合コンが苦手な人でもできる!好きな男性に接近する方法!

Pocket

合コンで好きな男性に接近するコツ

 

合コンで、お目当ての彼だけに接近するとっておきの方法があります。

上着を脱ぐと、インナーをキャミソールとか、パフスリーブの姫ワンピというオシャレで決めていきます。

そして上着をクロークに預けます。

 

お目当て君の隣の席を確保したら、寒そうに腕組みをするのです。

彼の顔を見ながら、「ちょっと冷えてきたね……」腕を組むと胸の谷間もできます。

「上着……着る?」

 

ほとんどの男子が、ここで自分の匚着を脱いでさっと差し出すことでしょう。

「きや~!ありがとう」

満面の笑みで彼の上着を受け取り、上着をさっとはおると、袖をハタハタ。

スポンサードリンク

 

「やっぱり男の人のジャケットって大きいね」

こういう子どもっぽいしぐさを、男は「かわいい」と思うそうです。

その後、席替えもあったりするかもしれませんが、合コンの問は上着を借りておきます。

 

これは僕の友達体験談ですが、彼が友だちの男子にも聞いたところ、身につけるものを貸してしまうと、特にタイプの女の子じゃなくても、その後、気になって目で追ってしまうそうです。

彼と目が合ったらもちろん二コッとして袖をハタハタ。

途中で「まだ借りてでもいい?」

 

なんて聞くと話しかける口実にもなります(たいてい男子は、ちょっと寒いなと思っていても「いいよ」と言うでしょうけど)。

そして合コンがお開きになったとき、いよいよ上着を返します。

彼の前ではらっと脱ぐと、ほのかに香る、甘い香水。

 

もちろんあなたから彼に着せてあげます。

彼は、あなたの体温と残り香を身にまとって、うちに帰ってゆきます。

上着を奪って気になる存在になり、最後にまた記憶をまとわせるのです。


スポンサードリンク

 

「ありがとう。今度お礼させてください」

「今度って?」

「あ、ケータイ教えてください!」

 

LINEのIDでもケータイ番号でもいい。

帰り着いたころ、連絡して仕上げましょう。

「今日はありがとう。風邪引かないでね。」

 

こうしてつながっておけば、お礼と称して食事にさくっと誘えます。

これは脈あり!

と思ったら、寒い季節なら、この間のお礼と言って、マフラーをプレゼントしたりして。

 

あ、いきなり手編みのマフラーはヘビーです。

「そこのユニクロで買ってきたの」みたいなライト感を持たせましよう。

だけど、まだ付き合ってない人に身につけるものを贈るというのも結構ポイント。

 

身につけるものを贈ることは、一歩相手に踏み込むことだからです。

ただし、まだ彼の環境がわかりませんよね。

もしかしたら彼女がいるかもしれない。

 

だからこそ、重くならないユニクロマフラーでいいんです。

彼はあなたの気遣いに「きゅん」とするでしょう。

きゅんとするコミュニケーションの基本は、「奪うことと与えること」です。

 

上着を借りっぱなしにすることは気がひけるかもしれませんが、そこまでやるからこそ、気になる存在になります。

人間関係は、最初の印象で力関係が決まります。

彼にとってあなたは「かまってあげる人」になっています。

 

奪うと与える。

両方やればその人から離れられなくなるのです。

上着と一緒に彼のハートも奪いましょう!

 

関連記事

→恋愛のタイミングを逃した人に対策法!

→男性の好きな人からlineでおやすみがくるのは脈あり?

 


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る