彼女や熱愛の噂無し二階堂高嗣。好きなタイプや結婚と伝説話の反応

Pocket

どうもこんちわ。芸能情報ゆうタロウです♪

Kis-My-Ft2で活躍している二階堂高嗣。

そんな彼ですが、彼女や熱愛の噂は全く無し。

 

女性より、仕事って感じのイメージがありますね。

ですが、二階堂高嗣も人間。

きっと過去には一目ぼれなんかもあったでしょう。

 

さてさてそこで二階堂高嗣の恋愛感は?

という疑問を持ったので、調べてみることにしてみました。

すると、雑誌で好きなタイプの女性や理想の女性にこう発言していました。

 

なるほど~って感じでしたね。

また、二階堂高嗣の伝説ってしてますか?

この伝説に関してですが、とっても興味深い内容でした。

 

そちらもご紹介していきますね。

スポンサードリンク

二階堂高嗣の伝説話って?

 

二階堂高嗣といえば、とっても笑顔が素敵ですよね。

そんな彼ですが、こんな伝説があります。

ファンの方ならもう知っていることでしょう。

 

それは二階堂高嗣が、グループメンバーとご飯に行ったときのことでした。

最近仕事が忙しくて、メンバーでご飯は行っていなかったらしいです。

久々のメンバーご飯。

 

それだけに、皆テンションも高めでお酒も入りいい感じに。

その時でした!!

グループのお兄さん的存在の藤ヶ谷太輔がイタズラを。

 

なんと彼の飲み物に、分からないように、いろんな飲み物を混ぜたんです。

味の違いにさすがに気づいた二階堂高嗣。

とってに、笑顔でまずっと一言。

 

どんなにイタズラをされようが常に笑顔みたいですね。

他にも、二階堂高嗣の天使エピソードはあります。

→千賀健永が彼女や熱愛の好きなタイプと結婚に発言。潔癖のエピソードと。

 

それは、両親との思い出の話をしていた時でした。

母の日だったその日、ここまで育ててくれた母に、手紙を送った二階堂高嗣。

その手紙の内容は…

 

なんとなんとまさかの1000文字を越えていたそうです。

あまりの感謝の気持ちの多さに、お母さんは号泣したんだとか。


スポンサードリンク


 

ここから分かることは、とっても優しい人柄。

これが分かりますよね。

 

笑顔は作り笑顔ではなく、本当に自然に出る笑顔なのでしょう。

→宮田俊哉が彼女や熱愛と好きなタイプ、結婚を語る。ツイッターの反応

 

 

二階堂高嗣の好きなタイプと結婚願望は?

 

好きな子が出来たら、まず話さなくなって目も合わさない。

そうやって1週間後にいきなり告白する。

駆け引きじゃないよ (笑)。

 

自分の気持ちを整理するための1週間。

だから告白は自分からする。

直接会ってストレートに好きっていう。

 

結婚願望はあるよ。

別に早く結婚しなくても、将来的に家庭を持てればいいかな。

自分の家族が好きだから、こういう家族を自分でも持ちたいんだ。

 

両氏も理想の夫婦だよ。

本当にラブラブだからね。

子供は男、女、男の順で3人欲しい。

 

兄ちゃんと弟が女の子を守ってって感じが良いでしょう。

とにかく兄弟は欲しいよね。

自分がお姉ちゃんがいてよかったと思うから。

 

俺も、一人っ子だったらわがまま田舎だったと思うよ。

今もその気配はあるけど(笑)

特に秘密はないけど…あ!

 

ビリヤードを始めた理由が女の子にモテたいか始めたこと(笑)。

でも、やり始めたら本気でハマッちゃって、今ではガチでやってる。

結局モテなかったけど、そんなことどうでもいいくらいに今は夢中だよ。

 

要するに、二階堂くんの好きなタイプは恥ずかしがり屋の自分を受け入れてくれる人です。

好きな人の前では、緊張して話すことがあまりできないそなのです。

「1週間」しっかりと彼女と付き合ったらどんなことをしてあげようとかを考えるそうです。

 

気持ちの整理というよりは、彼女とのデートプランや結婚生活をイメージするそうです。

ずっと彼女とは、ラブラブでいたいし、付き合うなら結婚まで考えるのが二階堂さんなのです。

二階堂さんは本当にビリヤードがうまいらしいです。

 

時間がある時は、ビリヤードの練習をしているらしいですからね。

でも、モテなかったのは意外でしたね。

普通、二階堂さんのルックスでビリヤードがうまかったらモテると思うんですけど…。

 

テレビでもいいから、ビリヤードをしているところを見てみたいものです。

→イケメン横尾渉が彼女や熱愛、好きなタイプと結婚に発言。なぜ料理男に?


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る