猫に留守番させるとき!|夏はストレスに要注意!

Pocket

留守番ネコ対応マニュアル!

 

かわいいネコと暮らすのは楽しいことですが、気になるのは家を留守にするとき。

一人暮らしでネコを飼っている人も多く、避けては通れない問題です。

ネコは1日くらいなら留守にしても、犬ほど大騒ぎすることはありませんが、2日以上の場合はなんらかの対策が必要です。

 

ネコにとって安心、かつ安全な留守番を考えてあげましょう。

 

・ネコ同伴旅行は無理なの?

最近は「ペット同伴可」という宿もあり、犬を連れて家族旅行に行くケースも増えています。

でも、「じゃあ、ネコもケージに入れて一緒に」と思っている人がいたら考え直して。

スポンサードリンク

 

犬は群れで行動し、家族と一緒に出かけるのもではありません。

けれどもネコは、環境の変化がとても苦手。

知らないところへ連れて行かれたら、驚いて逃げてしまうこともあります。

 

見知らぬ場所では家族のところへ戻ってくるのも難しいので、二度と会えなくなってしまうかも。

それより、少しくらいさみしくても、なれ親しんだ家で留守番しているほうが気楽。

ネコにとっては、見知らぬ場所へのお出かけより留守番していたほうがベタなのです。

 

ただし、旅行ではなく、知り合いの家になら連れて行くことも可能。

たとえば実家や友達の家などに、一緒に泊まったり預けたりしている飼い主さんもいます。

子ネコのときから連れて行けば、その家になれてくれる場合も多いようです。

 

小さいときから連れていけば、お泊り上手なネコさんになれるかも。

でも、ネコが不安がったり、嫌がったりしているときは、やめてあげることも大切です。

 

・家で留守番させる

留守にするのが1泊程度で、健康なネコさんなら、ひとりでもお留守番ができます。

ネコに留守番をしてもらうときは、ごはんとトイレの用意をしておくことが必要です。

 

ごはんは傷みにくいドライフードを充分に用意しておきましょう。

自動的に力リカリが補充されいる市販の容器を利用するのも手です。

ごはんのほかに、きれいな水もたっぷり置いていきます。


スポンサードリンク

 

トイレはひとつしかないとすぐに汚れてしまいます。

ネコが2匹以上いる家では、トイレ問題はさらに深刻。

砂が全部固まってしまったりすることも。

 

こうなると清潔好きなネコたちのこと、汚れたトイレは使わずに外にしてしまうことに。

ネコさんに留守番をお願いするときは、トイレを必ずいくつか用意して、快適にトイレができるようにしておくことが大切です。

ごはんとトイレ以外にも心配なことがあります。

 

それは、部屋の温度。

春や秋などの過ごしやすい季節なら問題ありませんが、夏や冬は、部屋を快適に維持できるかどうかが、留守番のときのポイントになります。

冬などの寒い季節は、暖かく過ごせるようにペットヒーターなどを用意して、ネコが暖かく、しかも安全に過ごせる工夫を。

 

また、夏は窓を閉め切ってしまうと、室内は異常な高温になることも。

クーラーをつけっぱなしでいけるならともかく、そうでない場合はひとりでのお留守番はあきらめたほうがいいでしょう。

 

・家に世話に来てもらう場合

2泊以上家を空けるときや、夏などの暑い季節の場合は、ネコだけで留守番させるのは心配です。

ネコがなれた部屋で、いつもどおりの生活ができるようにしてあげたいなら、誰かに世話をしに来てもらうのがベスト。

 

家族や友達に頼めるなら1日1回、ごはんの世話とトイレの掃除をしてもらい、部屋の換気などもお願いしましょう。

もし時間があれば、少しの間遊んでもらえれば完壁!

ごはんとトイレ、部屋の温度が快適なら、ネコ的にはとりあえず、何の不自由もありません。

 

最近はペットシッターに頼むこともできるので、知人などに世話を頼めないときは利用を考えてみてもOK。

ただし、家の力ギを渡すので、信頼できるところを選んでください。

 

・ネコを預かってもらう場合

3、4泊以上の旅行や、ネコが健康でないときは、動物病院を利用するのがおすすめです。

いつも診てもらっている病院なら具合が悉くなったときも安心ですね。

 

病院では、ケージに入れて預かり、総合栄養食を与えてくれるのが一般的。

ほかに、ペットホテルに預けることも可能です。

 

関連記事

→猫のご飯を手作りしよう!|猫が食べる草の必要性!

→猫がご飯の好き嫌いをさせないには?|猫の栄養は何が大事?

 


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る