毎日のメールやLINEに責任をもつと男性を落とせる!

Pocket

正直、男性から見て、女性たちのメールは回りくどいです。

用件を理解するのに時間がかかります。

ちょっとした用件のために、メールを5回も6回も往復して、やっと理解するような回りくどさは時間の無駄です。

 

電話では相手の意思を理解するのに、2~3分もあれば十分ですが、メールだとそうはいきません。

場合によっては返信するタイミングかすれて数日かかることもあります。

メールによるタイムラグは計り知れない時間の無駄という不満を呼び起こしイライラを募らせます。

 

相手からなかなかメールがこないという現象は、その回りくどさが、「もう面倒だ」に繋がっているからではないでしょうか。

スポンサードリンク

メールやLINEに責任を持つ

 

たとえばデートでディズニーランドに行きたいことを伝える場合。

ズバリ「あなたとディズニーランドに行きたい」と言えばいいものを、「友達がディズニーランドに彼氏と行ったんだって、いいなあ」とか「今度ディズニーでこんなイベントがあるんだって」と切り出します。

それに対して男性の答えは「あっそう」で終わりです。

 

女性たちのように、そのメールから話が広がって、最終的にディズニーランドに行こうという話にはなりません。

会話を察する能力に乏しい男性に、「何であなたは女心がわからないの」とか「気持ちを察してよ」とか「鈍感」とか言っても、それが男性のコミュニケーション能力だからしかたありません。

現実性のない希望とかロマンでは、男は動かないのです。

 

そういったトラブルが、男と女ではあっちこっちで起きています。

ならば、男性に察することを望むのはやめましょう。端的に用件を伝えて、それでNOなら自分の希望を本日は取りやめればいいのです。

そのNOは永遠のNOではありません。

 

本日のNOなのです。

また機会を新たにして臨めばいいのです。

NOが怖くて回りくどい言い方をするほうが、心象は悪くします。

 

このディズニーランドの例には、もうひとつ、大事なポイントがあります。

それは、責任です。

これは現代の男性が女性に感じている不満でもあります。


スポンサードリンク

 

ディズニーランドに彼と行きたいという希望に対して、前記の回りくどいメールは、相手に任せた誘い水です。

依存した考えであり、責任がありません。

どこか相手任せ感があります。

 

「友達が彼氏と行った、いいなあ」とかは他人事で、「オレは忙しくて時間がない。第一、今月は金欠だから行けない」

と彼は思っているかもしれません。

だから彼は他人事のように「あっそう」と答えているのかもしれません。

 

男は恋愛のロマンにお金をかけないところがあります。

一時期の頭に血が上った恋愛初期の男性なら、女性のロマンのため時間とお金を費やすでしょう。

しかし、第ニステージに入った男性は、女性のロマンに時間とお金を貲やすのを控えようとします。

 

その現象は、女性の悩みの中でもしばしば見られます。

その現象が起きている現実を踏まえ、これから男性には口マンに頼らないということです。

自己責任という自立が、デートでも余儀なくされるのではないでしょうか。

 

自立心のあるあなたが彼とディズニーに行きたかったら、次のように誘うでしょう。

「今度ディズニーでこういったイベントがあるんだって。よかったら一緒に行かない?」

自分が行きたいから相手を誘う。

 

依存ではなく自己責任と自立した誘い方のほうが、則生には功を奏すると思います。

たとえ相手がそれに対してNOでも、あなたのほうが「あっそう」と片付けられるでしょう。

自立心のあるあなたなら、相手の都合や状況が悪いんだなと察して、切り替えることができるからです。

 

関連記事

→メールに注意!彼からメールが来ないのは重いと思われている!

→そっけないメールの男性心理は駆け引きなのか?

 


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る