家具や寝具の夢は今の自分の心境を表している!?

Pocket

【寝具】

枕は安心感を表わす。

また、自分にとって大切なものを象徴していることがある。

毛布、タオルケット、掛け布団は、保護やスキンシップを求める気持ちを表わす。

 

【洗濯機】

洗濯機が洗う服は、人に見せる表向きの顔を表わしている。

そこから人とのつき合い方や、他人に対する態度を改めたいと思っていることを示している。

また、汚名を返上したり、名誉を挽回することを表わす。

スポンサードリンク

 

家具の夢を見たら何か起こる?

 

【掃除機】

問題を解決するための手段、トラブルを処理する方法を意味する。

ネガティブな感情を取り除くことを表わしている。

 

ハンディークリーナーを使うのは、さほど困難を感じないで問題を解決できることを暗示している。

また、問題自体が大したものではないことを示している。

 

【ソファー】

安息や憩いの象徴であり、精神的余裕や心の豊かさを表わす。

また、誰かにもたれかかりたいと思っていること、つまり依存的な感情の表われでもある。

 

【棚】

身につけた知識や能力を、いつでも引きだせるようにしておくこと。

また、気持ちの整理をつけることの必要性を示している。

 

【タンス】

タンスの中にある衣類は、対社会的態度や役割を表わしている。

したがって、タンスそのものは社会に適応する能力や順応性を示している。

 

なんにも入っていないタンスは、社会性が未熟なこと、社会的立場の弱さを表わしている。

衣類がたくさん入っているタンスは、状況に応じた行動や役割がとれることを意味する。

つまり、それだけ社会適応力があることを示している。

 

なかが乱雑になっているタンスは、場違いな行動をとってしまうことへの警告である。

タンスに入っている小物は、過去の思い出を表わしている。

 

【ついたて】

秘密が隠されていることの暗示。

ついたての向こうは未知の世界であり、ついたてを見ているのは、未知への好奇心を表わす。

 

【机】

何かを学んだり、落ちついて物事を考えることの必要性を示している。

また、プランを立てることや義務を果たさなければならないことを意味する。

 

机の上が乱雑になっているのは、やりかけたことが宙に浮いたままになっていることへの警告である。

あるいは、勉強や仕事を怠けてしまっていることを気にかけている表われである。


スポンサードリンク

 

【テーブル】

親密になること、つき合いを深めることを意味する。

知らない人と閉じテーブルにつくのは、未知の自分を受け入れる準備が整ったことを示している。

 

【テレビ】

テレビの映像や音声は、あなたの潜在意識が外界の出来事や他人から受け取った印象を映しだしたものである。

それは、表面意識が見すごしていた点も正確にキャッチした真実の情報である。

 

また、テレビに出てくるものは、自分では気づかなかった心の動きを表わしていることも多い。

あなたの真の感情や願望が、テレビによってわかるのである。

テレビに自分か映っている場合、それは自分自身を客観的に見た姿を表わしたものである。

 

テレビをつけるのは、何かを知りたがっていること、また自分を客観視しようとしていることを示している。

テレビを消すのは、自分のある部分から目をそむけること、真実を見ようとしないことを表わす。

 

【ピアノ】

人生のレッスン。

よく生きていくためには練習が必要であり、失敗や苦しみも練習のうちなのだということを教えている。

また、右手は理性を表わし、左手は感情を表わすことから、理性と感情のバランスをとることの必要性を表わしている。

 

【引き出し】

過去の経験から学んだ知恵のありか。

また、自分自身の能力や技量を表わす。

 

新しく物事を始めるにあたって、準備が整っていることを示す。

空の引き出しは、現在の自分が力不足であること、準備が足りないことを表している。

 

【ビデオ】

潜在意識に内蔵されている情報を表わしている。

すなわち、過去の記憶、現在の不安や葛藤、未来の展望をビデオが見せてくれるのである。

録画をとる夢は、その映像があなたにとって重要なものであることを意味する。

 

映っているものの意味を考えることで、夢の内容を解釈することができる。

再生するのは、過去の体験や出来事から有益な知恵や知識を引きだそうとしていることを表わす。

あるいは、現在抱いている問題の解決方法を見つけようとしていることを示している。

 

関連記事

→金庫の夢を見るのは大切なものを失う!?夢から内心や将来がわかる!

→イスに座る夢やカーテンの開閉の夢にはこんな意味があった!

 


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る