恋愛でやたらと目が合うのは勘違い?それとも好意がある証拠?

Pocket

恋愛で目が合うのは好意がある証拠?

 

目は口ほどにものを言うとか目と目が通じ合うとか俺の目を見ろ何にも言うなとか。

恋愛の各段階における「目」の果たす役割は大きいらしい。

口ベタ口説きベタな日本の男でも、目だけは関西人のようにおしゃべりだったりもする。

 

たしかにそういうことはあります。

だが、こと恋愛の発生段階、つまり初期も初期の段階の目には注意が必要です。

具体的に言うと、合コンの席でもオフィスでも何でもいいのですが「やたらとA君と目が合うなぁ」なんてことが起こると、「もしかしてA君、あたしに気があるのかしら」などと解釈してしまう自分がいたりする。

スポンサードリンク

 

それでもってうれし恥ずかしな気分になったりする。

男の気持ちとしてどうなのかを言うと、それはやっぱり気になる女の子の姿を知らず知らずのうちに目で追ってしまいがちなので、何かの拍子に目が合っちゃう確率は、気にな
らない女の子に対してより多くなるはずです。

ということは、やっぱりそういうこと!?

 

A君と目が合う→A君は私を見てる→A君は私のこと好きだ→どうしよ…

などと、ひとり盛り上がるのはちょっと待てほしい。

まだ早いのです。

 

どうしようも何も、コトはそう簡単ではないのです。

まず、なんで目が合ってしまうのか、についてようく考えなきゃいけません。

目が合うことによってうれし恥ずかしな気分になっているとしたら、つまりはあなたの深層心理としては、A君が気になってるわけです。

 

憎からず思ってるわけです。

仲良くなりたいわけです。

そもそも相手と目が合うことを「意識できる」ということはなぜか。

 

もしかしたら他の男とも視線合ってるかもしれないのです。

でも何とも思ってないから、その事実すら忘れてたりするのです。

でも気になる相手とだったら、少しの視線の交錯だけでも過剰に意識しちゃうのが常。

 

ということは、まずあなたのほうが先にA君のことを、知らず知らず目で追ってたということはないでしょうか?

ここ大事ですよ。

よく思い出してほしいところです。


スポンサードリンク


 

★「視線の意昧」は深読み厳禁!

 

さっきの男の気持ちの逆パターンです。

ずっとこっちから凝視していれば、それは何かの拍子で目は合うのです。

誰よりも目が合うことでしょう。

 

だけどこの場合、A君があなたを見てるのではなくて、主にあなたがA君を見ているということになるわけで、当然A君があなたのことを好きかどうかはまだまったく証明され
ておらず、あなたがA君を好きなことだけがハッキリしている…わけなのです。

だからこれは目が合ったというよりは、あなたのほうから(かなり強引に)目を合わせにいっているということ。

韓流スターの来日の際に空港に出迎えに押しかけて、「キャー、今ヨン様と目が合った。絶対あたしのほう見てたわよ!」と騒ぐ凶暴なオバサマたちと、リクツはあんまり変わらないのです。

 

そこのところを胸に手を当て、この際だから目はいったん閉じて、よく考えてみてほしい。

あたしは自分から彼のほうなんか見ていない。

なのに彼のほうからいつも視線を投げかけてくるの!

 

それがあまりに頻繁だからあたしだって気がついて、なんか意識しちゃうようになっちゃっただけなのです。

と強く強く確信できるのであれば、はじめてこれ「脈ありかも」と思っていいことになります。

ただしこの際も、自分の確信を妄信せず、確信に7掛けぐらいの謙虚さをまぶして、はやる心を抑えよう。

 

たしかに目は口ほどにものを言う。

でもそれは、まず互いの信頼関係が築けてからのことです。

知り合ったばかりの相手の視線の意味を、正しく理解することなんて不可能なのです。

 

目は口よりもおしゃべりだけど、その言葉は音声が伴わないテレパシーのようなものだから、一歩間違ったら、拡大解釈したり勝手に意訳したりしてしまいがちな、習いたての
外国語のように読解がむずかしいものなのです。

 

関連記事

→カップルがイチャつく意味や女性が髪を触ったりいじったりする意味!

→目をそらす心理!もし女性なら不倫する可能性が!?

 


スポンサードリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る