川の流れで意味が変わる!海や崖の夢は何かの危機かも!

Pocket

【池】

あなたの内面を表わす。

水面が淀んでいるのは、何か感情的にうつしていることや、悪い想念で心のなかが充満していることを表わしている。

 

【泉】

泉は救いやいやしのシンボルであり、前途に希望がもてること、心がいやされることを暗示している。

泉は休息の場所でもあり、今のあなたには一息ついてエネルギーを蓄える必要があることを示している。

 

また、清らかなものの象徴であり、深い知恵や英知を表わしたりもする。

スポンサードリンク

 

夢で自分の危機が分かる!?

 

【井戸】

表面意識と潜在意識を結ぶパイプである。

井戸の水は潜在意識そのものを表わしている。

 

井戸の水を汲むのは、潜在意識とのコンタクトをとることを示している。

また、深い知恵を汲みだしたり、眠っていた能力を引きだすことを意味する。

 

【海】

潜在意識のシンボルであり、心の深淵を表わしている。

海には魚や貝など無数の生物が生息し、ときには思わぬ財宝が隠されていることもある。

 

そのことから無限の可能性を象徴し、潜在能力や未知の世界の存在を暗示している。

また、波は感情のシンボルであり、波が静かか激しいかによってそのときの感情の状態を推測することができる。

・海を眺める夢は、自分を客観的に見つめることを意味する。

 

・船から海を見るのは、心の深淵をのぞこうとしていることを表わす。

・公害で汚れた海は、悪感情を周囲に垂れ流していること、そしてその結果、自分自身を損なっていることを示している。

また、大切なものを失いかけていることへの警告でもある。

 

【海辺】

表面意識を意味する。

 

【オアシス】

心のやすらぎや慰めとなるもの、またそれが得られる場所を表わす。

希望。

 

行けども行けどもオアシスが見つからないのは、先が見えず焦燥感にとらわれていることを表わす。

また、前途に希望が持てないことの暗示。

 

【丘】

手近な目標を象徴している。

ちょっとした努力で叶えられる願望を表わす。

 

・丘から降りるのは、今の自分に飽き足らないことを示している。

 

【崖】

崖はせっぱ詰まった状況を象徴し、もう逃げられないことを示している。

崖の夢を見たら、腹を据えて現実に立ち向かっていくことが最善の策である。

 

また、崖の夢は《一か八か》の勝負に出ようとするときに見ることが多い。

一歩間違えればあとはないという危機感が、崖のイメージとなって表現されるのである。


スポンサードリンク

 

【川】

人の一生や、時間の経過を意味する。

今までの世界と新しい世界との境を象徴する。

 

また、川は心の動きを表わし、水の流れ方によって意味が異なってくる。

・さらさらと流れる川は、穏やかな心境を示し、激流はまさに激情を表わす。

・水が干上がった川は、干からびた心を暗示している。

 

川を渡る夢は、新しい人生に向かっていくことを意味する。

途中で立ち止まってしまうのは、その勇気が萎えてしまったこと、前進することへのためらいを表わしている。

大きな川を越えていくのは、困難や障害を克服しようとしていることを示している。

 

川を上る夢は、世の中の動きに逆らったり、困難に立ち向かっていくことを象徴している。

 

【砂漠】

人間がもともともっている根源的な不安を象徴している。

砂漠の夢は、《人聞は究極的にはひとりなのだ》という厳粛な事実を教えている。

 

そこから、孤独感や寂塞感を、また頼りなさやよるべなさを表わしている。

 

【湿原】

じめじめとした感情の象徴。

湿原に入り込んで足をとられてしまうのは、自分自身の感情に手を焼いていることを表わす。

 

【島】

島の夢は、自由への憧れを表わし、日常生活から離れることや、現実逃避を意味する。

また、島は独自の世界を象徴し、自分自身の拠り所や精神的基盤、あるいは安全地帯を意味する。

 

【石仏】

安らぎやいやしのシンボルであり、またあなたを導く教えや知恵を表わしている。

朽ち果てた石仏は、忘れられてしまった存在やあなたがその価値に気づかないものを象徴している。

 

【底無し沼】

誘惑に負けてしまうことへの危険性を示しており、深みにはまって抜けられなくなることへの警告である。

淫らな性、許されない愛情、薬物、ギャンブルなど、自分を破滅に追い込むようなものに関わっている人は、底無し沼の夢を見ることが多い。

 

関連記事

→電車や飛行機などの夢は目標や人生の軌道を象徴している!

→人魚やイルカなどの夢は未来がよくなる予兆!?

 


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る