拾った猫や迷い猫の飼い方と育て方!

Pocket

子猫はオスかメス、どっちがいいの?

 

どんな子ネコと一緒に暮らすか決めるとき、男の子にするのか女の子にするのかも迷うところ。

共同生活をする上での基未的な問題点は、オスはオシッコをひっかけるスプレー行動があり、メスは発情期の鳴き声がうるさいということがあります。

でもネコは去勢や避妊手術をするのが一般的なので、これらの問題は手術をすればクリアできるでしょう。

 

・オスネコ派活メスネコ派の言い分

「メスネコのようにズル賢い」という表現はあるけど、「オスネコみたいな処世術」なんて言葉はあまり聞きません。

では、ネコってオスとメスでそんなに性格が違うの?

 

ネコ好きの人たちに聞いてみると、答えはだいたい「イエス!」のようです。

「メスは女王様、お姫様タイプ。クールでわがままという言葉がぴったり」と、メスは気まぐれ度が高いよう。

「棚に登り損ねたところを助けてあげたら怒られた」など、プライドが高い、策略家という意見も聞かれました。

スポンサードリンク

 

でも、「人に媚びず、クールなところが、子ネコらしくってたまらない!」というのがメスネコ派の言い分です。

オスネコくんたちは、比較的おっとりタイプが多いよう。

「畳寝して、ごはんを食べて、『お腹なでてくれにや』って催促。

 

わかりやすい性格で、見ていてほのぼのしちゃう」など、ズル賢いというよりは、甘えん坊タイプのネコくんがたくさんいます。

とはいっても、ネコによって性格はまちまち。

遺伝や育った環境もあるし、本当の性格は、一緒に暮らしてみないとわからない、というのが正解です。
ネコの飼い主さんは、最初に出会ったニャンコによって、自然とオスメスの評みが決まることが多いよう。

あなたはクールなネコが好き?それとも、甘えん坊タイプが好き?

 

 

ノラや捨て猫を家族に迎えるとき!

 

「ネコを飼いたいなー」と思っていたわけではないのに、気がついたらネコと共同生活をしていた…。

なんて人が多いのが、ネコのすごいところ。

かわいそうな捨てネコを発見してどうしても置き去りにできなかったり、どこからかついてきたニャンコが家におじゃましていたり。

 

ネコとの出会いは、何の前触れもなく突然やってくるのです。

 

●捨てネコは飼い主さんを待っている

時代が移り変わってもなくならないのが、捨てネコ。

どうしてネコを捨てるの?

 

と憤慨する人もいると思いますが、実は、親ネコが子ネコを捨てる場合もあるのです。

手のひらに乗るほどの小さな子ネコが、瀕死の状態で公園などにいることがあります。

これは、もしかしたら母ネコに捨てられた子ネコかも。

 

母ネコは、ほとんどの場合、本能に従って自分の子ネコの世話をしますが、全員無事に育つケースばかりではありません。

ノラネコの場合はとくに、子ネコのうちの1匹が病気になったり、発育が悪かったりすると、その子を見捨ててしまうことも多いのです。

これは病気の子ネコをかかえてみんなで共倒れになるよりも、病気の子を切り捨て、ほかの兄弟たちを育てたほうがいいという母ネコの選択。

 

非情なようですが、それが自然界で身を守るための厳しい現実なのです。

また、母ネコが捨てる以外にも、人間に捨てられる子ネコももちろんいます。

「ダンボールに入った子ネコに『もらってください』の張り紙が…」なんて、古典的な捨て猫も悲しいことに相変わらず存在します。

 

新しい飼い主さんと出会えた子ネコは幸せですが、親離れのできていない子ネコは命を落とすことも多いし、運よく成長できても、無所属のノラになって自力で生きるしかありません。


スポンサードリンク

 

●捨てネコを拾ったら、ます動物病院へ

「捨てる神あれば、拾う神あり」というわけで、かわいそうな捨てネコと出会ってしまうことがあります。

子ネコの運命はあなた次第かもしれません。

 

もし、「うちの子にする!」

と決心したなら、家に連れて帰る前に注意してほしいことがあります。

捨てネコには、フラフラして行き倒れ寸前という子ネコも多いはず。

 

病気になっていたり、寄生虫やノミがいることもあるでしょう。

とりあえずは元気そうでも、病気に感染していることもあるのです。

家に連れて帰る前に、先に動物病院へ寄ることをおすすめします。

 

健康状態をチェックしてもらい、予防注射の相談もしておくと安心です。

また、すでに先住ネコがいる場合は、拾った子ネコをそのまま家に連れていくのは厳禁。

子ネコが病気に感染していたら、今まで元気に暮らしていた先住ネコに病原菌のお土産を持ってくることになるのです。

 

そんな不幸を招かないように、まず子ネコを動物病院に連れて行くのは、基本中の基本。

また、検査結果が出るまでは、先住ネコと子ネコを会わせないように、別の部屋に置いて「検疫期間」をおくことが大切です。
●うちの子になる?ノラ出身の子ネコを迎えるとき

「いつのまにかベランダから入ってきて、今ではすっかり我が家の一員です」という、迷いネコ出身の飼いネコさんもいます。

ノラ生活をしている子ネコでも、一度でもエサをあげると決まって立ち寄ってくれる律儀な(?)ネコも多いよう。

 

「ぜひ、うちの家族に迎えたい!」と飼い主になることを決めたなら、食べ物で誘導作戦をスタート。

はじめは食べるのをそっと見守るだけにして、近づいても逃げないようなら少しずつコミュニケーションを。

無理じはせず、少しずつお互いの距離を縮めていきましょう。

 

そして、家に入ってくるようになったら、病院で健康チェックと予防接種を受けさせます。

また、首輪もなく自由気ままに暮らしているように見えても、実はお散歩中の飼いネコだったりすることも。

そんなときは、飼われているネコかどうか、近所に聞き込みをしたり、散歩コースをチェックして帰るおうちがあるのか確認してみましょう。

 

関連記事

→猫は1匹飼い?2匹飼い?猫の目ヤニやくしゃみなどの健康チェックの仕方!

→猫の鳴き声がうるさい!避妊手術はいつすべき?

 


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る