松田翔太の彼女の噂にモデルや黒田エイミが浮上の訳って?結婚を語る

Pocket

どうもこんちわ。芸能情報ゆうタロウです♪

学生時代元ヤンだった松田翔太!

部活はサッカーをしていたそうです。

 

しかし、顧問に12番を渡され松田翔太は「10番がいい」と激怒。

ユニホームを投げ捨て退部したそうです。

そんな松田翔太の過去の彼女にモデルや黒田エイミが浮上。

 

その理由はなんのか。

また、松田翔太が結婚について語っていました。

今回はこの2つについてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

松田翔太の過去の彼女の噂とは

 

松田翔太さんの過去の彼女は3人いるそうです。

一番有名なのは沢尻エリカさん。

2006年にフライデーされたことでも有名ですよね。

 

沢尻エリカさんとは同じ学校で仲がよかったそうです。

2人とも元ヤンということもあって、気があったのでしょう。

手をつないでいる2人の写真などが公開されています。

 

しかし、性格や価値観が違ったため破局。

それでも2人はまだ仲良しだそうです。

 

次にフライデーされたのは…。

黒田エイミさん。

これも2011年にフライデーされました。

 

2人は半同棲生活をしているとの噂もあがりました。

松田翔太さんの母親の誕生日会でも出席するなど。

2人の仲はとてもよかったそうです。

 

黒田エイミさんは松田翔太さんの両親たちに好評価でした。

結婚をするかもしれないと思われていた。

しかし、いつの間にか破局をしていたという。


スポンサードリンク

 

・2013年に松田翔太さんとフライデーされた忽那汐里さん。

2人は友人を通じて知り合ったといわれています。

話をしていくうちに意気投合。

 

2人は英語をしゃべれるということもあって、とても距離が近づいたそうです。

しかし、忽那汐里が所属する事務所の社長の逆鱗に触れて2人は破局したそうです。

他にも前田敦子さんや武井咲さん、戸田恵梨香さんといった有名な芸能人。

 

この人たちとも熱愛の噂もありました。

しかし、この3人の方はただドラマで共演したこと。

それが理由でそんな噂が流れたのでしょう。

 

なので、付き合ってはいないのです。

前田敦子さんとは映画の製作中止になったので。

2人の共演はありませんでしたが…。

 

イケメンでモテる松田翔太さん。

これからも熱愛の報道はされることでしょう。

 

★5月13日追記

 

モテ男松田翔太さんに新しい恋人が!?

今熱愛と噂されているのが、秋元梢さん。

2人は真剣に交際をしている模様で、交際がスタートしたのは2014年の11月頃。

 

知人の紹介で知り合った2人は意気投合し、交際に発展したそうです。

2人の交際は意外とオープンで、2人で食事デートをしたりを繰り返している姿も目撃されています。

ファンたちからは、「朝からショック…」という声も多々ありました。

 

2人の交際が発覚したことで、秋元梢さんとの結婚も視野に入れているのでは?

とも噂されています。

交際して約半年経つ2人ですが、ゴールインなるのかが今注目されています。

 

関連記事

東方神起チャンミンとユノの彼女の噂について

 

 

松田翔太が結婚について語る!

 

ある雑誌の特集で松田翔太さんが結婚について語っていました。

松田翔太さんの性格といえば。

現場のスタッフから「面倒くさい俳優」と言われています。

 

台本に納得しないと監督ととてもモメるそうです。

長ければ、2~3時間くらい撮影を中断して交渉するそうです。

では、どんな人と結婚をしたいのでしょうか。

 

「そうだなぁ。

一緒にいて、飽きない人かな。

周りの人って、結婚したら女性が性格が変わる。

 

そんなことをよく聞くからさ。

結婚しても性格が変わらない人。

料理が上手で一途な人がいいかな。

 

まぁ、そういう人と出会うには結婚しないとわからないのかもしれないけど。

付き合ってもその人の性格って全てがわかる分けじゃないからね。

そう考えると結婚っていいよね。

 

相手の性格をすべて知る前に結婚することである意味飽きないのかも。

性格を全て知って結婚すると、何も変わらない生活になるのかな。

だから離婚とかしてしまうのかもしれないね。

 

オレが結婚するのは、まだまだ先かもしれないね(笑)」。

 

関連記事

西島秀俊の噂になった熱愛相手や彼女。竹内結子とはお似合いの声も

 

結婚について結構向き合ってる松田翔太さん。

本気になれる人が現れることを願っています♪


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る