恋愛で男性が好きな女性に対する本気のアプローチ方法!

Pocket

男性が好きな女性に対する本気のアプローチ方法!

 

男って好きな女性に対してどういうアプローチをとるのでしょうか?

こういう言葉を言ってくれたから、ああいう態度をとったから。

そんな杓子定規なものではありません。

 

あるひとつの行動をあげつらって、「だから好かれてる」とは断定できない。

好きだ好きだと連発する男もいるが、あえて素っ気ないそぶりをとってしまう男もいます。

百人百様です。

スポンサードリンク

 

ただ、ひとつだけ共通点があります。

とにかくあなたの近くにいようとする。

好きな人のほうに寄っていく。

 

たとえば《いま得意先回り終えてスタバで休憩中。

これからあと2軒回ります》などと、頼んでもいないのにやたらと自分の行動報告のメールなどよこす男はいないでしょうか。

私はあなたの会社の同僚じゃないのに。

 

メールじゃなくて電話でもいいし、直接話しかけてくるのでもいいし、友達を介して動向を探ってくるかもしれないし、やたらと偶然バッタリ会ったりするのでもいい。

あなたがなにげなく話した一言を覚えていて、「この前観たいって言ってた映画のDVD、友達にたまたまもらったからさ。

今度貸してあげるよ」

 

とか理由をつけて連絡してきたり(一緒に観ない?と言えないあたりが本気度高いです。

しかもたぶんもらったんじゃなくて、これを言うために自分で買った)。

とにかく男は、いいなと思う女性がいたら、まず少しでも接したいと思う。

 

顔を見たり声を聞いたり話をしたいと思う。

メールのリアクションを欲しがる。

ただただ、好きな女性の日常に少しでも「からみたい」と考える生き物なのです。

 

これ重要なのですが、間違ってもいきなり「寝たい」とは思わないもの。

心の奥底にはあるかもしれないが前面には出ない。

それより少しでも話したい。

 

自分の言動に、彼女が何でもいいから反応してくれた、それだけでうれしい。

遊びと本命に対する接し方の一番の違いといってもいいでしょう。


スポンサードリンク


 

★「気がつけばそばにいる」彼が運命の人

 

全部これ、自分の存在を認識してもらいたいのと、同時にあなたの日常を知りたいのとでやっている。

好きな女性に近づきたい一心で。

もちろん同時に、「彼氏いるんだろうか?」という探りも入れている。

 

そのものズバリの言葉はなくとも、頻繁に連絡をとることで垣間見える相手の日常から推測しようとしている。

その過程で、自分の人となりも説明する。

ぼくの趣味はこれで、ぼくの仕事はこんなので、ぼくの夢はこういうことと積極的に素性をさらす。

 

これらはみな、無意識のうちの「ぼくは悪いやつじゃないです!」というアピールでもあるのです。

ただ、「好き」だとか「付き合ってくれ」なんて言葉が一言もない場合が少なくないので、女性サイドからしたら真意をはかりかねるところでしょう。

本気で好きな女性に対して男もいきなりは言えません。

 

根性なしが多いのですから。

失敗したくないから。

好きな相手だからこそ恥をかきたくないっていう心理が働いて、「いやそういう意味じゃなくてね」と言い訳を用意しながら、コンパスのように彼女の周りを回っているのです。

 

半径をだんだん縮めながら。

でも縮めきれずに。

ポイントとしては、男のこの種の行動が「連続している」かどうかです。

 

1度や2度なら偶然で片づきますが、4度も5度もとなれば偶然じゃないと考えていいでしょう。

というわけで、あなたの周りにこんな男はいないでしょうか。

個人個人でアプローチの方法はいろいろあるかと思いますが、気がつけばなぜかそこにいる、というような男。

 

もう一度気がついたときには、その男の趣味から家族構成から昨日の晩ご飯のメニューから、なにからなにまで、なぜか知ってしまっているような…そういう男はいないでしょうか。

幼なじみでもないのに。

1ヶ月前に友達との飲み会で紹介されただけなのに。

 

それ、限りなく脈ありです。

青い鳥は近くにいるなんて言うけれど、それは元からいるんじゃなくて、あなたに惚れてしまった男が、自発的に近くに寄ってきているのです。

「俺が青い烏なんだよ、いいかげん気づいてくれよ、頼むよ」との思いを秘めつつ、あなたの周りでもがいているものです。

 

関連記事

→男性が女性に対して「可愛い」や「タイプだ」は本音なのかその男心とは?

→恋愛でやたらと目が合うのは勘違い?それとも好意がある証拠?

 


スポンサードリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る