可愛いと言われるのは脈あり?男性に言われて嬉しい女性心理

Pocket

どうして「きれい」じゃなくて「かわいい」なの?

 

この言葉は男女で受けとり方にかなり差が出る言葉です。

結論から言うと、男性は主に、ほめ言葉として好意的にこの言葉を使い、純粋に「かわいい」が「好き」という感情に結びつくわけです。

ところが女性の中には、これを表面的であるとか、下心がありそうで警戒してしまう、などとネガティブにとらえる人も多く、それよりも「性格がいい」と言われたほうが嬉しいと感じるようです。

 

男性からするとこれは好意以外の何ものでもないのに、女性の立場からするとこの言葉に警戒心をもつのはなぜでしょう?

いったい何を、女性は警戒しているのでしょうか?

まず、男性が女性に好意をもつと、なぜ「好き」とか「きれいですね」と言わずに「君、かわいいね」となるのでしょうか。

スポンサードリンク

 

これはある種の生殖戦略のかけひきです。

というのも、女性は序列の低い男性を好まない傾向があることは、自分のことを考えればわかりますね。

そして、自分のルックスや性的魅力はあまり高くなくても、それは棚上げしておいて、序列の高い男性を好きになるという高望み(身の程知らず)の傾向があることも、経験上なんとなくわかると思います。

 

なぜならば、女性は肉体を男性に与えれば、少々魅力が低くても序列の高い男性と親密になることができるからです。

当然、このような高望みの傾向が女性にあることを、男性も知っています。

ですから男性は女性の前で序列が高いことを示さなければならないのです。

 

ところが、「好き」とか「きれいですね」という言葉は、どちらもへりくだった意味合いがあります。

つまり自分は相手より劣位で序列が低く、一方相手は気高く、自分よりも魅力があることを示す言葉です。

ですから、「好き」と言うと、かえってモテなくなるという恐怖が男性には心の奥にあります。


スポンサードリンク


 

さて、男性はなぜ「かわいいね」を多用するのかと言うと、それはこの言葉がルックスがよく魅力があることをほめるだけでなく、自分の方が優位に立っているような意味を含んでいるからです。

たいてい「かわいい」は自分よりも年下に多く言う言葉だということからも、この事実がわかります。

女性をほめて、さらに自分が優位に立つことができるので男性はこの言葉を使いたがるのです。

 

しかし、この言葉にあまり好印象を抱かない女性もいます。

それは一つに、自分よりも魅力の低い男性に言われたときであり、これは「私より魅力が少ないくせして、えらそうな言い方しないでほしいわ」という意識があるからです。

身分の低い者に自分よりえらそうな(優位をよそおう)態度をとられていることに対する不快感です。

 

もう一つは「かわいい」という容姿をほめられる言葉に対して、ネガティブなイメージをもつことです。

なぜ容姿をほめられてイヤな思いをするのか?

「君、かわいいね」それはどんなに美しい女性でも容姿は必ず衰えるからです。

 

男性を美でひきつけた女性は、次々と現れる若い美しい女性によってその男性を奪われる可能性が十分あり、自分の美が衰えると興味をなくされ離れられてしまう危険性ももちます。

このような事実から、女性は男性を容姿でひきつけようとするにもかかわらず、容姿のみにつられて自分に寄ってくる男性を敬遠するというジレンマを育て上げることになるのです。

 

「かわいいね」という容姿をほめる言葉にネガティブなイメージをもつ理由はここにあります。

しかし、男性にとって「かわいい」は容姿がよく従順そうで総合点で合格ラインに達しているということを表す言葉であることは間違いないようです。

ですからこの言葉は女性がコンプレックスに感じるほどネガティブな言葉ではなく、男性のいろんな意味での好意ととっていいでしょう。

 

関連記事

→肩や背中などの体をボディタッチする男性心理って?

→女性が握手をする心理を使えば男性も瞬殺!! 


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • 小林秀樹
    • 2017年 11月 18日

    勉強になる

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る