子猫の予防接種は?目ヤニや涙は要注意!?

Pocket

ネコの予防接種の種類と意味

 

健康な子ネコは母ネコからの免疫をもらっていますが、なかには母ネコの母乳を飲めなかったりして免疫がない子ネコもいます。

また、母ネコからの免疫は一定の時期を過ぎると切れるので、必ず予防接種を受けさせて、予防できる病気に対処するべきです。

・子ネコの予防接種はいつ受ける?

 

一般的には、子ネコは生後2、3か月頃、初めてのワクチン接種によ感染症予防をすることがすすめられています。

ちょうど子ネコを家に迎える時期がこの頃です。

子ネコを買う、あるいはもらってくる場合は、ペットショップなど今までにいたところでワクチン接種を受けているかどうかを必ず確認してください。

 

ワクチン接種をしているなら、その時期と内容(通常は三種混合ワクチン)を聞いておきます。

ペットショップやブリーダーなら、証明書をもらっておくと安心です。

動物病院に行くときは、その証明書を見せて、2回目以降のワクチン接種の時期を相談しましょう。

スポンサードリンク

 

予防接種をまだl回も受けていないようなら、家に迎えて子ネコが落ち着いたら、早めに動物病院へ。

3か月くらいであれば、すぐに初めてのワクチン接種を受けさせます。

1回目のワクチン接種をしたら、約1か月後に2回目のワクチン接種を受けましょう。

 

2回目の接種後、1、2週間くらいで、子ネコの免疫が成立。ワクチンの効果で血中に抗体ができ、約1年間は持続するのです。

その後は年に1回受ければよいので、毎年忘れずに予防接種を受けさせましょう。

 

・生後3か月よりも早い時期に受けたほうがいいケース

ワクチン接種は、4週齢(生後1か月)くらいになれば受けることができます。

これは子ネコを拾ってきた場合や、家にいる先住ネコや母ネコに呼吸器症状が出たことがある場合などに、とくにすすめられています。

 

4週齢の子ネコは母ネコからもらった免疫があり、これが強いとワクチンが負けて、せっかくの接種がムダになるケースもあります。

けれども、母ネコからの免疫が弱ければ、接種したワクチンが威力を発揮。

この時期に発病して、致命傷になるのを予防することができるのです。

 

子ネコに免疫力があるかどうかは、外見を見てもまったくわかりません。

ですから、生まれるまでの環境がよくないと思われる捨てネコなどは、念のために早めの接種をおすすめします。

2回目は約1か月後に、それ以降は年に1回受けさせます。

 

・ワクチン接種で予防できる病気は?

ネコの予防接種では、三種混合ワクチンの接種が一般的です。

三種混合ワクチンは、FVRV(猫ウイルス性鼻気管炎)、FCV(猫カリシウイルス感染症)、FPLV(猫パルボウイルス感染症)の感染を予防するものです。

 

ネコがかかる代表的な感染症で、子ネコがかかると死亡率が高いので、予防のために必ずワクチン接種を!

これにプラスして、FeLV(猫白血病ウイルス感染症)の予防接種もあります。

ただし、生後5か月以上に成長した子ネコだと、すでに白血病のウイルスキャリアのことも。

 

元気に見える子ネコでも、発病していないだけでキャリアだったという場合です。

そのため、白血病ワクチンを打つ前には、血液検査でウイルスチェックが必要になります。

はじめの検査でキャリアてないことがわかれば、2回目以降は検査は不要です。


スポンサードリンク

 

・子ネコの健康診断を受けよう

予防接種だけでなく、子ネコの健康診断をしてもらっておくと安心です。

とくに拾ってきた子ネコの場合は、病気にすでに感染していたり、先住ネコがいる場合は病気を移してしまう心配もあるので、きちんと調べておきたいですね。

 

とくにウイルスチェックが必要なのは、FeLV(描白血病ウイルス感染症)、FIV(猫免疫不全ウイルス感染症=猫エイズ)、FIP(猫伝染性腹膜炎)の3種です。

感染すると治りませんが、すぐに発病するとは限りません。

ウイルス自体は強いものではないので、もしもウイルスチェックの結果、子ネコが感染していて、ほかに先住ネコがいるときは、分けて飼うようにしてあげます。

 

ネコ同士の接触を避け、食器を共有するなどは絶対にしないこと。

あとは、人間が清潔にしていてあげれば、ほかのネコには感染しません。

また、子ネコに寄生虫がいる可能性もあるので、検便をしておきましょう。

 

腸内寄生虫のコクシジウムは子ネコに多く、発病するとゲリや発熱があるので、薬で駆虫します。

ほかの回虫やパルボウイルス感染症も検使で検査することができます。

 

・ノミや皮膚の状態もチェックしておこう

子ネコには、すでにノミがいる場合も多いので、これもチェックして早めに処置をしておくべき。

持ち込まれると部屋でノミが増え、ほかのネコや犬はもちろん、人間も被害を受けます。

 

部屋で増えたノミはとても強いので要注意です。

また、カイセン、ミミダニなどの皮膚病があることもあります。

見るからに、目ヤニや涙が多く出ている子ネコもいるでしょう。

 

これらの皮膚病も、あらかじめ動物病院でしっかり検査してもらいましょう。

これからずっと健康に過ごしてもらうためにも、子ネコの健康診断は欠かせないのです。

 

関連記事

→拾った猫や迷い猫の飼い方と育て方!

→猫の鳴き声がうるさい!避妊手術はいつすべき?

 


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る