旦那や嫁や他人が離婚する夢を見た意味とは?

Pocket

【離婚する】

結婚している人が見る離婚の夢は、現実の夫婦関係に何らかの改善すべき点があることを示している。

たとえば、二人の聞が慣れ合いになってしまっていることや、相手に依存し過ぎていることへの忠告である。

 

また、ズバリ離婚願望を表わすこともある。

結婚生活がうまくいっている人が離婚の夢を見るのは、自分では気づかない内に夫婦の聞に大きなずれや食い違いが生じていることを示す警告である。

独身者が見る離婚の夢は、独り立ちしたいという願望の表われである。

 

また、新しい自分が誕生しようとしていることを意味している。

あるいは、現在の恋人に嫌気がさしていることを表わす場合もある。

スポンサードリンク

 

【誘拐する】

誰かを誘拐する夢は、自分を変えたいという願望を表わす。

被害者は、あなたがなりたいと思っている理想の自分を表わすが、現実のあなたからすると、かなり高い目標といわざるを得ない。

 

つまり誘拐の夢は、自分を変えることが難しいと感じているときに見る。

せめて夢のなかだけでも、理想の自分を手に入れたいと思っていることを表わしている。

自分か誘拐される夢は、自分の可能性を誰かに引きだしてもらいたいと思っていることを意味し、他力本願で自分を変えようとしていることを表わす。

 

また、現実から逃避したいと思っていることの表われ。

 

【汚す】

何かを汚す夢は、潔癖で完全主義的な性格の人がよく見るものである。

心のどこかで完全癖から解放されたいという願望が、夢のなかで《汚す》という行為となって表わされる。

 

気がすむまで汚すことができれば、強迫的なまでに潔癖な性格もしだいに薄れていく。

持ち物や服などを汚される夢は、自分のテリトリーを侵害されることへの恐れや、相手につけ込まれることへの不安を示している。


スポンサードリンク

 

【読む】

自分の心のなかを調べること。

潜在意識の世界を探ろうとしていることを意味する。

 

読みとった内容は、これからのあなたにとって大切な指針となるものを表わしている。

 

【喜ぶ】

喜んでいる夢は、実際によいことが起きることを知らせている場合と、まったく現実性に乏しい場合の二通りがある。

夢のなかで苦労や努力が実り、喜びがもた‘りされる場合は、現実にも喜ばしい出来事があることを暗示している。

 

目標が達成されたり、仕事がうまくいったり、またこじれていた人間関係が好転したりする。

 

【落書をする】

自分を誇示したいという願望の表われ。

また、ふだん語ることのできない気持ちを表現しようとしていることを示す。

 

自分の勢力範囲を広げたいと思っていることを示す。

 

【留年する】

大人になることへの恐れ、社会に出ることへの不安やためらいを表わす。

社会人が留年する夢を見るのは、自分が今の境遇や立場から脱け出られないのではないかという不安を表わしている。

 

【料理をする】

新しく体験したことや学んだ知識を、自分のものとして吸収していくための工夫を意味している。

また、自分に与えられた条件をうまく活かしていくことや、当面する問題を巧みに処理することを象徴している。

 

さらに、誰かを自分の思い通りに手なずけたいという願望を示している。

 

【旅行をする】

一般に旅行する夢は、人生の節目を迎えたこと、ターニングポイントに差しかかったことを象徴している。

すなわち、新たなる成長段階に進もうとしていることを意味している。

 

また自分の生き方や人生の意味を考えたいという気持ちが強くなっていることを表わしている。

 

関連記事

→忘れ物をする夢占い。笑う・楽しいや悪口を言うなどの9つで!

→夢占いで神社参拝の意味は怖いのか?アパートやトイレなど17個紹介!


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る