猫の病気や症状をわかりやすくご紹介!

Pocket

子猫がかかりやすい病気ガイド!

 

●目の疾患

・結膜炎

〈原因と症状〉目が充血し、日ヤニや涙が出て、かゆみや痛みをともないます。

 

ただ顔の毛づくろいをしているのではなく、目をこすっているようなら結膜炎の疑いが。

ウイルス感染や異物、アレルギーなどが原因です。

〈治療と予防〉目薬で消炎治療をして、抗生剤点限で二次感染を予防します。

 

・角膜の傷

〈原因と症状〉外傷や感染のために傷がつくこともあります。

痛みで目を開けられない、目ヤニや涙が出たり、角膜が白濁することも。

 

〈治療と予防〉角膜修復点眼剤で治療します。

 

・鼻涙管閉塞

〈原因と症状〉涙の廃液ルー卜である鼻涙管が狭くなったり、閉塞してしまって起こる病気です。

くしゃみや鼻水、鼻出血などが主な症状。

〈治療と予防〉抗菌・消炎治療のほか、麻酔をかけて涙管洗浄する場合もあります。

スポンサードリンク

 

●鼻の疾患

・猫ウイルス性鼻気管炎(FVRV)

〈原因と症状〉ヘルペスウイルス感染、ウイルスキャリアネコの目ヤニや鼻水、よだれとの接触が原因になります。

 

主な症状はくしゃみ、せき、目ヤニ、鼻水など。

発熱や食欲不振がともなうこともあり、子ネコでは致死率が高く危険です。

〈治療と予防〉症状を緩和する処置をします。

 

感染ネコとの接触を防ぎ、三種混合ワクチン接種守しておくことが予防につながります。

 

・蓄膿症

〈原因と疲状〉ウイルス感染の慢性化や目、鼻の分泌物がたまる、歯根の膿蕩などが原因。

膿性鼻汁、くしゃみが出たり、鼻性呼股音がある、

 

鼻が腫れるなどの症状があります。

 

〈治療と予防〉抗生剤、消炎剤を投与して、場合によっては外科処置も行ないます。

 

●口内の疾患

・猫カリシウイルス感染症(FCV)

〈原因と症状〉カリシウイルス感染により、目ヤニが出るほか、よだれや口腔内潰療があることも。

猫ウイルス性鼻気管炎と症状が似ています。

 

〈治療と予防〉発病後は症状緩和処置をしますが、感染ネコとの接触防止、三種混合ワクチンでの予防が大事です。

 

・歯肉炎・口内炎

〈原因と症状〉歯肉が赤くなったり、よだれが出る、息が臭いのが主な症状。

歯垢や歯石のほか、ウイルス感染が原因になることもあります。

 

〈治療と予防〉歯と歯肉を洗浄し症状を緩和させます。

ウイルス感染が原因の場合は、予防接種で予防も可能。

大人ネコになってからだと家での歯磨きは難しいですが、子ネコのうちから歯と歯ぐきをガーゼできれいにするなどのデンタルケアで予防しましょう。

 

●耳の疾患

・ミミダニ・ミミカイセン

〈原因と症状〉ミミ、ダニ、ミミカイセンなどの外部寄生虫感染が原因で、かゆみや痛みが起こります。

 

耳が赤い、黒くベタつく、耳アカが出る、頭を振っているときなども、疾患がある可能性が高いので要注意です。

〈治療と予防〉ときどき、ガーゼで耳の入り口をふいて予防を。

かかってしまったときは、病院で駆虫、耳道の清浄、消炎治療をしてもらいます。

 

・外耳炎

〈原因と症状〉ミミダニ、ミミカイセン、真菌、異物の混入などによって、かゆみや痛み、汚れ、赤くなるなどの症状が出て、頭を振ることもあります。

〈治療と予防〉耳道の清浄、消炎治療をするとともに、二次感染を防止します。


スポンサードリンク

 

●皮膚の疾患

・アクネ

〈原因と症状〉下唇や下顎に黒いニキピのような発疹ができて、かゆみ、痛みがともないます。

原因ははっきりしていませんが、免疫や性ホルモン、毛周期などと関係があるのではないかといわれています。

 

一度できると、治っても再発することが多いです。

〈治療と予防〉患部を消毒し、消炎治療を行ないます。

 

・スタッドテイル(尾根部皮脂腺脂漏性皮膚炎)

〈原因と症状〉脂漏性皮膚炎の一種。

シッポの付け根の臭腺が活発で、分泌物が蓄積されることが原因。

 

シッポの付け根がべたついたり、かゆみや痛みが出るので、ネコが気にしてなめるとただれてしまいます。

メスにもありますが、オスに多い病気です。

〈治療と予防〉毛を刈って消毒をします。

 

避妊や去勢手術、また普段のシャンプーでも予防することが可能です。

 

・ノミアレルギー性皮膚炎

〈原因と症状〉ノミにかまれたときの唾液にアレルギー反応を起こしたり、フンや卵と接触するだけでも、かゆみ、脱毛、ふけが出たり、発疹が出てかさぶたになります。

〈治療と予防〉ノミ取りシャンプーや薬で、徹底的にノミを駆除して治療します。

 

