恋愛のタイミングを逃した人に対策法!

Pocket

デートのタイミングが2回ずれ誘いにくくなりました

 

※女性を主人公で書いていますが、男性の場合は主人公を男性と思って見てください。

 

同じ部の後輩に片思いしてるんだけど、先月、思い切ってデートに誘ったの。

でも、前日になって、どうしても行かなきやいけない用があると断られて、もう1回誘ったら、今度は彼がひどい風邪をひいちゃってまた流れちゃった。

彼とはタイミング合わないのかなと思うけど、これからも部活で会うことも多いし、すぐに忘れられそうにもなくて。

 

なんか、2回も流れると、もうあたしからは誘えないし誘いにくい。

流れた理由が向こうの都合ばかりだった場合、彼も悪いなと思っていて逆に自分から誘うのもな、と思っちゃってるかも。

片思いの場合、片思いの方が下手に見ちゃうものですが、「流れてしまったし、彼女はもうイイと思ってるかも」

スポンサードリンク

 

なんて思ってるケースもあったりするんです。

誘ってきてくれて、それが理由もあって流れている場合、相手にはなんだか申し訳ないなという記憶は残っているものです。

と、ここで1秒アクション。

 

「彼を、笑顔にしよう」と決めましよう。

誘うか誘わないか!

なんて考えると話をするにも気を使っちゃいますが、まずは「風邪、もうだいじょうぶ?」

 

なんて気遣い会話から入るなんていかがでしょう。

それで、彼との距離がなんだか遠いなと感じたらそれ以上誘わない。

その段階で玉砕はしないし、話すほど彼と仲良くなれるよね。

 

そう、そのまま彼が笑顔になるような会話ができるまで、他愛ない話を続けるのです。

1日でそうならなくてもかまいません。

これまでだってタイミングが合わなかったのですから、ここはじっくりふたりの間を温めましょう。

 

そして、彼が楽しそうな感じのとき、軽く切り出します。

「そういえば、まだデートしてもらってな~いよ!」

ふたりが笑顔で話せる関係になっているなら、デートは敢行されるか、またタイミングがずれても笑ってその話で盛り上がるはずです。

 

デートのアポより、笑わせるが勝ちです!


スポンサードリンク

 

すぐに返してはいけない!!

 

好きな人からメール(LINE)が来た-!!!

ついつい嬉しくなって速攻返事したくなりますよね。

でも、人間の心とは複雑なもので、あまりにもすぐに返事をしてしまうと、引かれたり、なめられたりしちゃうんですよね。

 

また、注意するべき点はこれだけではありません。

気持ち入りすぎたよ!!

って感じのメールやLINEだと、ちょっと気合い入りすぎでしょ^^;

 

なんて風に人間はなってしまうのです。

例えば、合コンや飲み会でいきなりお目当ての人の横に座ったとしましょう。

嬉しいんだけども、舞い上がってしまって上手く話せずに空回り。

 

なんて経験があなたにはありませんか?

それよりも最初はウォーミングアップのように、特に気がない異性と話して、その場に馴染んでからお目当ての人の横に座れたほうが、成功率は高いのです。

これはメールやLINEでも同じこと。

 

好きな人に、気持ち入り過ぎの返事をしてしまう前にウォーキングアップをしましょう!

まずは、友達は何人かの異性に何気ないメールやLINEを送ってみるんです。

「元気?何してるの?」みたいな内容で構いません。

 

中にはすぐに返してくる人もいてるでしょう。

それに返信してみたりしていると、あの人に返事を返すんだ!

なんて気持ち入りすぎモードがほぐれてくるでしょう。

 

気がつけば、少し遅い返事になるくらいの時間になっていたりします。

「すぐに返すのはあれだから…1時間後に!」

なんて言っても、気持ちが入りすぎていたら時間を置いても意味がありません。

 

1日置いても、1週間置いても気持ちが入りすぎていたら同じこと!

必要なのはあなた自身の気持ちのクールダウンなのです。

本当に恋愛したいのであれば、あなたが一番リラックスしている時間帯を選ぶことです。

 

関連記事

→恋愛心理学で見る男心の脈ありのしぐさ

→女性が職場恋愛で好きな人にとる態度

 


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る