猫のご飯を手作りしよう!|猫が食べる草の必要性!

Pocket

「ネコが食べる草」の大切な役割!

 

かつて日本では、ごはんにお味噌汁やカツオ節をかけた通称「ネコまんま」がネコの好物でした。

でも、基本的には穀類や野菜はそれほど必要ではなく、ネコさんは肉や魚だけ食べていればOKな肉食動物。

そのネコが、わざわざ草を食べることがあります。

 

実はこれ、栄養を摂るというよりは、胸焼けを抑えるための行動のようです。

ネコはつねに自分の体をなめて、毛づくろいをしています。

子ネコははじめのうちこそ母ネコがなめてくれますが、次第に兄弟でなめあったり、自分でなめたりと、だんだん一人前のネコらしくグルーミングをするようになります。

スポンサードリンク

 

グルーミングは、あの、ザラザラした舌を使って行なわれるので、当然ネコは自分の毛をかなり飲み込むことに。

飲み込んだ毛の大半は、ウンチと一緒に排地されますが、彼らを観察していると、ときどきゲホゲホしながら毛玉を吐き出す行動も見られます。

そう、その毛玉を吐くときの刺激になるのが、ネコ用の草というわけです。

 

草を食べることによって、たまった毛玉を吐き出しているのです。

ネコが自然に身につけた「健康の知恵」といったところでしょうか。

散歩するネコは道端の草などを適当にハムハムと食べていますが、室内飼いのネコさんには、ネコ草を用意してあげましょう。

 

「ネコ草」は園芸店などで売られています。

ペットショップには種も売っているので、まいて育てると割安です。

栽培は意外に簡単。

 

ネコが食べる速度に合わせて、時間差でいくつか栽培しておきましょう。

また、植物にはネコにとって有害なものもあるので、子ネコが観葉植物や鉢植えの花を食べないように注意が必要です。

「ネコ草」以外は食べないように、届かない場所に移動させましょう。

 

 

手作りごはんでもっと子猫と仲良くなろう!

 

「カリカリと水だけでOKとはいっても、たまには別の物が食べたいはず」というネコさん思いのあなた。

たしかに一生カリカリやネコ缶だけでは、あげるほうも物足りないというもの。

ときにはゼイタクに、手作りごはんを作ってあげるのもいいでしょう。

 

毎日バランスを考えて作るのは大変ですが、ハレの日特別メニューとしてたまに作るくらいなら、それほど栄養にこだわらなくても大丈夫。

次の基本ポイントを守って、愛情いっぱい手作りメニューを作ってみましょう。

 

・人が食べる加工品は使わない

かまぼこやハム、ベーコンなど、人間用の加工食品は、塩分や油が強いので使わないこと。

素材は新鮮な生食材を使いましょう。

 

・味付けはまったくしない

ネコのごはんに味つけはいりません。

百害あって一利なし。

 

シラスや干物などを使うときは、しっかり塩抜きをしてから調理しましょう。

 

・食べやすいようにする

食材は細かく切り、骨などは危険なので取り除いてください。


スポンサードリンク

 

●白身魚のチーズ雑炊

離乳が終わりかけの子ネコにもおすすめの雑炊。

消化がいいメニューなので、食欲がないときにもピッタリです。

 

魚は生タラのほかに、カレイ、ヒラメなどを使ってもOK。

骨はきれいにはずしましょう。

 

①生タラ1切れをゆでて、一口大にほぐす。

②ネコ用チーズ1個を細かく切る。

③鍋にご飯大さじ2、水を適量入れて火にかけ、ひと煮立ちしたら①と②を加える。

 

④火からおろして軽く冷まし、のりをちぎってトッピングする。

 

●鶏レバーごはん

レバーと卵、ネコ用ミルクが入った、育ち盛りのチビネコのための栄養満点レシピ。

卵はゆでた卵黄だけをあげます。

 

①鶏レバー30グラムをゆで、一口大に切る。

②卵1個をゆで卵にして、卵貰だけを取り出しておく。

③温かいご飯1膳に猫用ミルクを適量かけ、①のレバーを入れて混ぜる。

④②の卵黄を裏ごししてトッピング。

 

●ササミ入りうどん

温かいうどんにトッピングしたカツオ節の香りがきいて食欲をそそるメニューです。

鶏のササミは、油が少なくてたんぱく質源としてオススメの食材。

 

ササミの代わりにマグロやカツオを使ってもOKです。

 

①鶏ササミ2本をゆでて食べやすい大きさに手でほぐしていきます。

②ゆでうどん約1/2玉を軽くゆでてザルに上げ、1cmの長さに切っていく。

③しらす小さじ1を熱湯に入れてゆでて、しっかり塩抜きをしてザルにあげる。

 

④①②③をすべて合わせて混ぜ、最後にカツオ節をのせてできあがり。

 

● ミートボールスパゲティ

野菜を入れるときは、必ずゆでて使うのがポイントです。

豚ひき肉のミートボールは一口サイズで食べやすく。

鶏肉でもOK。

 

①豚ひき肉40グラムをよくこねて、一口大のボールにする。

お湯でしっかり火が通るまでゆでる。

②スパゲティ40グラムはやわらかめにゆで、細かく切っておく。

 

③ブロッコリー少量を一口大に切りゆでる。

合わせて混ぜ、パルメザンチーズ少々を振って完成。

 

関連記事

→子猫なのか大人の猫に成長したかはじゃれ方や反応でわかる!

→猫が中毒になる食べ物ってなに?

 


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る