!


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る