猫がご飯の好き嫌いをさせないには?|猫の栄養は何が大事?

Pocket

好き嫌いが激しいネコだからこそ、子猫のときが肝心!

 

・子ネコ時代に偏食グセをつけないようにしよう

勝手気ままに過ごすネコさんたちが必ず飼い主のもとへ飛んでくるのが、ごはんタイム。

「ごはんほしい」の嶋き声が、毎朝の目覚まし代わりになっている人も多いはず。

 

そんなニャンコにとってお楽しみのごはんですが、子ネコ時代に食生活をしっかりと管理しておかないと、将来とんでもない苦労が待っているかもしれません。

ネコさんは一般的に、好き嫌いの激しいことが多いよう。

しかも、子ネコ時代の食事内容で晴好が決まるので、ヘタをすると「うちのネコはマグロの刺身しか食べません」なんて、とんでもない偏食ネコになる危険性もあり!

 

ノラ生活を送っていたネコなら、食べ物の好みでどこでエサをとっていたかがわかるほど(鶏肉→焼き鳥屋、生魚→魚屋など)。

マグロ、アジなど、ニャンコたちは魚が大好き。

しかし、これだけを続けてあげるのは厳禁。

スポンサードリンク

 

また、子ネコのうちに魚しか食べたことがないと、キャットフードを食べてくれない大人のネコになってしまいます。

こうなったら大変です。

人間なら「子供の頃は嫌いだったけど、今は好き」とか「健康のために野菜を食べなきゃ」ということもあるけれどネコはそんなことはおかまいなし。

 

好きなものがでてくるまで絶対食べないという手段に出て、飼い主を困らせるネコも多いのです。

逆に、子猫の頃から栄養バランスのいいキャットフードだけで育てて、健康的な生活を送ることも可能なのです。

お互いの幸せと平和のために、子猫のころから人の食べ物やネコに悪いものをあげないこと。

 

もし、食生活が原因で病気になったり、病気の治療食を食べないとすると命に関わることもあります。

きちんとしつけて、健康のために正しい食生活を身につけさせましょう。

 

・肉食のネコに必要な栄養は?

なんでも食べる雑食の人間や犬とは違い、ネコは完全なる肉食動物です。

野生のネコたちは、獲物の肉や内臓を食べることで、必要な栄養を得ています。

ネコにとってもっとも大切な栄養素は、タンパク質。

 

とくに子ネコ時代は、1日の食事量のうち35~40%のタンパク質が必要なのです。

次に必要なのが、脂肪や炭水化物。

主にエネルギーとなるほか、炭水化物は繊維が胃腸の働きをよくしてくれます。

 

ビタミン類については、ビタミン払が体調維持のために比較的多く必要です。

ビタミンB2やB6、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンKなどネコの体内で多少は合成できるもの、ビタミンAやビタミンDなど過剰に摂取するとよくないものなどさまざま。

また、タウリンという必須アミノ酸もネコには欠かせない栄養素。

 

タウリンは目や脳の神経の働きに必要なもので、不足すると失明や心筋症になってしまう危険性もあります。

ほかにカルシウム、鉄分などのミネラル類も適度に必要です。

ネコが貧血気味だったり、妊娠中や子ネコに母乳をあげている時期などは栄養剤やビタミン剤が効果的な場合もありますが、健康なネコさんならキャッ卜フードだけで問題ありません。

 

もし、ビタミン剤などを飲ませるなら動物病院で相談してからにしましょう。


スポンサードリンク

 

・ごはんはキャットフードだけでOK

ネコにとって必要な栄養素を効率よくとるためには、キャットフードをあげるのが一番!

キャットフードには、ドライタイプの通称「カリカリ」と、ウェットタイプの通称「ネコ缶」があります。

 

カリカリは、必要な栄養素がすべて含まれているので、これと水だけをめげれば、栄養的に問題ありません。

手軽で保存しやすく、1日くらい出しておいても大丈夫なので1、2日くらい留守にするときも便利なフードとしておすすめです。

ネコ缶には、マグロやチキンなどの食味をネコが楽しめる一般食と、必要な栄養をもりこんで調整した総合栄養食があります。

 

ネコ缶をメイン食にするなら、「総合栄養食」と明記されたものを選んでください。

「一般食」のネコ缶は、ネコにとってはお気に入りになる可能性が高いのですが、単品の食材がメインだったりして、完全なバランス栄養食とはいえません。

カリカリと組み合わせて使うほうがいいでしょう。

 

一般的には、ネコ缶のほうが好きなネコさんが多いよう。

香りが豊かなので、食欲をそそられるのでしょう。

でも、子ネコのときからネコ缶派の子をカリカリ派に変えるのは難しいもの。

 

おすすめするのは、子ネコのときからカリカリをメインフードとしてあげる方法です。

普段はカリカリを食べさせて、食欲がないときやごはんに薬を混ぜなければいけないとき、治療食を食べてほしいときは、ネコ缶をあげるとうまくいくからです。

 

関連記事

→猫の夏、冬などの対策やノミの対策は?

→猫の爪とぎ防止のしつけ法とトイレについて!

 


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る