猫の行動には全て意味がある!

Pocket

ネコの不可解な行動に意味がある!

 

ネコは、犬はどおおげさに感情を表す動物ではありません。

飼い主が帰宅したからといって、ハアハアよだれをたらしてシッポを振り、顔をペロペロなめて喜ぶ、なんてことはなく、基未的にクールな姿勢を崩さないのがネコという動物です。

たとえば、夕方のごはんタイムに帰宅したとします。

 

ネコは飼い主のほうをチラッと見つつあくびをし、伸びをしながらごはん容器の前へ移動。

そこで、飼い主を見つめて「にゃん」とひと声鳴く。

この単純にしてムダのない行動こそネコ好きの心をくすぐります。

 

そんなクールなネコですが、実は彼らには独特の仕種がいくつかあります。

一緒に生活していると、そんな彼らを観察するのも楽しいもの。

何気なくしているように見えることでも、その裏にはちゃんと意味がこめられていたりするのです。

スポンサードリンク

 

・「ゴロゴロ=ご機嫌」は本当か?

ネコがゴロゴロしているときで一番多いのは、リラックスして満足しきっているとき。

ゴロゴロは「満足だ」のサインといってもいいでしょう。

 

ゴロゴロはまだ目が見えない子ネコのうちから始まっていて、オッパイを飲みながら鳴らすことが多いよう。

母ネコはこのサインで子ネコが満足していることがわかり、ゴロゴロしてない子ネコには、何か問題がないかどうか気を配ったりするといいます。

本来ゴロゴロは母ネコに対するサインだったはずですが、飼いネコたちは飼い主に対してもよくゴロゴロいっています。

 

どんなときが多いかというと、先程の「リラックスしているとき」のほかに、「うれしいことがあるかもしれない」と期待しているときも、ついゴロゴロ。

たとえば、ネコ缶を開けているときなど、「あ、ごはんだ」と思っただけでゴロゴロ。

また、なでてほしくて飼い主のヒザに乗ったときも、「もうすぐなでてくれる」と思うと、なでる前からすでにゴロゴロいってしまうネコさんも多いよう。

 

「病院で診察台の上に来っているときも、ゴロゴロいってるネコも多い」とのこと。

なぜか恐いはずの病院でゴロゴロしてしまうのは、「緊張のあまり思わず」なんて気分かもしれません。

ゴロゴロについては謎が多く、どうやって鳴らすか、はっきり解明はされていません。

 

胸の中の太い血管を血液が流れる音が、気管と頭の空間に響いているという説や、声帯の動きで音が鳴るという説があります。


スポンサードリンク

 

・「スリスリ」は甘えの動作?それとも…

立っている足元に寄ってきて、頭を「スリスリ」してくる子ネコはとってもキュート。

頭をすりつけてくるのは、母ネコに甘えるときの動作ともいわれます。

 

離乳期からまもない頃に母ネコと離れた子ネコにとって、飼い主さんは母ネコ代わりの存在。

おでこをすりつけてじっとしていたりするときは、甘えたい気分のときなのです。

また、スリスリには、自分の匂いをつける意味もあります。

 

ネコさんは頭や下顎、口のまわりなどに臭腺があるので、スリスリすることで、匂いつけをしているというわけ。

シッポの付け根をすり寄せるのも同じ意味です。

ネコを観察しているとわかるように、実は飼い主だけでなく、ネコは家のいたるところにスリスリしているはず。

 

つまりスリスリは「このテーブルはぼくの縄張りだ」とか「この人間はあたしの!」というマーキング行為。

子ネコにとって飼い主さんは、動く縄張りでもあるのです。

 

・赤ちゃんネコのクセが抜けない「フミフミ」

飼い主の体やクッションを前足で「フミフミ」するニャンコも意外と多いはず。

これは母ネコのオッパイを飲むときの仕草で、前足のそミモミで母乳の出をよくしていた動作のなごりなのです。

 

離乳期が終わらないほど早くに、母ネコから離されてしまったチビネコほど、大人のネコになってもフミフミ行動が残ることが多いよう。

アメリカでは「パンこね」と呼ばれているとか。

やはり、飼いネコはどの国でも甘えん坊なんですね。

 

むりにやめさせる必要もないので、微笑ましい行動として見守ってあげましょう。

さらに、フミフミしながらチュパチュパと飼い主の服や毛布を吸うチビネコもいます。

これはあきらかにおっぱい飲みモード。

 

「そんなに母ネコが恋しいの?」と思うと不側ではありますが、あまりこれをされると、あちこちびしょびしょになって大変なもの。

タオルや毛布を吸わせていると、布の切れ端を飲みこんだりする場合もあるので危険です。

ネコが安らぎ守求めてやっていることなので、いきなり怒ったりはしないこと。

 

あくまでもやさしく注意して、やめさせたほうがいいでしょう。

 

関連記事

→猫ヒゲの必要性や気持ちがわかる?|猫ヒゲは抜いたり切ったりはダメ!

→猫が喜ぶポイントとは?|猫の家の改造アイデア!

 


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る