好きな彼女を独占する方法!

Pocket

彼女を独占する方法

 

ある男性の話です。

 

彼はいつも素敵な女性とつきあっているわりには、なかなか身を固めようとはしません。

「そろそろ結婚したらどうだ。好きな人いるんだろう」

と聞くと、「いることはいるけど、ダメなんだよ」と言います。

 

「なぜ?」と聞くと、理由はこうでした。

彼は好きな女性ができると、恋い焦がれて、じつに熱心に口説きます。

彼女の好みを調べ、本当にまめにアプローチしているようです。

スポンサードリンク

 

彼は二枚目というわけではなく、そこそこのサラリーマンですが、楽しい性格とまめなその努力が実ってか、人もうらやむ女性を射止めてしまうのです。

ところが、すべてうまくいって、相手の女性が本気で彼を愛しはじめると、彼の雲行きがあやしくなります。

あんなにマメだったのに、なぜか好きな女性と距離を置くようにしてしまうのです。

 

女性のほうは、そんな彼を見て、「ほかに好きな人ができたのでしょう」、「いままでのやさしさは嘘だったんだ」と言って、彼から離れていきます。

彼は二人の女性と同時につきあっていたことなどありません。

ただ、「女性との関係が安定してしまうと、もの足りなくなる」のだそうです。

 

恋愛の醍醐味は、「片思い」にある、と言った人がいましたが、なるほど、片思いしているときほど、相手への思いが強いときはないかもしれません。

「彼女は、僕のこと気があるみたいだけど、つきあってくれるかな」

「ほかに好きな人がいるようだ。やっぱりダメだろうな」

 

などと、もんもんと考えているときが、相手への思いが高まるときではないでしょうか。

女性も、この片思いの切なくて楽しい思いは同じではないでしょうか。

ただ、男性と女性とでは少々違うかもしれません。

 

片思いがうまくいき、つきあいはじめると、女性は、よりいっそう彼にいつもそばにいてほしいと思い、男性は、関係が安定してしまうと、そうベッタリしなくてもいいように思ってしまうことがあります。

先の男性ほどではないにしても、手に入れると興味が薄くなるということもあります。

でも、そこからゆっくりしたつきあいがはじまり、情が移っていき離れられなくなるということもあるのです。


スポンサードリンク

 

しかし、こういうことを女性からも聞いたことがあります。

小学校の先生をしている彼女は、仕事が忙しく、日曜日ぐらいはゆっくり休んでいたいと思うのに、彼が会いたがるのだそうです。

「彼は、私と会ってデートするのが趣味なの。ほかに趣味がないから困ったものだ」と話していました。

 

もちろん、その話のあと彼女は彼と別れたようですが、こういう話は男性側に多いようです。

「日曜日ごとにデートするよう電話がかかってくるんだ。たまには寝ていたいのに」

「デートに行こうとしたら、バイクでツーリングしているやつらを見かけたんだよ。

 

ああ、彼女と映画なんか行かずに、バイクで走りたいなあと思った」

などという話はよく聞きます。

つきあいはじめたら、相手を独占したくなる、誰にでもあることです。

 

でも、彼(彼女)が離れていってしまう理由の中には、あなたが相手を束縛しすぎている場合はありませんか。

けっして、嫌いになったわけではないのに、「好きだ、好きだ」と押されると、逃げたくなる心情が男性には強いようです。

そんなときは、片思いがなぜ恋心を募らせるのか考えてみてください。

 

「私を好きなのかしら、何を考えているのかしら」

そんな揺れる思いが、胸を締めつけるのです。

恋をするには、「自分をさらけだすことが必要」と言いましたが、ただ自分を押しつけてはいけません。

 

また、たまには、

「あいつ、何を考えているのだろう」

と思わせるのも、彼の心を新鮮に保たせる方法かもしれません。

 

「あなたが必要」と「あなたがいなくても大丈夫」という一見矛盾したメッセージを送り、相手の気持ちを1ヵ所に落ち着かなくさせるのです。

あなたの二面性を見せられた彼は、あなたの中に居場所を探そうと、ますますあなたに気持ちが束縛されてしまう状況になります。

男性は、女性との関係にすぐに安住してしまう傾向がありますから、ときどき初心に返らせる必要があるかもしれません。

 

関連記事

→付き合っている彼や彼女。冷めたときの対処法は何?

→前の彼女の話をする男性心理

 


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る