女性は自分の意志を持つ男性に好感を持つ!

Pocket

「~ヘ行かない?」より、 「~ヘ行こう!」と誘うほうが、 彼女もOKを出しやすい

 

ある二十代半ばの友人男性から、こんな相談を受けたことがある。

ルックスもそれほど悪くなく、性格も明るくて好感がもてるのだが、 これまで女性にモテたためしがないというのだ。

最近、友人から一 人の女性を紹介してもらい、彼女のことをたいへん気に入ってデートに誘うところまでこぎつけたのだが、なんだかんだと理由をつけ ては断わられると、かなり深刻な様子である。

 

「結局、気に入られていないのでしょうか?」と彼は言うのだが、いろいろと話を聞いているうちに、彼があまりに女性の意志を尊重 しすぎていることがわかってきた。

「いつもどういう誘い方をして いるの?」と尋ねると、「ディズニーランドに行きませんか」とか、 「映画に行きませんか」とか言って誘っているという。

そこで私は、 一度試しに、「映画へ行こう」という誘い方をすすめたのだが、後日、彼から「うまくいきました」との報告があった。

スポンサードリンク

 

「 OOへ行きませんか」と、「OOへ行こう」のあいだには、じつは言われた側の女性心理からみて大きな違いがある。

「 OOへ行きませんか」は、一見女性の意志を尊重している感じのする誘い方だが、決定権を女性に委ねてしまっている。

これでは、 女性を尊重したつもりでも、当の女性からは、「自分で決定することができない、はっきりしない男」と思われでも仕方がない。

 

そして、それ以上に、女性は決定権をもたされることを極度に嫌うという心理傾向がある。

いくら男女同権がすすむ現在にあっても、女性は決断を委ねられ、責任をもたされることをいやがる。

最近では、三十代にはいっても 結婚せずに働く女性は珍しくなく、仕事も男性以上の成果をあげる ようになってきた。

 

しかし、女性を管理職に抜擢しようとすると、 説得するのにひと苦労なのだそうである。

組織の一員として働いて いるうちはいいが、責任をとる立場になることをできるだけ避けようとするというのだ。

ふだんのデートでも、自分で決断した映画がつまらなかったり、 自分で選んだレストランの食事がまずかったりして責任がかかることは、彼女にとってはじつに不愉快なできごとなのである。


スポンサードリンク

 

いっぽう、男性が決定権をもてば、たとえ失敗しても男性に責任があるから、女性は安心してその決定についてくる。

また、女性がか押しの一手、に弱いのは、「あまりしつこいから、 一回くらいつきあってやったのだ」という責任回避のポーズをとれ るからだ。

そのような女性心理を理解し、つねに「決定した責任は 男性にある」というポ1ズを示すことが、誘うときの秘訣である。

 

・ポイント

やんわりと誘うより もズパッと誘ったほうがうまくいくのは、 われわれサルの世界 でも常識です。

しかし、これをもって‘ 「女性は他人の意志 をアテにする生きも のだ」怠どというの は、とんでもない間違いです。

 

女性は、いつでも自分の意志をハッキリ示す男性に好感をもつ。

それだけのことです。

 

関連記事

→好きなタイプは女性も男性も子供の頃から決まっている!

→聞き上手になれば好きな人から好意を持たれる!?

 


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る