松岡茉優の彼氏の噂と演技力の評価について!

Pocket

どうも、芸能情報ゆうタロウです!

ドラマ「35歳の高校生」に出演してから一気に仕事が急増した茉優さん。

GTOや斉藤さん2で「妊娠」がかなり話題になりましたよね?

今回は今人気急上昇中、松岡茉優の彼氏の噂や演技力の評価を見ていきましょう!!

スポンサードリンク

 

松岡茉優の彼氏について

 

茉優さんといえば、元ヤンキー説がありますよね?

なぜこの元ヤンキー説が浮上したかというと、ドラマ「斉藤さん2」でのこと。

ドラマ内で妊娠し、高校を中退したことから、「実際に高校中退してるのか?」と思われたみたい。

 

妊娠に高校を中退ということから元ヤンだったのでは?という噂が浮上したのです。

しかしこれはドラマ内でのことなので、茉優さんは元ヤンではありません(笑)

それはさておき、彼氏の噂に参りましょう!!

 

★菊池風磨

 

菊池風磨とは、「GTO」の共演がきっかけで熱愛の噂が浮上。

設定上カップルという関係でしたので。

さらに、「壁ドン」が話題にもなりましたよね?

 

しかし2人は共演というだけの関係で終わったみたい。

2人が交際していると言われるようになったのは、もう一つ理由があったようです。

それは、茉優さんの「演技力の高さ」だったそうなのです。

 

その演技力で視聴者たちは、「このまま2人が付き合うんじゃないか?」、「もう付き合っているんじゃないか?」と思うほど。

ほんとここまで思わせるってすごいですよね…。

 

★林遺都

 

この2人もドラマ「銀二貫」で夫婦役を演じたことがきっかけ。

夫婦役でさらに、息の合った演技力で交際しているのは?と噂が浮上したみたいです。

ただこちらも菊池風磨と同様で、ドラマだけの関係で終わった模様。

 

それにしても、演技力だけでここまで熱愛疑惑が浮上するのは珍しいですよね!

まだ、茉優さんには熱愛の噂はありました。

 

★加治将樹

 

2人は映画「サムライフ」で共演。

イケメン俳優と言われる加治将樹。

なんと2人が初フライデーされました。

 

2人はお泊りデートをしていたそうです。

さらに、自転車で二人乗りをしたり2人で買い物に行ったりと、周りから見るとカップルにしか見えなかったそうです。

しかしこのフライデーに関して茉優さんは。

 

「今は特定の男性とお付き合いしていません」ときっぱり否定。

一方の加治将樹さんは。

「役者仲間として、仲良くさせてもらっています」とあくまでも友人関係であるだけと断言しました。

 

裏はどうなのかはわかりませんが、お互いの事務所も否定していますので、今の段階では交際にまでは発展していないみたいです。

しかし、演技力の評価がとても高いことからこれからも熱愛や彼氏の噂は絶えないことでしょう。

2人の関係に関しても、これからの熱愛、彼氏の噂には目が離せませんね!!


スポンサードリンク

 

松岡茉優の演技力の評価をまとめてみた

 

数多くのドラマや映画などに出演し、その演技力が熱愛などの噂になるほど。

では、関係者や視聴者たちは茉優さんの演技力をどう思っているのでしょうか。

まずは、関係者から。

 

あまり褒めることがない爆笑問題。

その爆笑問題が茉優さんを褒めたのです!!

「演技がほんとすごいね!、一人だけ浮いてたよ?」と。

 

さらに、明石家さんまもトーク力を褒めており、ドラマや映画以外でも活躍できるとのこと。

他にもこんな声が。

 

・あの演技力を色んな女優たちも見習った方がいいと思うね

・ここまで上手いと言われて天狗にならないとこがまだまだ伸びしろがあるよね!!

・役に入り込むまでがほんとに早いし、あの演技力に見惚れてしまう

などなど。

 

次は視聴者からの声についてです。

 

・20歳とは思えない演技力(笑)

・あの演技力なら現実でもカップルに見えて仕方ないね

・これからもどんどん仕事増えるだろうな

 

などなど。

演技力の評価はとてもよかった茉優さんですが、以前は芝居が苦手でやめようかと思ったこともあったみたい。

しかし、芝居のレッスンなどを受けていくにつれ、だんだん楽しく思えてきたそうです。

 

そこで、茉優さんは思ったそうです。

「私は心の底からお芝居が好きなんだ。

苦手だから避けていた自分がバカみたい」だと。

 

今でもお芝居のレッスンはしているそうで、第一に仕事のことを考えているみたい。

今後の活躍に期待されるわけですよね♪

 

他の人気ページはこちらです!

→釈由美子が結婚できないのは性格が関係してる!?


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る