好きな女性が曖昧な態度をとるなら男性がリード!

Pocket

メニューひとつでも、 決断は決して 彼女にゆだねるな

 

私は仕事柄、若い女性向げ雑誌の相談コーナーや、投書欄によく目をとおす。

言うまでもなく圧倒的に恋の悩みや不安が多いのだが、ここ十年ほどのあいだに内容がかなり変わってきている。

以前は「彼が冷たい」とか「自分の言うことを聞いてくれず横暴だ」というようなものが多かったのだが、最近では「頼りない」のひとことでくくられるものがほとんどなのである。

 

最近の若い男性の頼りなきは、よくマスコミでもとりあげられるが、かなりの部分事実であることが、 女性誌の読者の声を通して実感できる。

オドオドしながらも、「ディズニーランドに行かない?」と誘ってくるのはまだいいほうで、「どこかへ行こう」と誘っておきながら、いざ会う「どこへ行きたい?」「なにを食べたい?」といっ た調子で、なに一つ自分で決めようとしない男がふえているのだ。

これでは、「こんな優柔不断な男はイヤ」と、二度とデートに応じたくなくなる女性にも同情したくなる。

 

女性は、自分に決定権を委ねられるのを嫌う。

「ディズニーラン ドに行かない?」と誘うのは、いちおう案は提出しているが、最終決定を女性に委ねる方法である。

しかし「どこに行きたい?」では 案の提出まで女性に求めようとする。

スポンサードリンク

 

こうなるともう決定権うんぬん以前の問題であろう。

「頼りがいがある」というのは、男性が女性を魅きつけるのにきわめて重要な条件の一つだ。

本来、男性は外で獲物をつかまえて家族に食べさせ、また家族を守るために戦う存在である。

 

夫が働いて給料を稼ぎ、妻が家庭をとりしきるというのは、たしかに慣習や伝統にはちがいないが、同時に現代においても男女の関係の基本という ことができる。

つまり頼りにならない男性は、極端にいえば男としての価値が低いということになるのだ。

デートと結婚はかならずしも結びつかないが、頼りがいのあるパートナーを女性が欲していることには変わりがないのである。

 

彼女の望みを最優先させる優しさと、決断を彼女に委ねる頼りなきはまったく別物なのだ。

こうした男性の「決断力」を、女性は男性のささいな行動にも見ている。

たとえば、レストランで、メニュ ーひとつを決めるにもアレコレ迷っているようでは、「頼りない男」の熔印を押されかねない。

 

いまでは、女性のほうがサッサとメニュ ーを決めることも珍しくなくなったと聞くが、そういう状況なら、 なおのこと、男性の決断力が光ってくるのだ。

 

 

あいまいな態度の女性には 強いリードで迫ろう

 

最近は、挙式直前の婚約解消とか、新婚旅行から帰ったとたんに 離婚する「成田離婚」がふえている。

一つには、結婚を人生の一大事と真剣に考えていないせいでもあるが、女性のほうが男性に幻滅を感じたというケースが少なくないようだ。

私の関係している会社のOLで、式の二週間まえに婚約を解消した女性がいる。

 

たまたま彼女から、その話を聞く機会があった。

「新婚旅行はスイスに行くことになってたんです。

向こうへ行ってから、観光のオプションがいろいろあって、彼は、どれにしようか、」と私にアレコレ相談してくるんですね。


スポンサードリンク

 

私はよくわからないから、 彼にまかせるつもりで、はっきり返事しなかったんです。

そしたら 突然、「キミは熱意が足りない」って怒鳴られたんですよね。

そのとき、イヤな感じがしたんです。

 

そのうちに、私が迷っているときにかぎって、彼が暴君じゃないかと思わせるような態度を、だんだん出すようになって、幻滅を感じはじめたんです。

彼にもそう言ったら、「ボクも、キミを見損なっていた」って言うんで、それなら、ということになったんです。

私の年代の常識では、よく婚約したものだと理解に苦しむが、これが当世風なのだろう。

 

それはともかく、同じような ケースは、デートでも起こりうる。

たとえば、デートで食事をするとき、彼が「中華料理にしようか」とか「イタリア料理にしようか」と、いろいろ聞いても、彼女は「なんでもいいわ」と反応を示さない。

こんなとき、「はっきりしろ!」と怒鳴ってしまっては、デートは失敗に終わるどころか、 交際そのものが終わりになりかねない。

 

女性は、重大な事柄であればあるほど「どちらかに決めていい よ」と言われると、すぐに答えられないことが多い。

自分に責任が かかることをできるだけ避けたいと思っているのである。

そして、 彼なら自分の気持ちを察して、決めてくれるだろうと期待しているのである。

 

要するに、女性があいまいな返事しかしないときは、男性にイニシアチブをとってほしいというサインを出しているわけだ。

このようなときは、女性を引っ張るつもりで、多少強引に運ぶくらいでいい。

もちろん、彼女の気持ちを考えたうえでのリードである。

 

女性の煮えきらない態度は、男性にとって頭痛のタネだが、頼りがいのある男と彼女にアピールする絶好のチャンスだと考えればい いのである。

 

関連記事

→好きな女性へのプレゼントの渡し方とコツ!

→男性はデートの計画を立てるべき!その立て方とは?

 


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る