・真菌

〈原因と症状〉真菌(糸状菌)感染による皮膚炎で、円形に炎症が起きたり、脱毛、かゆみなどが起ります。

〈治療と予防〉薬浴シャンプーをするほか、抗真菌剤を飲ませたり、抗真菌性のローションや洗浄液で患部を治療します。

 

皮膚の清浄が予防につながります。

 

●感染症

・猫パルボウイルス感染症(FPLV)

〈原因と症状〉パルボウイルスの感染が原因。

 

嘔吐、食欲不振、発熱などの症状が出て、進行すると嘔吐やゲリがひどくなり、血便が出たり脱水症状になることも。

子ネコが感染すると致死率が高い病気です。

〈治療と予防〉輸液、制吐剤で治療。

 

抵抗力が弱くなっているので、ほかの細菌やウイルスへの二次感染を防止することも大切。

三種混合ワクチン接種で予防可能です。

感染ネコとの接触で感染しますが、ウイルスの生命力が強いため、感染ネコの便からも感染します。

 

・猫白血病ウイルス感染症(FeLV)

〈原因と症状〉白血病ウイルス感染が原因で、感染ネコとの直接接触で感染します。

主な症状は、歯肉炎や口内炎ができたり、元気がなくなる、食欲の低下、体重減少、治療に対して反応が悪くなるなどです。

 

〈治療と予防〉完治はできませんが、症状を緩和するための治療を行ないます。

血液検査で陰性であることを確認してから、ワクチン接種で予防が可能です。

 

・猫免疫不全ウイルス感染症(FlV)

〈原因と症状〉猫免疫不全ウイルス感染による人間のエイズに似た病気ですが、ネコから人間に感染することはありません。

歯肉炎や口内炎ができる、元気がない、食欲が減退する、体重が減少する、治療の反応が悪いなどの症状が見られます。

〈治療と予防〉完治はできないので、症状をやわらげるような治療を行ないます。

 

ワクチンはありませんが、感染ネコとのケンカや交尾、接触をさけるために避妊、去勢することが予防につながるでしょう。

 

・猫伝染性腹膜炎(Flp)

〈原因と症状〉発熱やゲリ、元気がなく食欲が減退します。

悪化すると胸部に水がたまり呼肢が苦しそうになったり、腹部に水がたまってしこりができたり、ふくらんでくることも。

 

猫の口や鼻からコロナウイルスに感染して起こります。

〈治療と予防〉完治はできないので、症状をやわらげるための治療を行ないます。

 

●腸内寄生虫

・コクシジウム

〈原因と症状〉コクシジウムは小腸などに寄生し、血の混じったゲリをしたり、脱水症状が起こります。

発病は子ネコに多いので、元気がない、食欲がない、発熱などの症状があるときは要注意です。

 

〈治療と予防〉検便で寄生虫を特定し、薬を飲ませて駆虫します。

寄生虫は飼い主の判断で市販の薬品を与えたりせず、動物病院できちんと調べること。

 

・瓜実条虫

〈原因と症状〉ノミが媒介となって感染し、幅吐や下痢をしたり腸炎を起こします。

ほかの寄生虫と混合感染すると、症状がますます悪化します。

 

〈治療と予防〉飼い主が瓜実条虫を見つけることが、治療につながります。

この寄生虫は白い米粒のような形で、フンの中やネコ用のベッドに落ちていることも。

乾燥するとメロンの種のような形になります。

 

発見したら、病院で駆虫してもらいましょう。

 

・回虫

〈原因と症状〉回虫がネコの腸内で栄養を摂り、産み落とした卵がネコの便に混ざって外に出ると、ほかのネコが食べて感染します。

ネズミや虫が媒介して感染することも。

 

下痢または便秘、成長不良、貧血などが起こり、お腹が大きくなることもあります。

子ネコのほうが重症になりやすいので、注意してあげましょう。

 

〈治療と予防〉検便で調べて早期に駆虫します。

 

・鈎虫
〈原因と症状〉ネコの口や皮膚から体内に入り、小腸に寄生します。

皮膚が炎症を起こしたり、貧血や腹痛、タール状の血便が出ることもあります。

 

〈治療と予防〉きちんと駆虫し、環境を、きれいにします。

使の衛生的管理が悪いために寄生されることもあるので注意してください。

 

●泌尿器系の疾患

・膀胱炎

〈原因と症状〉尿道からの感染や勝脱結石が原因。

普通は排尿は1日2、3回ですが、尿の回数が5、6固と多くなります。

 

血尿が出たり、尿排世のときに痛くて鳴くことも。

〈治療と予防〉抗菌、消炎治療を行ないます。

病院の指示に従い、処方食で治療します。

 

・原道閉塞

〈原因と症状〉尿道に結石ができて尿道閉塞になると、排尿が困難になり、トイレに行く回数が多くなり、尿の量が少なくなったり、まったく出なかったりします。

血尿が出て、尿排世に痛みがともないます。

 

トイレに長い間座っているときは要注意です。

〈治療と予防〉カテーテルなどで尿道閉塞を解除します。

食事内容が原因の場合が多いので、結石を溶かす食事や予防する食事にかえます。

 

また、水分の不足が原因になることもあるので、いつも水を飲めるようにしておきましょう。

 

関連記事

→猫のノミを駆除したり守り方と薬の飲ませ方!

→猫の行動には全て意味がある!

 


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る