嵐の感動的な怪我病気エピソード

Pocket

どうもこんちわ。芸能情報ゆうタロウです♪

ジャニーズでも仲良しグループとして有名な嵐。

そんな嵐には、さまざまなエピソードがあります。

 

今回はそのエピソードの中でも感動的なエピソード。

メンバーが怪我や病気をした時のエピソードをご紹介しましょう。

このエピソードを見たらあなたはこう思うでしょう。

 

嵐って素敵なグループだなと。

スポンサードリンク

嵐の感動的な病気時のエピソード1

 

仲良しグループの嵐ですが、感動的エピソードというのが多々存在します。

中でも有名なのは、メンバーのある人が病気になった時のエピソード。

その病気になったメンバーとは、おちゃめキャラの相葉雅紀です。

 

その相葉雅紀が実際に左自然気胸になった時のエピソードがこちら。

 

左自然気胸で急遽入院する事となった相葉雅紀。

もちろん、仲良しメンバーの嵐だけに、全員がお見舞いには来てくれました。

中でも感動的だったお見舞いは松潤。

 

早く元気になってほしいと、連絡をこまめにくれて、優しさが伝わってきたと本人が語っていました。

そしてリーダーの大野智は、お見舞いに絵をプレゼントしたそうです。

また、他のメンバーも仕事終わりにすぐ駆けつけてくれて、相葉雅紀の元気そうな姿に笑顔になったんだとか。

 

本気で心配してくれたメンバーについて、相葉雅紀本人もこうコメントしていました。

本当に1人1人が温かい心の持ち主のメンバーだと思う。

今回病気になって、改めてメンバーの温かさが分かりました。

 

こうコメントしていた相葉雅紀。

きっと心の中で「ありがとう」と心から思っていたことでしょう。

 

関連記事

→嵐のプライベートでのおもしろ仲良しエピソード

→嵐二宮和也が2014年に好きなタイプや彼女と熱愛を語る。一般人の反応は?

 

 

嵐の感動的な病気時のエピソード2

 

嵐の感動的なエピソードの2つ目は、二宮和也がリンパ管炎になった時です。

この時、嵐はツアーの真っ最中で場所は横浜でした。

そんな時にでも、二宮和也はファンの方が楽しみにしているのだから!!

 

そう言い、病院から直行でコンサートに出た時の話です。

この二宮和也のリンパ管炎に関して、メンバーはかなり心配していました。

そして、メンバーそれぞれが二宮和也に、以下の様な言葉をかけました。


スポンサードリンク


 

・松潤

俺らができるだけカバーするから、本当に無理だったら俺に言ってくれ

 

・櫻井

今日はファンの方からすると特別の一日だから、にのも特別な一日にしてあげよう

 

・大野

にのの意思にとっても凄いこと!!だから俺も今以上に気合入れていくよ!

 

・相葉

本当に大丈夫なの?無理なら俺ら4人がいるんだから大丈夫だよ!

 

このように、メンバーのそれぞれが、にのに激励と心配をしていたそうです。

さすがは、仲良しメンバーであり、優しい心の持ち主の嵐メンバーですね。

 

 

嵐の感動的な怪我時のエピソード

 

嵐の感動的な怪我時のエピソードに関しては、大野智のエピソードです。

嵐のツアーの期間に、膝を痛めてしまった大野智。

そんな大野智ですが、ツアー時には常にメンバーに「怪我には気をつけろ」と発言しています。

 

そんな大野智が膝を痛めた時のエピソードです。

膝の怪我を心配するメンバーは、大野智にこう発言したと自身で言っていました。

 

・二宮

リーダーがいての嵐なんだから、ここは踏ん張らないと!

 

・松潤

リーダーがいてこそお嵐だし、ツアーでも根性見せようぜ!

 

・櫻井

今の嵐には絶対に引っ張る存在のリーダーが必要だよ!

 

・相葉

ダンスの時に辛い痛みもあるかもしれないけど、ツアー終わりまでは気合だね!

 

このように、リーダーの大野智に激励の言葉がたくさんあげられました。

ここからも、嵐の絆は仲良しだけでなく、深い絆で結ばれていることが分かります。

そんな嵐は、今後もきっと注目されるグループの最前線でいることでしょう。


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • 2014年 10月 20日

    名古屋でコンサートがあったとき、リハーサル中に櫻井さんが転落したけど、腕に包帯を巻いてそのままコンサートに出ました。何という感動エピでしょう(涙)

      • yuutarou
      • 2014年 10月 21日

      希さん。
      3回目のコメントありがとうございます。

      情報提供有難うございます。
      プロ意識の高さが分かりますね。
      今後は大きな怪我なく、コンサートも終えれればいいですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る