好きな女性へのプレゼントの渡し方とコツ!

Pocket

プレゼントは、 こまめに贈るほうが一点豪華よりも効く

 

女性の気持ちをつかむのに、プレゼント作戦は効果的な心理戦術の一つだが、このプレゼントの贈り方にはコツがある。

女性心理も知らないで贈ったのでは、自分で考えたほど自分の「想い」が伝わらない。

たとえば、自分はこれだげ思っているんだということをわかってもらおうとするあまり、高価なプレゼントを渡すことがある。

 

ところが、こちらの思いほど彼女のリアクションが返ってこなくて、がっかりしたり。

「あんなにお金をかけたのに」と肩すかしを食ってしまうケースも少なくない。

こうしたケースに出会ったときに考えたいのは、高価なプレゼントが女性に対して、どのような効果があるのかということだ。

 

ミツグくん。

という言葉も生まれたように、最近の若い男性は女性に対して高額な贈り物をすることが、女性の心を自分に向けさせるいちばんの方法だと考える傾向が少なからずある。

だが、 ミツグくんたちのプレゼント作戦が実際どれだげの効果をあげているかと言えば、さほどでもない。

スポンサードリンク

 

 

たとえば、自分が、さして親しくもない友人から思いもかけぬ高価な贈り物をもらったと想像してみてほしい。

ふつうなら「これはありがたいものをもらった。あの人はいい人だ」などと考えるまえに、いろいろ疑ってみるはずだ。

「この人には下心がないだろうか」

 

「あとで、なにかとんでもない見返りを要求されるのではないか」 と思うと、そう簡単に受け取れないだろう。

そして、贈り主である相手にも、すこし距離をおくようにするはずだ。

これは、女性へのプレゼントにもそのまま応用できる。

 

女性は、 高いものをくれるのだから、この人はその金額に見合う愛情をもってくれているのだとは考えられない。

むしろ、交際の初期に高価なプレゼントをもらうと、自分の気持ちも相手のこともまだはっきりわからないため、心理的な負担となることが多い。

だから、知り合って間もない時期には、彼女が心理的負担を感じずにすむ程度のものをたくさんプレゼントすることだ。

 

それなら彼女も気軽に受け取ってくれるし、自分の気持ちをうまく伝えることができるだろう。

それは、ちょうど借金の手口に似ている。

最初は少額で、こまめに返していく。

 

そうしていくうちに相手が心を許したところで、大金を借金する。

高価なプレゼントも、親しくなってからなら充分有効なのだ。


スポンサードリンク

 

このひとことを添えると、 彼女もプレゼントを 受け取りやすくなる

 

世の中には、お中元やお歳暮を無駄なものだと決めつける人もいるが、実際にはなかなかなくならない。

一つには、相手への好意を示すのに、またとないいいか口実が中元・歳暮にあるからだが、 女性へのプレゼントにも「中元・歳暮心理作戦」はつかえるはずだ。

男性のプレゼントを受け取ろうとしない女性心理には、男性と同等でいたいという気持ちがある。

 

そのために、プレゼントをもらうことによって相手に対して「借り」をつくりたくないと考えている場合が多い。

そこで、プレゼントを渡すときに彼女がそれをもらうことによって「借り」ができると思わないように、負担を感じずにすむような 口実を設けてあげればいい。

中元・歳暮でなくてもそれはかまわない。

 

「出張のお土産だから、 みんなで食べてよ」とか「旅行先で見つけたんだけど、あんまり可愛いので思わず買ったんだ。職場にでも飾って」というように、受け取りやすい状況をつくれば、彼女も素直にプレゼントを受け取っ てくれるだろう。

親しさがまださほどでないなら、プレゼントを贈る対象を彼女一人に限定せず、複数の人数にすれば、受け取るほう も負担を感じずに受け取りやすくなる。

それでは気持ちが伝わらないのでは、と心配するかもしれないが、何度かくり返しているうちに、彼女もこちらの気持ちを読みとってくれるものだから安心していい。

 

「ボーナスがでたから」

「競馬が当たって儲かったから」という口実でもいいだろう。

これはついでみたいなものだから、というニュ アンスを含ませたり、けっしてキミにプレゼントをするために無理をしているのではないんだから、負担に思うことはない、という気軽さを演出すれば、彼女もプレゼントを拒めなくなる。

 

だが、ときにはそれでもプレゼントを受け取ろうとしないことがある。

「そんなことしてもらっては悪いから」

「かえってそれじゃ心苦しいから」などと言われるケースだ。

 

そんなときには一種の バーター契約をもちだすのもいい。

つまり、「とにかくそんなこと言わないで、受け取ってよ。その代わりに今度のオレの誕生日のときに食事でもごちそうして」といった 取引を提案してみるのだ。

こうすれば彼女は自分がプレゼントをもらっても、つぎに自分からなにかしてあげることによって貸し借りがなくなるという意識が働くために、必要以上に受け取りを拒否する態度をとることはなくなる。

 

ただ、バーター契約をしてその女性が本当にお返しをしてくれることを信じてはいけません。

男なら、口だけいって見返りを持たない方がいい印象を持たれるだろう。

 

関連記事

→好きな彼女を独占する方法!

→好きな人に誰か紹介しては脈なしのサインなのか?

 


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る