涙もろい男の涙から始まる恋には気をつけろ!

Pocket

涙もろい男の涙から始まる恋には気をつけろ!

 

★男の涙から始まる恋

『破れたハートを売り物に』という歌が昔ありました。

20年以上前の曲です。

 

たぶん知らないと思うので、詳しいことは30代後半以上の知り合いに聞いてください。

それで、何が言いたいかというと、気をつけたい男の筆頭に「破れたハート大安売り男」がいるのです。

要するに、やたらと弱みを見せようとする男です。

 

自分の悩みごととか失敗談とかを、「キミにだから言うんだけど」とかの枕詞とともに勿体つけながら、弱々しく語り始める男のことです。

内容が失恋話だったりすると、もう完壁です。

この手の男は母性本能に訴えかける術を知っているはずです。

スポンサードリンク

 

なにしろ小器用にも、涙ぐんで見せたりするから。

タイミングとシチュエーションにもよるのだけど、不意に心を動かされることがあります。

 

女 「一見、明るくて元気いっぱいの人なのに、こんなに弱々しくなっちゃうなんて。

よっぽどツラかったのね。

あたしでよければ話ぐらい聞くわよ。

元気出しなよ」

 

男 「うう。

ありがとう。

なんでこんなこと、人に語っちゃったんだろう。

 

なんだか〇〇ちゃんだったら聞いてくれそうな気がしてさあ」大泣きする男。

ますます同情する女。

2人の間に微妙に流れる一体感。

 

ホント、今どき男は平気で泣きます。

弱音を吐いているうちに自分に酔って、どんどん感情が昂ぶってくるのです。

自然に涙が出てくるのです。

 

男泣きする自分に酔う。

こんなキツカケで恋に落ちたりすることが、たまにあるのです。

だけどハッキリ言えば、あんまりいいキッカケとは言えません。

 

男の涙から始まる恋は、往々にして後で女性が苦労するものなのです。

 

★男にとって、あまりにラクすぎる関係

 

男の涙のすべてが悪いと言ってるわけじゃありません。

男という生き物は、自分の弱さを受け入れてくれた女性をすごく信用するから。

こいつにだけは素の自分を出せる、だからずっと離したくないって強く思うよ。

 

男の涙そのものは「あり」です。

一棋を見せる順序が問題なのです。

普通の男は、口説き期と交際初期は、相手の女性に対してムリをするもの。

 

彼女に対して、少しでも自分という人間を立派に見せようと、そしてもっともっと気に入ってもらおうと、素の自分よりも一段上の自分を演じようともがくところがあります。

それは男にとって必要な儀式でもあって、その儀式を通過したうえで互いにだんだん素の姿を見せていく。

その後に何か事件が起こって男が泣き崩れ、初めて弱い部分をさらけ出すのであるならば「あり」なのです。

 

それを受け入れてこそ「彼女」だし、2人の絆はより強いものになり、彼は彼女を以前にも増して信頼して、再び立ち上がる。

彼女に感謝の心を抱きつつ、もっと強い男になろうとがんばるよ。

ところが、出だしから涙、だったらどうでしょうか。

 

これ、男からしたらめちゃくちゃラクなのです。

自分の一番カッコ悪いところをいきなりヨシヨシと慰めてくれた相手との恋、ってことになるわけで、それに感謝してがんばるというよりは、この人はダメでもいんだ、がんばらなくても受け入れてくれるんだ、と甘えモードに入ってしまう。

最低から始まるんだから後は登っていくだけね、なんて考えるとしたら、それは甘い。

 

「俺、こんなにダメなやつだけど、それでもいいか?」

「いいわよ」実際にはそんな会話はなかったのかもしれないが、男の脳内ではそのように変換されていることでしょう。

行き着く先は、お母さん扱いで間違いないでしょう。


スポンサードリンク

 

★ドラマチックだが幸せにはなれない

 

いつまでたっても甘えてくる。

慰めてほしがる。

こんなダメな僕を受け入れてくれるのはキミだけなんだと頼ってくる。

 

精神的な部分だけでもキツいが、うっかり同棲などすると金銭的な負担までのしかかってくるからやっかいです。

男はさっぱり働かず、女のほうが一生懸命働きに出て家計を支える、たまには小遣いまで与える、あたしって何なんだろう…。

という、なんともベタな不幸カップルはこうして出来上がるのです。

 

男にとっても不幸なのです。

この手の男は確実にいます。

悪意をもってやる者もたまにいるが、多くは無意識のうちにこういう恋愛しかできなくなっている男。

 

過去の恋愛のどこかで、男の涙が女の母性本能をくすぐることを覚えてしまい、そのラクさを覚えたがゆえに、無意識のうちにそういうキッカケを自らで演じてしまう。

どうでもいいような弱音を吐いては女に頼ろうとする。

結局、自分が成長できない恋愛ばかりしていることになります。

 

女の涙だけじゃなく、今や男の涙も武器になる。

なんとなく劇的で、普通の恋より恋愛らしいスパイスがあるような気がしたとしてもです。

破れたハートを売り物にする男にや近寄らない方がいいでしょう。

 

恋の終わりに涙を流すのはかまわない。

恋の途中に涙を流すこともあるでしょう。

けれど恋の入り口ぐらい、涙なしに、笑顔から始まるべきではありませんか?

 

関連記事

→恋愛で男性が好きな女性に対する本気のアプローチ方法!

→恋愛でやたらと目が合うのは勘違い?それとも好意がある証拠?

 


スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る