将来お似合いのカップルになる方法って?

Pocket

将来、お似合いのカップルになる方法って?

 

夫婦が銀婚式(結婚して25年目)を挙げるころ、新婚当初と比べて、どのような変貌を遂げるのか。

夫婦の行く末を想像すると、とても興味深いものです。

結論からいいますと、基本的な変貌パターンは、似た者同士は、似た者夫婦に成長し、銀婚式の頃には、ますます似た者夫婦になってゆくのです。

 

成長という言葉は適切ではないかもしれないが、とにかく、お互いに似ることで夫婦の形ができあがる。

こんな実験があります。

新婚の夫婦の顔写真を男女別に数十枚集めます。

スポンサードリンク

 

一方で、銀婚式を迎えるころの夫婦の顔写真を同じように数十枚集めます。

そうして、どの男女が夫婦であるかを当てさせるのです。

トランプの神経衰弱の要領です。

 

この夫婦当てクイズをすると、新婚の夫婦より、銀婚式を迎えた夫婦のほうが、当たる確率が高くなる。

とくに、「幸せな結婚生活」を送っている夫婦ほど、この確率は高くなりました。

顔写真だけで判断しても、銀婚式を迎えた夫婦はお互いに似ている。

 

これに表情や雰囲気をも判断基準にすれば、当たる確率はますます高くなるはずです。

JRのポスターのフルムーン夫婦のモデルは、俳優の二谷英明と白川由美の、実際の夫婦です。

ちょうど銀婚式を迎えるぐらいの夫婦のキャリアを積んでいるはずです。

 

ポスターで見るかぎり、二人は白いスーツ姿で、ファッション的には類似性がある。

しかし、それだけではなく、二人の表情を見ても、それとなく「なるほど、夫婦だな」と思える類似性が発見できるのではないでしょうか。

二谷英明と白川由美の夫婦で、先ほどの夫婦当てクイズをしても、当たる可能性は高いはずです。

 

猿真似効果や同調ダンス効果は、意識的に相手に似せていく方法です。

しかし、夫婦の場合は、お互いに無意識に似てくるものらしいのです。

夫婦になっても意識的だったら、長い夫婦生活は疲れてしまいます。


スポンサードリンク


 

たぶん、夫婦の場合は、日常生活が基調になって、さらに似てくるのです。

結婚は、二人が折り合いをつけながら生活することです。

そうやって、二人の価値観の相違を調整して生活パターンができあがる。

 

そうしてお互いに馴染んでいくことが、一般的な夫婦の進化の方法です。

夫婦には、長年培って築いた二人だけの共通認識は多くあるはずです。

また、お互いに折れ合ったり、影響し合ったりしているのですから、お互いに似てくる。

 

似ているほうが、お互いに、生活に便利という面もあると思います。

結婚して、二人とも自分の世界に閉じ込もっていては、何のための夫婦生活かわからないですし、夫婦関係が破綻するケースも多いと思います。

お互いに似ることで夫婦関係は安定するのです。

 

夫婦が年を重ねるほどに似てくるのは、必然といってもいいのかもしれなしい。

自分のご両親を観察してください。

きっと「似た者夫婦」のはずです。

 

似ていることは夫婦がいい関係を維持する大きな要素です。

恋愛においても、彼と自分との類似性は、愛情が深まる大きな要素です。

仮に、二人の間に異質な価値観があった場合は、二人で折り合いをつけ、調整する努力も必要です。

 

類似点が多ければ、それだけ愛情は深まっていくはずです。

 

関連記事

→お似合いのカップルが多い理由は?|彼氏彼女の性格は正反対だとうまくいく!?

→男性が女性を食事に誘う理由と行きつけの店に誘う理由!

 


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る