彼氏が結婚したがらないのはなぜ?|結婚に対する男性心理!

Pocket

どうも、芸能情報ゆうタロウです!

今回は話題を変えて、彼氏のとの結婚についてご紹介します。

「彼氏がなかなか結婚を切り出さなくて先が心配」って悩んでいる彼女もいるのでは?

そんな悩みを解決するため結婚に対する男性心理をみていきましょう!!

スポンサードリンク

 

結婚に対する男性心理

 

★男にとって結婚は恋の発展形じゃない

 

付き合って、ある程度の期間がたった。

たまにケンカはするけれど、それ以外に彼に大きな不満はない。

うまくいってる2人だと思う。

 

だけど、彼はいつもひょうひょうとしていて、結婚のケの字も口に出さない。

ホントに彼はあたしとの将来を考えてくれているのだろうか。

この先どうするつもりなんだろうか。

 

そんな不安に悩む女子ってほんとに多いと思います。

しかし、男ってそんなものなのです。

ある程度交際がうまくいってしまうと、彼女がいる、という日常に安心感を覚え、それがずっと続くと錯覚しちゃうところがあるので。

 

心地よくマンネリに浸っていると言ったらわかりやすいかな?

女の人って恋のドキドキハラハラをいつも求めマンネリを忌み嫌いますが、男ってマンネリ状態に関してはそんなに嫌いじゃない。

ある程度たったらその先の段階のことを考えなければいけない、という発想がそもそも乏しかったりするのです。

 

もっと言えば、男にとっての結婚は「愛が盛り上がったから」するのではなかったりします。

できれば恋の発展形として結婚があってほしいと考える女性との、一番大きな違い。

じゃあなぜ男は結婚するのか。

 

しなければならないからする。

したほうがいい時期みたいだからする。

誤解を恐れずに言えば、そういうことなのです。

 

もちろん、二十歳そこそこの若い時期なら話は別ですが。

恋の盛り上がりの炎の熱さのままに突っ走り、冷める前にもう入籍してる。

ですがこの時期を過ぎて、社会人になってからは、しなければいけない状況がこないとなかなか結婚について意識できないのです。

 

その、「しなければいけない雰囲気」が、あんまりなくなっちゃってるのが現代なのです。


スポンサードリンク


 

★結婚を迫ってこない社会

 

ちょっと前までこうじゃなかったはずなのです。

かつては周囲の人間が雰囲気をつくっていました。

親だとか会社の上司だとか親戚だとか近所の目だとか、つまり世間体を気にしていたはず。

 

「いいトシになったら、そろそろ結婚しなければマズいだろう」

「女性とある程度交際したら結婚を考えるべきだろう」というプレッシャーを、世の中が力を合わせて男に対して与えてくれた時代が少し前まではあったのです。

そのプレッシャーに押されるように、男は20代後半にさしかかるといそいそと給料3ヶ月ぶんの婚約指輪を買いに走り、プロポーズの言葉やタイミング、考えたりしてのです。

 

しかし今は違います。

30歳になっても独身のほうが多い世の中です。

もっといえばカップルの数も少なくなってきているのです。

 

さらにプレッシャーなんてほとんどない。

見合いを勧めるお節介なオバサンも会社の上司もいなくなりました。

独身でいると仕事で不利だとか半人前だとか、そんな偏見もほぼなくなりました。

 

結婚しなければいけない社会的な理由が、どんどん消えていってる世の中なのです。

つまり現代は、世間体のプレッシャーという力を借りることができない以上、恋人である女性側が何らかのプレッシャーを与えてやらないと、男が結婚する気になりにくい時代だということなのです。

社会がやってたことを、女1人でやらなきゃいけない時代。

 

今どきの結婚、できちゃった婚がかなり多いのですが。

現代に残った数少ない「結婚しなきゃいけない雰囲気」がそれです。

だからといって、誰もがすぐに実践するにはリスクが高すぎるのです。

 

体を張った賭けだから。

さすがに計画妊娠しろとは言いません。

しかし、女性側から何らかのアクションを起こさないと、いつまでたっても結婚にたどり着かないのです。

 

「あたし、いずれ結婚したいんだけど」という意志を、どこかで男に伝えなきゃいけないのです。

一回マジメに結婚について話したほうがいいと私は思います。

結婚という言葉が直接的すぎるなら「将来」でもいいでしょう。

 

女のほうから言うなんて悔しいとか、重くとられて嫌われたらどうしようとか、その気持ちもわからなくもありませんが、ホントに放っておいたらズルズルいくだけです。

1回は口に出したほうがいいです。

1人で悩んでいるよりずっとずっといいですよ?

 

★女からプレッシャーをかけてみて!!

 

男って、ここでやっと考えるから。

「こいつそこまで考えてたんだ」と、それまで実はほとんどきちんと考えたことがなかった結婚という問題について意識することになります。

もしかしたら薄々考えてないわけじゃなかったが、話題が出ないのをいいことに避けていたかもしれないことを、はっきりと意識させることが目的なのです。

 

いきなり逃げ腰になるやつもいるかもしれません。

「今は仕事が軌道に乗ってないからムリだけど、2年待ってくれ」と期限を切る男もいるかもしれません。

2年という明確な時期が出ただけでも、これはこれで収穫だと思いましょう。

 

そのときのリアクションである程度のことが読めるし、その後も関係を終わらせようとしなかったら、結婚を少しは意識したうえでの交際に切り替わることになります。

そうやって男の意識を女の力で結婚に向けていく。

今どきの男ってこんなものなのです。

 

女性に面倒ばかりかける生き物ですよね…。

 

他の人気ページはコチラです!

→カップルあるある!|彼氏が「仕事が忙しくて」と言い出したら!?

→彼氏が「結婚願望がない」と言ってくる真意!


スポンサードリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る