宮城県の性格や宮城県カップルのデートでアプローチするときは?

Pocket

宮城県

 

▼姓ベスト5

阿部が多いのが宮城の特徴(笹かまぼこの阿部蒲鉾店は有名)。

佐藤、佐々木は東北に多い姓。

 

高橋は東日本、鈴木は関東に多い。

気仙沼は、小野寺、熊谷が多い。

 

▼男性のタイプ

・性格

忍耐強く、人あたりもいい。

のんびり屋で何事にも慎重だが、そのぶん、ファイトが感じられない。

 

こうと思うと人の意見に耳を貸さず、自分の考えを頑強に押し通そうとする面もある。

他人に軽視されると、不機嫌になることも。

 

・仕事ぶり

まじめだが、自分の意見を押し通そうとするから、協調性に欠けるきらいがある。

大手企業に入って出世を望むタイプではない。

 

どちらかというと公務員向き。

技術系がいい。

 

・恋愛・結婚

恋愛には積極的。

面食いタイプが多い。

 

従順な女性が好み。

穏和で女性にはやさしい。

思い込んだら命がけ。

 

比較的早婚だが、結婚しても家計に口出しはしない。

子煩悩な父親になる。

スポンサードリンク

 

▼女性のタイプ

・性格

うるさくないし、こせこせしたところがない。

 

おおらかな女性が多く、明るく積極的。

騒ぐときはハデに騒ぐ。

 

・仕事ぶり

バリバリ仕事をするタイプではないが、仕事はまじめにこなす。

華やかさはないが、ミスをして怒られたり落ち込まない芯の強さを持っている。

 

普段は目立たなくても、飲みにいくと盛り上がる人が多い。

 

・恋愛・結婚

すべてのことに慎重なので、よほど信頼関係がないと恋愛にまで発展しない。

比較的早婚だが、結婚しても夫の尻を叩かない。

 

歳をとるほど色っぽくなる人が多い。

 

▼宮城県の禁句やタブー

早急に結論を求めないこと。

じっくりつき合うのが一番。

 

宮城のササニシキが一番だと思っているから、ライバルの新潟のコシヒカリをほめないこと。

 

・殺し文句は?

「一度、ササニシキを食べたら、他の米は食べられませんよ」などと、プライドをくすぐること。

牛タン、笹かま、「萩の月」(菓子)をほめるのもいい。


スポンサードリンク

 

宮城県の人とのつき合い方

 

▼女性へのアプローチ法は?

すべてのことに慎重なので、信頼関係ができないと恋愛関係にまで発展しないが、警戒心はあまり持っていないので、気軽に誘うことがポイント。

情熱的に口説き、信頼を得ること。

 

デートのファッションもスポットも、流行最先端がグッド。

 

〈他県出身男性との相性〉

岩手(内陸南部)、福島(中通り) とは相性がよさそう。

長野、岐阜とはイマイチ…。

 

▼男性へのアプローチ法は?

へたな小細工をするより、率直に「あなたが好き」と気持ちを伝えたほうがいい。

その場合、「軽いノリ」ではダメ。

 

心底から投げかけられる告白に、彼の心は揺らぐはず。

デートはテレビで紹介された店など、ちょっとミーハーな場所が好き。

 

〈他県出身女性との相性〉

北海道、東京とは相性がよさそう。

大阪、高知とはイマイチ…。

 

▼宮城県の有名人は?
鈴木京香、中村雅俊、佐々木主浩、菅原文太、生島ヒロシ、みなみらんぼう、大槻義彦など。

 

関連記事

→岩手県はわんこが名物!?岩手県盛岡などの恋愛タイプやアプローチとは!

→北海道の芸能人や男女の性格、恋愛アプローチ法!温泉は殺し文句!?

 


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る