猫は1匹飼い?2匹飼い?猫の目ヤニやくしゃみなどの健康チェックの仕方!

Pocket

1匹飼い?それとも多頭飼い?

 

ネコはもともと仲間との共同生活を好まない動物なので、1匹飼いでもまったく問題なし。

でも昼間留守がちの家だとネコもヒマなので、2匹以上飼うのもおすすめです。

このとき、オスとメスの兄弟ネコを一緒に飼う(適切な時期に避妊去勢する〉とうまくいくことが多いよう。

 

子ネコたちは勝手に遊んでくれるので、飼い主が遊んであげる手間も省けます。

子ネコガ何匹もいると、にぎやか度も倍増!

生後半年くらいまでは昼も夜も子ネコのダッシュ大会が繰り広げられることは覚悟しておきましょう。

 

子ネコがすでにいて、あとから新入りネコを迎えるときは、先住ネコにかかるストレスが心配。

同居は慎重にすることが大切です。

スポンサードリンク

 

●猫好きランキング!

 

あなたはネコのどこが好き?

個性いろいろのネコたちと共同生活を送る人たちは、ネコたちのここにハマってますi

 

1位→心がなごむ

2位→気持ちがやさしくなる。

3位→とにかくかわいい

 

ネコを見てると疲れも時間も忘れ、心がなごむという意見が大多数。

寝姿も遊んでいるときもかわいくて、とにかく見飽きないのがネコの魅力。

「ネコがいると家族が仲良くなれるor勝手でマイペースなのがいい」と存在自体が◎。

 

「ネコを見てるとストレッチの大切さがわかる」なんて意見もあり。

 

 

元気いっぱいのちび猫が一番!健康な子猫の選び方!

 

子ネコは、生後どのくらいで家族に迎えるのがいいのでしょうか。

実は、子ネコ時代は母ネコや兄弟ネコとの関わりから多くのことを学ぶとても大切な時期。

あまり早い時期に親兄弟と離されると、性格や社会性の面で不安が残ります。

 

大人になっても母ネコのオッパイを欲しがるような「モミモミ」「チュパチュパ」のクセが抜けないことも。

子ネコを迎える時期が選べるなら、離乳がすんだ3、4か月くらいがベスト。

ペットショップにいる子ネコは、ほとんどが生後1か月半から3か月くらいです。

 

ショップのネコを家族にするなら、すでに親兄弟と離されているので、少しでも早く家に迎え、飼い主が子ネコと遊ぶ事とでいろいろな経験をさせてあげましょう。


スポンサードリンク

 

●元気で健康な子ネコを選ぼう

健康な子ネコは、飼い主があきれるくらい元気なのが普通。

食欲があって活発に動き、好奇心が旺盛な明るい性格の子ネコが一番です。

 

健康状態は、次の点をチェックします。

 

・目

→目やにや涙が出ていない。

充血していない。

 

・耳

→汚れたり、傷ついたりしていない。

 

・鼻

→適度に湿っている。

 

・お尻

→濡れたり、汚れていない。

 

・体

→筋肉がしまっていて、お腹がでていない。

毛並みがきれいで、ノミなどがいない。

 

まず、全体に筋肉が締まっていて、食後でもないのにお腹が膨れていないこと。

目には目ヤニ、充血、涙が見られないか、瞬膜が出ていないかを確認。

耳は入り口や後ろに汚れやキズがなく、耳をかゆがったりしていないこと。

 

口は歯ぐきや舌がサクラ色からピンク色で、口臭がなくよだれが出ていないかチェックします。

鼻は適度に湿っていて、まわりは濡れていないこと。

くしゃみや鼻水も出ていないか確認を。

 

歩き方が正常で、手足の筋肉がしっかりしていること、軽く握っても痛がらないかどうかも見ましょう。

お尻は肛門がきれいでまわりが濡れたり臭くないこと。

毛にツヤがあり、薄かったり脱毛しているところがないこと。

 

ノミやノミのフンも要注意。

 

関連記事

→猫は癒し!飼いたい猫の探し方!

→喜怒哀楽の激しさで病気がわかる?

 


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る